前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬『開戦4ヵ月前の英タイムズの報道』ー『「緊迫する極東」ーロシアは戦争もあえて辞さない。日本は中国との 最初の勝利に刺激され,帝国主義の熱狂に鼓舞され,際限もなく得意になって,世界競争に突入した』●『これは手ごわい同盟(日中)であり,黄色人種の団結,ヨーロッパ支配の中止を必至とし,やがてはフンやモンゴルの先例にも似た侵略の野蛮な喜びをも招来しかねない。』

   

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑭

 

1903(明治36)93日 『英タイムズ』

『緊迫する極東』ー『ロシアは戦争もあえて辞さないだろう。日本は中国との

最初の決闘の勝利に刺激され,帝国主義の熱狂に鼓舞され,際限もなく得意になって,世界競争に突入した」

(本社特派員記事)

パリ 92

 今朝のゴーロ・ワ紙はトップ2段を「黄色ブロック」と題したアムールスキー署名の記事に充てているが,この名はロシア系と見られる。

筆者はロシアの方針と見解に精通しているようで,ペテルプルグでは敵対国が朝鮮で地歩を築いたり,旅順を満州経由でシベリアと結んでいる線を切断したりするのを許さないことを正式に決定したと述べている。

これら3点にロシアの注目は集中しており,これらは同国の今後のはきわめて明確かっ重大だから,それを放棄すれば敗北となろう。

ロシアはこれら3点で断固勝利する構えだ。有利な機会を求めて辛抱するのにやぶさかではないが,その機会を逃きぬよう,何事もおろそかにはしないだろう。平和的手段,力の威信,堅い決意によって勝利を収める方がよいが,戦争もあえて辞さないだろう。

 難局が迫っていると筆者は言う。

スラグ世界の前進の印であり証である闘争活動の定期的な復活の1つがやってくる前兆がすでに見られる。

スラヴ世界はまたも突進の前夜にあり,征服地を回めるとともに,生存と行動の自由のため,また大陸をゆっくりと渡ってあこがれの外海に至るために必要欠くべからざるものを,一撃のもとに取るだろう。

 

それがロシアの歴史の宿命的な法則であり,その膨大な努力の変わらざる目的なのだ。近東危機とベルシア情勢に簡単に触れた後,筆者はさらに,ロシアがついに到達したアジアの極北で爆発の脅威が進行中で,この方が早く発生しそうだという。

ウラジオストクは立派な軍港だが,北極海の氷に妨げられた袋小路に過ぎない半面,旅順と大連は太平洋への自由な出口を形成し,すべての大洋に通じる。

中国のキリスト教に対する凶暴な反乱にかんがみ,ロシアはその義務を自覚した。同国はシベリアの最果てに,1日でなく,数世紀にわたる地歩を築いたのだ。

これを追い出そうとする者はだれか?日本

この不敵な企てを謀っているのは,数年前にはろくに知られてもいなかった小国民だ。日本は旺盛な戦闘性で突如目立っようになったが,バルト海から来た強力な隣国の犠牲になっていると自らを考えている。日本は中国との最初の決闘の勝利に刺激され,帝国主義の熱狂に鼓舞され,際限もなく得意になって,世界競争に突入した。

 

 記事はさらに「中国の日本化」の記述におよび,中国における外国軍隊の駐留が「黄色ブロック」を固め,4億の中国人を4000万の日本人に軍事的に引きつけることを促したという。

かつてのイタリアにおけるピェドモント,ドイツにおけるプロシアのように,日本はかくて,無数の中国人を団結させる首唱者,教授,舞台監督となろう。今後は日本により,古来の不活発が変革され,混沌に筋道がつき,惰性的な混乱が収まり,大衆の屈従的な敵意は国民的規律へと転換されるだろう。

 

中国は最初,日本の剣を身に染みて感じたが,同国に悪意を抱いてはおらず,日本は中国を幾世もの眠りから覚ます熱烈,猛如一つ猛進的な兄弟なのだ。

中国はその日本の助けを拒むどころか,双手をあげて歓迎し,学校教育と軍隊の訓練を任せている。これは手ごわい同盟であり,黄色人種の団結,ヨーロッパ支配の中止を必至とし,やがてはフンやモンゴルの先例にも似た侵略の野蛮な喜びをも招来しかねない。

 

 筆者の結論は.われわれの目前で目下進行中なのは急進的な革命であって,その結果をヨ一ロッパはほどなく感じるだろう,というものだ。ロシアは中国との7000キロの国境を維持しなければならないことにうろたえてはいない。

農民,コサック,兵士,艦隊を進出させて「われわれの文明」を「黄色ブロック」(黄禍)から守ろうとしている。

アレクセーエフ海軍中将を極東総督に任命したことは.すべての重要決定を緊急に行わなければならないことを示している。ロシアは早急に防衛措置をとるため,懸命な努力をしている。

アレクセーエフ提督は中央政府から独立し.隣接の諸国と外交交渉を行うことを委任され.陸海軍を統率しており,戦争を行う権限もある。ロシアの利益と威信を損なわせてはならないと,皇帝から命令されている。黄色人種はアレクセーエフが脅迫にも欺瞞にも屈しないことを知っている。

 

黄色人種は正体を暴露するだろうか?

