前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯『開戦4ゕ月前の「仏ル・タン」の報道』- 『極東の紛争』『露仏同盟のフランスはシベリア鉄道によると特権をもつロシアの満州占領を擁護』『アレクセイ提督の極東総督府を創設した段階で,それを放棄する意向があると見なすのは的外れというものだろう』

   

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑯

 

1903(明治36)911日 「仏ル・タン」『極東の紛争』

『露仏同盟のフランスはシベリア鉄道によると特権をもつロシアの満州占領を擁護』

『アレクセイ提督の極東総督府を創設した段階で,それを放棄する意向が

あると見なすのは的外れというものだろう』

 

ヨーロッパはマケドニアとトルコ帝国全土にわたってレバント問題(東部地中海沿岸地方の歴史的な名称。厳密な定義はないが、広義にはトルコ、シリア、レバノン、イスラエル、エジプトを含む地域のこと)を抱えており,それを解決する力も余裕もないので,極東における恐るべき紛争が避けられるのであれば-もしくは単なる延期でもかまわないが-何でも大歓迎すべきだ。

国際的な利害が複雑にからんでいるおかげで,また影響力の大きい新たな同盟体制が発足したおかげで.中国や朝鮮の方の地平線が陰りを帯びたり,日が当たったりするたびに,外交はいたるところで-特に地中海東部においては-不都合であれ,好都合であれ,必ずなんらかの反響に見舞われている。

 それ故.満州の諸港からの撤退およびこの地域における列強各国の権利の相互的な境界画定に関する長期にわたって懸案となっていた難しい交渉が幸福な決着を見たことは,心から満足して受け入れるべきだろう。

この問題がはらんでいる幾多の困難は,永続的かっ幻想を抱くとすれば子供じみている状況と1899年の暴動と義和団の乱によって生じた特殊で一時的な事態とに同時にかかわっている。

 ロシアが,この地方に持っている大きな利益と,その巨大な大陸横断鉄道建設によって与えられた特権の名において,公共の秩序と平安を確保するために,満州の最も重要な戦略上および商業上の拠点を占拠することは当然かっ正当なことのように思われた。

ロシアは直ちにこれらの行動に添えて,その意図に関するきわめて詳細かっ明確な宣言を出した。その見解もしくはロシアの外交官の言回しによると,これはあくまでも一時的な措置に過ぎず,比較的速やかな撤退によってこの措置に終止符が打たれるはずだった。

 当然のことながら,ロシアの進出の勢いを嫉妬の目で追っている列強,とりわけイギリス,合衆国および日本は,この約束を言質に取り,できるだけ速やかに撤退が行われるよう追求する権利があるものと見なした。

すでに18959月の時点で,ワシントンの内閣は-明らかにその不干渉政策の段階を過ぎて,極東における積極的な国際政策とアメリカにおけるモンロー主義をどう並立させるかに苦慮しつつ

 -チョート大使からソールズベリ侯爵にあてた公文書の中で,いわゆる門戸開放政策の原則を打ち出したが,もちろんこれは満州問題に直接かかわるものだった。

それ以来,コンガー氏とサー・アーネスト・サトウは北京において執拗に撤兵の必要性を訴えてきた。

もちろんこの撤兵は誠実なものでなければならず,形式上は約束を守るふりをしておきながら,実際は臆面もなく破ってしまう,巧みな外交による皮肉な辞令の1つであってはならないと説いた。

ロシアが撒回したわけではないが,その約束を守るのにぐずぐずと時間をかけ

たように見えたとすれば,このように重大な行動をとるには慎重な配慮が必要であることを認めなければならず,そもそもイギリス内閣こそは.世界で最も信用されていかにもかかわらず,正々堂々とした撤退のを約束の履行を妨げ,ときに際限なく遅らせるような状況を起こし得ることを否定する資格のないかに見えた。

(中略)

 結局,すべてはロシア次第であり,すべてはロシアが自分の義務と利益をどのように解釈するかにかかわっている。レッサー氏が,96日日曜日に外務部にあてて送った覚書は,最後の懸念を取り除き,ロシア政府が満州の港を以前の状態に戻すために必要と考える条件を明確に定めたものだ。

(中略)

 実のところ,ニコライ2世の政府が,極東における兵士や外交官および技術者の数世代にわたる巧妙かつ忍耐強い政策によって与えられた有利さをすべて放棄してしまうとはだれも思わなかった。

ピョートル大帝以来,ロシア帝国を抗しがたい力で地中海の方へ,ベルシア湾の方へも中国の不凍海へと押しやってきた数世紀にわたる努力のうちでも,あえて言うならば,満州の地へ1歩ずっ忍耐強く進出してきた努力こそ宿命的なものはなく,ここに総督府を設立し,その初代の総督であるアレクセーエフ海軍中将の手にほとんど絶対的な権力

を集中することによって,その野心を明らかにし,そのための適切な機関を創設した時点で,それを放棄する意向があると見なすのは的外れというものだろう。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウンの脱出法(540)●「異文化でリーダーシップを執る日本人の育成は喫緊課題」『日本を「丸腰」にさせたがっている護憲派」

     日本メルトダウンの脱 …

no image
『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』(54)日清戦争の原因 『日本側の言い分』英紙「ノース・チャイナ・ヘラルド」

『中国紙『申報』や『外紙」からみた『日中韓150年戦争史』          日 …

no image
速報(459『神戸大学大学院・木村幹教授の「中国とどうつきあうか」講演動画●『リー・クアンユー氏「日本は 「下り坂」と予測』

 速報(459)『日本のメルトダウン』   ●<神戸大学大学 …

By: Nori Norisa
日本リーダーパワー史(543)人質交換騒ぎで費やされる人的、政治的、経済的コストは天文学的

日本リーダーパワー史(543) ①サッカーアジアカップの準々決勝UAEでの敗北ぶ …

no image
日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30) 『川上参謀総長のリーダーシップと人事抜擢の要諦』日露戦争前、田中義一をロシアに派遣,徹底調査を命じた(1)

日本リーダーパワー史(637) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(30)   …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑥-『朝鮮の各国との通商こそ,国土保全の所以である(上)』(1882/12)

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプ …

no image
新刊紹介ー福島の未来に多くの示唆を与える『ふるさとはポイズンの島―ビキニ被曝とロンゲラップの人びと』(旬報社)

新刊紹介 <福島原発事故から2年―福島の未来に多くの示唆を与える> 写真エッセイ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(183)』「 AIで人事部いらず? データで最適配置 :日経」●『米第3艦隊が東アジアへ活動範囲を拡大、中国との緊張悪化で』●『英国のEU残留は楽観できない、離脱なら世界恐慌の懸念も』●『電気動車からドローンまで「次のIT」を支えるあの電池』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(183)』   …

no image
速報(152)『日本のメルトダウン』 「ソブリンリスクの本質」『ユーロの崩壊は近いーユーロを救えるのは政治統合だけだ』ほか

速報(152)『日本のメルトダウン』  「ソブリンリスクの本質」 『ユ …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』ー『最悪のシナリオから考えるー東京もチェルノブイリ第三区分入りか』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』   『最悪のシナリオから考えるー東京 …