前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮』『開戦4ヵ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』ー『 朝鮮の危機ー日本民衆の感情ーもし朝鮮政府がロシアに対して,竜岩浦の利権を与えるようなことがあれば,日本の民衆感情は激化し,日本政府は戦争以外に選択がない』●『ロシアに朝鮮を取らせるようなことがあれば,日本の隆盛にある歩みは不面目な結末を迎えるだろう。世界史上最も驚嘆すべき進歩を遂げ,絶対の自信を持って偉大な未来を夢見ている日本国民は.このように認議している』

   

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮

1903(明治36)年9月4日『英ノース・チャイナ・ヘラルド』

 『朝鮮の危機ー日本民衆の感情』

 

満州における情勢の進展については,新聞などで多くのことが語られてきた。そのため,今すぐにしろ近い将来にしろ,ロシアと日本の間の平和に危機が勃発すると予見されるのは,朝鮮においてであるということを,人々は忘れがちだ。

全く反対の意見もあるが,情勢が現在のまま推移すれば戦争が起こりそうだというわけではない。この記事を書いている時点で,満州問題の方は,日本が受け入れられるような決着がつく見通しが立っているが,朝鮮の方は,両国とも次の動きに出る前に,活動休止期間が必要な段階に来ている。

 

もし朝鮮政府がロシアに対して,鴨緑江河口の竜岩浦の貸借権のような利権を,もう1つ与えるようなことがあれば,日本の民衆感情は激化し,日本政府は戦争以外に選択がないところまで追い込まれるだろう。

 

満州における事態の経緯に注目し,世界中の耳目を集めている外交戦争の場は,満州だけだといまだに考えているような人々には,上述の意見は誇張だととられるかもしれない。しかし日本を代表する人々が.これと同じ意見を持っていることは間違いない。

 

ロシアが満州だけに関心を限定していた間は,いくら激しく日本が抗議しようとも.戦争の危険は少なかった。戦争になった場合.世界中がどのような態度を見せるか,両国とも不安だったのだ。このことは満州問題に関連して両国間の平和を維持するのに,少なからず役立ってきたし.今後も役立つだろう。

満州問題のために戦争すべきかを.日本で国民投票を行ったら,平和を支持する者がかなり多いのではなかろうか。しかし,朝鮮に関して同じような投票を行えば,話は全く違うことになるだろう。

ロシアが最近朝鮮でとった行動は,日本人を憤慨させているが,この怒りはももフランスがイギリス海峡諸島で似たようなことを行ったら,イギリスにおいて巻き起こるのと同じたぐいの怒りだ。

日本の国益は,朝鮮の過去,現在,未来と密接に関係している。朝鮮における日本の利益がロシアによって著しく侵害された場合.日本が武力に訴えるのは,必然の帰結だ。

ロシアが満州で行ったゲームを,あらゆる面で自国ときわめて密接に結びついている国で再び行うことは,絶対に許してはならない,というのが現在の日本の国民感情にはかならない。

東京,横浜,神戸,京都という主要都市で指導的市民の集会が開かれ満員の盛況を呈しているが,その状況は現地新聞に逐語的に報道されている。大会における発言は,愛国的なものばかりではなく,日々の事態の推移や,朝鮮における日本の通商利益の重要性とロシアのそれとの比較が,明瞭かつ正確に説明されている。

 

現在探究中の問題に対して,聴衆の関心を増大させるようなあらゆる問題が討議されている。日本で最も著名な名家の人々も,これらの大会に出席し応援して,大会に箔をつけている。

そして,断固たる態度をとることを政府に要求する決議が採択され,関係当局に提出されている。このほか,新聞にも載らないような無数の民衆大会がいたるところで開かれている。人が2,3人集まれば,必ずこの問題の議論が始まる。日本国中すべての階級を通じて意見が一致じている。

もしここでロシアに朝鮮を取らせるようなことがあれば,日本の隆盛にある歩みは不面目な結末を迎えるだろうというのだ。世界史上最も驚嘆すべき進歩を遂げ,絶対の自信を持って偉大な未来を夢見ている日本国民は.このように認議している。

したがって,もしロシアが朝鮮侵略を続ければ.日本が武力で抵抗するのは避けられない。このことをペテルプルグが十分理解することを切に願うものだ。

 

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(796)「中国企業と国家:一段と厳しくなる締め付け (英エコノミスト誌)」●「古舘伊知郎、「報道ステーション」降板の理由 「12年を一つの区切りと思った」●「軽減税率というポピュリズムが政治を汚染する 200億円で新聞を「買収」した安倍政権」

 日本メルトダウン脱出法(796) http://jbpress.ismedia

no image
日本リーダーパワー史(317)<クイズ―今日の日本の近代化の基礎は誰が作ったのかーナンバー2に徹した西郷従道

  日本リーダーパワー史(317)   <クイズ?―今日の日 …

no image
速報(121)『日本のメルトダウン』『前原氏は論外、野田氏も不適格』『日本原子力学会という責任を逃れようとする人たち』

速報(121)『日本のメルトダウン』 『前原氏は論外、野田氏も不適格―次の首相に …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(213)>イスラエル:ユダヤ教徒の聖地「嘆きの壁」をめぐる内紛|公益財団法人 中東調査会』★『共同コーナー新設派の米国ユダヤ人協会対男女区別の現状維持を主張するユダヤ原理主義派の主導するイスラエルユダヤ人社会とが衝突』●『なぜ男と女は一緒に祈れないか? 』

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(213)>   「 …

no image
速報(143)<低線量被ばくまとめ>『低線量被ばくの人体影響:近藤誠・慶応大』『論文解題:調麻佐志・東工大准教授』ほか

  速報(143)『日本のメルトダウン』   ★<低線量被ば …

no image
日本一の「徳川時代」授業②福沢諭吉が語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造の実態」(「旧藩情」)②

  日本一の「徳川時代の日本史」授業②   「門閥制度は親の …

1234
「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国」での少年体験を語るー防空壕に退避の母、姉、自分など7人が爆弾直撃で、ただ1人生き残る。

「終戦70 年」歴史ジャーナリズムージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国」 …

no image
新刊『日本の華族―その栄光と挫折の一部始終』(共著) 新人物文庫 667円

新刊「日本の華族―その栄光と挫折の一部始終」(共著)新人物文庫667円 &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(595)『安倍・歴史外交への教訓(3)ビスマルク直伝のメルケル『鉄血外交』を学ぶ–「1871年(明治4年)岩倉使節団へのドイツ・ビスマルクの忠告、大久保利通、伊藤博文はビスマルクに心酔し、明治国家を建設した

日本リーダーパワー史(595) 『安倍・歴史外交への教訓(3) ビスマルク直伝の …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(127)』『大学改革についてー議論の段階はとっくに過ぎている。組織全体のダイバシ ティの導入を急ぎ、毎日の生活環境 をシリコンバレーにせよ」。

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(127)』 『大学改革につ …