前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑰『開戦4ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』報道ー『ロシアがもし撤退を遅らせるなら,世界の前で破廉恥な背信を断罪される』●『ロシアの日本に対する待遇は協調的とは逆のもので,現実に欲しいものはなんでも取り,外交的にも,絶大な強国のみがとってはばからぬ態度で自らの侵略行為を正当化している』★『ロシアの倣慢な態度は,人類に知られた事実に照らし,正当化されない』

   

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑰

1903(明治36)年109

     『米ニューヨーク・タイムズ』

『ロシアと日本』

わが国務省は.ロシアの満州撤退に関しては「成行きに任せる」ことを決めているようだ。中国の保全はロシアの占領によって正式には脅かされておらず.われわれ自身の通商上の権利も利益も,昨日調印されることになっていた米中通商条約により十分に保障される。

この条約はわが国に,ロシァと中国の双方に対し,ある地位を与えており,わが国の満州貿易を侵害することはロシアのためにならない。ロシアがもし撤退を遅らせるなら,世界の前で破廉恥な背信を断罪されるだけだ。そしてワシントンから,事あるごとにその居心地の悪い立場を思い知らされると見てよい。

 今の本当の危険点は満州でなくて朝鮮だ。ロシアと日本の抗争はまさに「持久力のある対立勢力間の押さえがたい抗争」と言えよう。日本は中国に対する勝利の成果として満州支配を望みロシアに阻まれたが,ロシアが朝鮮に手をつけずとれを日本に任せるなら,日本はロシアの満州支配に抵抗しないかもしれない。

だがそれこそロシアが受け入れないことなのだ。ロシアの日本に対する待遇は協調的とは逆のもので,現実に欲しいものはなんでも取り,外交的にも,絶大な強国のみがとってはばからぬ態度で自らの侵略行為を正当化しているという点で.すべての報道が一致している。

この優越的な調子は日本が苦情を述べる個々の行為と同じぐらい日本にとってまことに我慢ならないに違いない。日本はこの優越性なるものに異議を唱えるつもりであり,その異議にけりをつける道はただ1っだ。ロシアも日本もその道を行くつもりのようだ。

 統計はもとより,こうした問題への完全な解答にならない。なると思ったのが南アフリカの戦争に突っ走ったイギリスの政治家や投機家の一大虚妄だった。参考書を読む限り「無敵イギリス」に対するプール人の抵抗は陸軍1個軍団で1か月で片づくはずだった。その予想に根拠がなかったことをわれわれは今知っている。

プール人の底力に対しロンドンが4年前に抱いた意見が,日本人の底力に対し今ペテルプルグが抱いている意見のようだ。

机上では日本とロシアの軍事力はもちろん比較にならない。だがロシア兵が日本兵に匹敵するということは,北京解放作戦という国際的,競争的な軍事博覧会の部隊に参加した将校なら,だれも認める者はいないだろう。

しかも問題なのは両国の陸軍力ではなく,海軍力なのだ。朝鮮の外で地上戦が行われる可能性はきわめて薄い。日本は満州侵攻を試みることはあるまい。ロシアも日本侵攻を試みそうにない。朝鮮支配をめぐる争いに決着をつけるのはおそらく日本海においてだろう。実際の問題はアジアの海域でどちらが優勢かということだ。

 両国の海軍を比較してもむだだし,まさにどの2国の海軍の比較もむだだ。世界の海軍をかくかくしかじかの戦闘単位の集積に単純化できるようなシステムを海軍の専門家が考案することが切に望まれる。

陸軍の場合は戦闘単位は1人の武装兵であり,その他のことが同等なら,その有効性はその人数に比例する。その他のことは地上軍においても,もとより同等ではない。

そして海軍部隊では,あまりにも多くの要素があるので,比較は不可能に近い。だが「大小の軍艦90隻から成る」ロシア艦隊が旅順を出航し朝鮮南岸へ向かったという報道は明らかな大間違いだ。ロシアの全海軍は,バルト海.黒海,太平洋そのほかどこを合わせても78隻にしかならない。

 

