前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(52)『日本のメルトダウン』ー中山千夏氏の「私のための原発メモ」-これを読めば一番、原発事故がわかる。

   

速報(52)『日本のメルトダウン』
●中山千夏さんの「私のための原発メモ」-
これを読めば一番、原発事故がよくわかります。
 
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
●「私のための原発メモ」(中山千夏2011420日)
 
 中山千夏さんの「私のための原発メモ」は素晴らしい。分かりやすい。さすが千夏ちゃんは作家だね。難しい問題をこんなに分かりやすくかけるのは頭のいい、心の温かい、やさしい人の証拠ですね。いっそうフアンになりました。もう一度、国会議員に立候補して、「日本を救う」「世界のために、地球のために、若い人の未来のために」のミッションをやってくださいよ。千夏ちゃん。転載させていただきました。
http://onnagumi.jp/appealFile/20110426genpatu.pdf

 
●『原発汚染水 アレバの20倍、金沢大が粉末、毎時1000トン』
(日経、5月22日)
 
「これが本物でしたら、10M/トン?となり、アレバも真っ青になります。アレバに値下げをさせる為にも有効です。国産企業を育成する為にも使うべきですが、大手メーカーは如何しているのでしょうか。」
 
 

 
●「班目氏が再臨界を指摘」本人「言ってない」(読売(2011年5月22日03時04分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110521-OYT1T00709.htm?from=main4

「やはり班目氏は出鱈目氏だったのでしょうか?理屈ばかり、あれも知ってる、これも知ってると、じゃあ、今、如何したらよいの?と迫られると、現実に怯えて、逃げの一手しか出て来ない、良くある手合いです。本番には出場させてはいけないタイプです」
 
 
●「原発事故、米軍が全面支援リスト 大量飛散を想定」
(朝日2011年5月22日5時30分
「日頃、危機管理のリハーサルを、特に原発トラブルや、被爆トラブルについて準備しているか否か、で大差がついています。日本はなにもやっていないも同然です」
●「福島第1原発:放射線不安「疎開」302人…6市の小中校」
(毎日 2011年5月21日 2時37分)
「このニュースは重要では、とおもいます。漸次、県内から小中高生が居なくなり、居るのは大人だけと。逃散が加速しない事を祈ります」 
●『米研究グループ「大地震の恐れ」 茨城沖、ひずみ蓄積か』
朝日 2011年5月20日5時12分
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(621) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑮ 『川上操六参謀本部次長がドイツ参謀本部・モルトケ参謀総長に弟子入り、 ドイツを統一し、フランスに勝利したモルトケ戦略を学ぶ①

 日本リーダーパワー史(621)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑮ 『川 …

no image
人気記事再録『「新聞と戦争」の日本史』<満州事変(1931年)から太平洋戦争敗戦(1945)までの戦時期の新聞>

2009/02/10  「戦争と新聞」を検証する  講演録 1995年2月15日 …

no image
速報(413)『ピューリッツァー賞、温家宝前首相の蓄財報道のNYタイムズに』●『英エコノミスト誌の日本:革命の兆し』

    速報(413)『日本のメルトダウン』 &n …

no image
<まとめ>『日本興亡学入門』2018年は明治維新から150年目ーリーマンショック前後の日本現状レポート(10回連載)

 <まとめ>『日本興亡学入門』 5年後の2018年は明治維新から150 …

t02180297_0218029710423180739
★⑩歴代弁護士の奇人ナンバーワンは誰でしょうかー米国伯爵を授けられたと自称した山崎今朝弥(やまさき・けさや)はハチヤメチャ

  奇人弁護士のナンバーワンは誰だ・・山崎今朝弥   山崎今 …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>「6/8付『エルサレム・ポスト紙(6/8)のキャロライン・グリック女史副編集長の”カタール紛争を 取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコ』★『現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。 』●『エジプトとサウジアラビアがカタールを攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する』

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>   。『Qat …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(120)/記事再録☆『今年は中国建国70周年だが、中国革命の父は毛沢東ではなく、孫文である」☆『その孫文を全面支援した宮崎滔天を中国に派遣して日本に亡命させて来いと指示したのが犬養毅(木堂)です』★『中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い』

日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天 …

no image
クイズ『坂の上の雲』 英『タイムズ』などが報道する『日・中・韓』三国志・・日清戦争の原因とは・・・

クイズ『坂の上の雲』   英『タイムズ』などが報道する『日・中・韓』三 …

no image
日本メルトダウン脱出法(808)『北朝鮮と中東の危機で安保法制が問われる「安保反対」の野党共闘は集団自殺だ(池田信夫)』●「日本は戦後最大の「国難」に直面している じわじわと日米同盟を突き崩そうとする中国」●「米中の忍耐力を試す異端国家・北朝鮮」(英FT紙)」

  日本メルトダウン脱出法(808)   北朝鮮と中東の危機で安保法制 …

no image
日本リーダーパワー史(302)今、ジャーナリストは戦時下の認識を持ち>原発報道と日中韓歴史認識を『国際連盟脱退』と比較する⑨

日本リーダーパワー史(302)   –3.11福島原発事故 …