権威筋は,彼らはためらうだろうが,あえて危険を冒す決心をしているという。最後にゴーロワ紙の筆者は,彼らを押さえるのは英日条約ではないという見解を述べる。もしイギリスの都合に日本が合わせていたら,まさにゲームはすでに始まっていただろうと著者は言う。「必ずそうなる」と言う。

 ジョレス氏はプチト・レビュプリク紙に寄稿し,英日同盟に関する一部の論議に答えて,次のように述べている。「イギリスは日本と条約によって同盟を結んでいる。したがって日本がロシアと紛争を起こせば,イギリは介入せざるを得ないだろう。

イギリスがその介入を嫌い,紛争参加を余儀なくされることを恐れているなら結構なことだ。その場合は紛争回避に全力を尽くすだろう。同盟国の日本に対して影響力を用い.一切の挑発を控えさせようとするだろう。

またイギリスがロシアの同盟国のフランスに接近して,フランスがロシアに対し同様の穏健工作をするよう望むなら,われわれは懸念する必要があろうか?フランスも極東で平和を維持することに重大な関心はないだろうか?日露間に戦争が勃発し,日本の同盟国のイギリスがそれに引き込まれた場合,ロシアの同盟国フランスはどうなるか?

こうした可能性はフランスにとって,少なくともイギリスと同程度に脅威であり.フランスがロシアの同盟国およびイギリスの友好国として,両国のショックの防止に貢献できるなら,文明のみならず自国のためにもなるだろう。

それをイギリスがわれわれに期待するなら.われわれは警戒するどころか,われわれ自身と世界のために慶賀しなければならない」 ジョレス氏は今フランスで絶大な影響力を持っていることを忘れてはならない。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「オンライン・日本史決定的瞬間講座⑫」★『電力の鬼」松永安左エ門(95歳)の<長寿逆転・不屈突破力>が『世界第2の経済大国』の基礎を作った』★『人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる』★『葬儀、法要は一切不要」との遺書』★『生きているうち鬼といわれても、死んで仏となり返さん』

  ★「松永の先見性が見事に当たり、神武景気、家電ブームへ「高度経済成 …

お笑い日本文学史『文芸春秋編」②「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」

お笑い日本文学史『文芸春秋編」② ●「ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ」 …

F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(203)★『2017/5月、6、7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪した』★『NYでは、コニーアイランドとNathansのホットドッグやシーフード、ブルックリンとイーストリバー、9.11 跡地、Staten島往復と自由の女神、 セントラルパークと5番街、有名教会見学、タイムズスクエア周辺ウオーキングとカフェ巡り。』

6、7年ぶり、アメリかにきてしまいました。5月、GW中なので格安チケットがとれな …

no image
速報(461)『オウンゴール国家「日本」の悲喜劇ー『アジアの平和を脅かす日本の失言・失策癖』(FT紙)

 速報(461)『日本のメルトダウン』   ●『オウンゴール …

『Z世代のための日本世界史講座』★『MLBを制した大谷翔平選手以上にもてもてで全米の少女からラブレターが殺到したイケメン・ファースト・サムライの立石斧次郎(16歳)とは何者か?』 ★ 『トミ-、日本使節の陽気な男』★『大切なのは英語力よりも、ジェスチャー、ネアカ、快活さ、社交的、フレンドリー、オープンマインド 』

    2019/12/10 リーダーシップの日本 …

no image
★『リクエスト再録記事 (2013/02/14 )』宮崎滔天ー―尖閣問題で軍事衝突が危惧されている今こそー100年前の中国革命(辛亥革命)の生みの親・宮崎滔天に『日中両国民』は学ばなければならないー

    2013/02/14 に執筆 ―尖閣問題で軍事衝突が危惧されて …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉗「長崎事件に対しての英側の見解」(英「ノース・チャイナ・ヘラルド」)

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
速報(452)●『米国が日本との貿易協定を支持すべき理由」●『今の日本の経営者は、しょうもなさすぎる』

 速報(452)『日本のメルトダウン』   ●『米国が日本と …

『オンライン/ベンチャービジネス講座』★『日本一の戦略的経営者・出光佐三(95歳)の国難・長寿逆転突破力①「順境で悲観し,逆境で楽観せよ」★『金・資本・知識・学問・会社、組織の奴隷になるな!』★『私は目が見えなかったために本など読まず、自分の頭で考え抜いた』

  戦略的経営者・出光佐三(95歳)の国難・長寿逆転突破力 &nbsp …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑮米国「ニューヨーク・タイムズ」の『日露戦争―日本軍の侵攻』<開戦10日目>

     世界史の中の『日露戦争』⑮ 英 …