前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(52)『日本のメルトダウン』ー中山千夏氏の「私のための原発メモ」-これを読めば一番、原発事故がわかる。

   

速報(52)『日本のメルトダウン』
●中山千夏さんの「私のための原発メモ」-
これを読めば一番、原発事故がよくわかります。
 
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
●「私のための原発メモ」(中山千夏2011420日)
 
 中山千夏さんの「私のための原発メモ」は素晴らしい。分かりやすい。さすが千夏ちゃんは作家だね。難しい問題をこんなに分かりやすくかけるのは頭のいい、心の温かい、やさしい人の証拠ですね。いっそうフアンになりました。もう一度、国会議員に立候補して、「日本を救う」「世界のために、地球のために、若い人の未来のために」のミッションをやってくださいよ。千夏ちゃん。転載させていただきました。
http://onnagumi.jp/appealFile/20110426genpatu.pdf

 
●『原発汚染水 アレバの20倍、金沢大が粉末、毎時1000トン』
(日経、5月22日)
 
「これが本物でしたら、10M/トン?となり、アレバも真っ青になります。アレバに値下げをさせる為にも有効です。国産企業を育成する為にも使うべきですが、大手メーカーは如何しているのでしょうか。」
 
 

 
●「班目氏が再臨界を指摘」本人「言ってない」(読売(2011年5月22日03時04分)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110521-OYT1T00709.htm?from=main4

「やはり班目氏は出鱈目氏だったのでしょうか?理屈ばかり、あれも知ってる、これも知ってると、じゃあ、今、如何したらよいの?と迫られると、現実に怯えて、逃げの一手しか出て来ない、良くある手合いです。本番には出場させてはいけないタイプです」
 
 
●「原発事故、米軍が全面支援リスト 大量飛散を想定」
(朝日2011年5月22日5時30分
「日頃、危機管理のリハーサルを、特に原発トラブルや、被爆トラブルについて準備しているか否か、で大差がついています。日本はなにもやっていないも同然です」
●「福島第1原発:放射線不安「疎開」302人…6市の小中校」
(毎日 2011年5月21日 2時37分)
「このニュースは重要では、とおもいます。漸次、県内から小中高生が居なくなり、居るのは大人だけと。逃散が加速しない事を祈ります」 
●『米研究グループ「大地震の恐れ」 茨城沖、ひずみ蓄積か』
朝日 2011年5月20日5時12分
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『巣ごもり京都観光動画』★『世界文化遺産・京都南禅寺(3/29)参拝の全記録』☆『石川五右衛門が「絶景かな・」とうたった大山門へ』☆『京都三大山門の1つを拝観、高さ22メートルかから、京都市内を見渡す、まさに絶景だったよ』

  世界文化遺産・京都南禅寺(3/29)に参拝すー石川五右衛門が「絶景 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―逆転日中関係歴史情報③―『孫文革命を日本の新聞はどう報道したか』③

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(56)記事再録/<国難日本史ケーススタディー④>林董(ただす)の『日英同盟論を提言ー欧州戦争外交史を教訓に』 <「三国干渉」に対して林董が匿名で『時事新報』に日英同盟の必要性を発表した論説>

2012-03-10 /<国難日本史ケーススタディー④>林董(ただす)の『日英同 …

no image
『地球環境大異変の時代へ②』ー「ホットハウス・アース」(温室と化した地球)★『海面がそびえ立つほど上昇する地球の気温の上昇がギリギリの臨界点(地球上の森林、海、地面が吸収するCO2吸収のフィードバックプロセス)を超えてしまうまで、あとわずかしかない』

  「ホットハウス・アース」の未来   世界の気候科学者は現 …

no image
日本リーダーパワー史(706)安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返してはならない。<安倍多動性外交症候群ー『日中外交』「北朝鮮外交』 「日韓外交」に次いで、3度目の外交敗戦はないか。

日本リーダーパワー史(706) 安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し …

no image
速報(111)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報2本>『原発は巨大な「海温め装置」-エネルギーの3分の2は海に棄てられる

速報(111)『日本のメルトダウン』 <小出裕章情報2本>『10シーベルトの被曝 …

images
日本リーダーパワー史(710)『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「二トレ』!

  日本リーダーパワー史(710) 『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を …

no image
速報⑦『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ!13日目

  速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、13日目⑦ …

no image
『忘れ去られた近現代史の復習問題』―『日清戦争の引き金の1つとなった『明治19年の長崎清国水兵事件とは何か』

  『忘れ去られた近現代史の復習問題』― 日清戦争の引き金の1つとなった『明治1 …

no image
日本リーダーパワー史(765)ー『今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮独立党の金玉均らをバックアップして裏切られた結果、「脱亜論」へと一転した 福沢諭吉の理由がよくわかる②』★『金玉均や朝鮮独立党のメンバーを族誅(罪三族に及ぶ)して、 家族、親族、一族の幼児まで惨殺、処刑した。福沢は社説『朝鮮独立党の処刑』と題して、過酷、苛烈な処刑を野蛮国と激しく批判した』

    日本リーダーパワー史(765) 今回の金正男暗殺事件 …