これは「完成ないしは建造中」の水雷艇53隻を除いた数字だ。一方,日本海軍は,やはり水雷艇を除き47隻しかないが,実際に戦闘をする艦の兵力ではロシアにさほど劣らず,戦艦ではロシアの6に対し6.装甲巡洋艦ではロシアの7に対し6,防護巡洋艦ではロシアの19に対し14隻だ。ロシア艦隊は実際には未知数だが,日本艦隊の力は証明済みだ。

確かに中国の抵抗は不合理だったとはいえ,鴨緑江海戦の勝利はマニラ湾やサンティアゴにおける勝利に劣らず明白かつ決定的で,この海戦で日本側は見事な計画と戦闘を示し,操鑑も西洋の国の操緻並の手腕だったと海軍専門家は一致している。

まだ若いとはいえ日本海軍はすでに実戦の伝統があるのに,ロシア側にはなく.そして実戦の伝統は大きな価値を持つ。その上,日本側は島を基地としてい

るから,攻撃的な海上作戦を行っている間でも,ウラジオストクや旅順から出撃してくるロシア艦隊に対し「内線」の利点を持つことになる。

日本は1896年,中国から戦勝の果実を取ろうとしてロシアの干渉に阻まれた際,11の戦争に訴えたかっただろう。

今や英日同盟が,11の戦いを世界一の海軍力のもとで保障するのだ。総じて,ロシアの日本に対する倣慢な態度は,人類に知られた事実に照らし,正当化されないものだ。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(98)『日本のメルトダウン』『事故4ヵ月、次々に未知なる混乱状況がうまれ、混迷の一途。50年単位で考えよ』

速報(98)『日本のメルトダウン』   『事故から4ヵ月、次々に未知な …

no image
日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
日本メルトダウン脱出法(808)『北朝鮮と中東の危機で安保法制が問われる「安保反対」の野党共闘は集団自殺だ(池田信夫)』●「日本は戦後最大の「国難」に直面している じわじわと日米同盟を突き崩そうとする中国」●「米中の忍耐力を試す異端国家・北朝鮮」(英FT紙)」

  日本メルトダウン脱出法(808)   北朝鮮と中東の危機で安保法制 …

no image
知的巨人の百歳学(154)/記事再録★日本リーダーパワー史(98)『幽翁』伊庭貞剛(79歳)『大住友精神を作った禅による経営哲学(リーダーシップ)ー『 リーダーは『熟慮・祈念・放下・断行』せよ』★『 有害なのは青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である』★『〝晩成〟はやすく〝晩晴″は難し』

 2010/10/19日本リーダーパワー史(98) 『幽翁』伊庭貞剛・ …

no image
日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』<まとめ>勝海舟②ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』 <まとめ>勝海舟ー日本史上 …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(134)『本田宗一郎(84歳)』ー画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

2015/03/11 / 百歳学入門(105) スーパー老人、天才老人 …

30650240354a5ef51caa137.30167349235802519
『オンライン講義/日本での最高の天才(創造力の最大値)は誰でしょか、クイズ』★『柳田国男いわく『日本の知の極限値』は南方熊楠ーエコロジーの世界の先駆者』★『「鎖につながれた知の巨人」南方熊楠の全貌がやっと明らかに。 地球環境危機の今こそエコロジー学の先駆者・南方熊楠に学ぼう』

    2009/10/01 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(254)/『国葬にされた人びと』(元老たちの葬儀)『伊藤博文、大山厳、山県有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望、山本五十六、吉田茂の国葬はどのように行われたか』

    2018/01/26 &nbsp …

no image
 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑤ 1902(明治35)年2月16日『露ジュルナル・ド・サン・ベテルスプール』- 『英日条約』に対抗『清国、朝鮮の独立と保全. その他のロシアの利益は大シベリア横断鉄道の 完成によって十分保証されている』●『2月19日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』   日英同盟の成立ー『日本は地理的位置の問題を除けば,完全に西洋の国家である。』

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑤   …

no image
速報「日本のメルトダウン」(514)『第1次世界大戦:不安を胸に振り返る100年前の世界 (英エコノミスト誌「見えてきた資本主義の限界、寿命はあと何年か

 速報「日本のメルトダウン」(514) ●『第1次世界大戦:不安を胸に …