前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンワールド・ウオッチ㊹』「“安倍氏の危険な修正主義”(NYT(3/2)ー事態は極めて悪化している」

   

  

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊹』

 

Mr. Abe’s Dangerous Revisionism

“安倍氏の危険な修正主義”(ニューヨークタイムズ(3/2)

NYTは安倍氏に対し、事態が極めて悪化していること

に早く気づいてほしい一生懸命です

 

Mr. Abe’s Dangerous Revisionism
“安倍氏の危険な修正主義”(ニューヨークタイムズ(3/2)

http://www.nytimes.com/2014/03/03/
opinion/mr-abes-dangerous-revis
ionism.html?action=click&module=
Search&region=search
Results%230&version=&url=http%3A%2
F%2Fquery.nytimes.com%2Fsearch%2Fs
itesearch%2F%3Faction%3Dclick%26re
gion%3DMasthead%26pgtype%3DHomep
age%26module%3DSearchSubmit%26co
ntentCollection%3DHomepage%26t%3
Dqry856%23%2F%E3%80%80Mr.+A
be%E2%80%99s+Dangerous+Revisi
onism%E3%80%80%E2%80%9C

 

http://www.nytimes.com/2014/0
3/03/opinion/mr-abes-dangerous-revisionism
.html?hp&rref=opinion&_r=2

 

  安倍氏の発言には、現実を直視するリアリティが

  無いとか、oblivious ボヤッとして鈍感だとか、観

  念論者だとか、一国の宰相に相応しくないと言わ

  んばかりにNYTの発言もエスカレートしています。

 

  <F氏のコメント>

 

 1)NYTは、この所 重ねて、安倍首相とそのシン

   パの国家主義的な言動を厳しく監視し、これを

   放置すると東アジア全体に、政治的軍事的衝突

   を加速させて、取り返しの付かない事態に入り

   込むと、警笛を鳴らし続けている。

 

今回は更にボリュームを上げて、安倍氏とそのシンパの国

   家主義的な行動姿勢を強く非難している。

 

 2)戦後 半世紀にわたり合意形成されて来た第二次

   大戦を中心とした歴史を否定し、修正する安倍

   首相の政治姿勢は、日中、日韓関係に留まらず、

   日米関係をも大きく毀損して、修復不能にする

   可能性を秘めている、と言う。

 

 3)安倍氏は、国家主義者としての自らの発言と行

   動が、戦後の国際秩序を根本から破壊しかねな

   い事に、驚くほど鈍感で、現実感覚に極めて乏し

   い観念論者であると、言外に断じている。

 

 4)今の所、日米安全保障条約への信頼は揺るぎな

   いものであるが、日本は米国を、安倍氏の国家

   主義的な言動で憂慮すべき事態に陥る日中、日

   韓関係にこれ以上介入させることなく、よりこ

   の信頼を強固にすべく、これ以上不用意な発言

   で米国の日本不信を加速させてはならないと言

   う。

 

“安倍氏の危険な修正主義”

 

安倍晋三首相の国家主義の烙印は、日本とアメリカの関係にとって益々重大な脅威となりつつある。彼の修正主義者的な歴史の活用は、地域に対する危険な挑発であり、それは既に南シナ海、東シナ海における領土紛争で、中国の攻撃的なスタンスと争う事態になっている。

 

しかしながら、安倍氏は、これらの現実と米国の利害に鈍感で、気付いていない様に思われる。米国は日米安保条約の履行義務によって日本を守ることに専念するが、中国と日本の間の衝突には引きずり込まれたくないと考えている。

 

安倍氏の国家主義は解読して普通の言葉にする事が難しい、何故なら、そのナショナリズムはいずれの国にも向けられていないからである。それよりも、第二次大戦以来の日本自身の歴史、彼はこれを恥ずべきで面目丸潰れと思っている、その歴史に向けられている。彼は、彼が控えめで表に出ない戦後レジームと呼ぶものを脱ぎ捨て、一新された愛国心を再創造したいと考えている。

 

しかし彼は、日本の戦後の文化に接近する前に、彼はまた戦争の歴史を糊塗している。彼と他の国家主義者達は、1937年に日本軍によって実行された南京大虐殺は決して存在しない、と未だに主張している。

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(761)-『日韓朝歴史ギャップの研究」●『金正男氏暗殺は正恩氏の指示 北朝鮮専門家ら分析』★『朝鮮暗殺史の復習問題ー福沢諭吉、犬養毅、玄洋社らが匿った親日派の朝鮮独立党・金玉均を上海に連れ出した暗殺事件が『日清戦争の原因』ともなった』

 日本リーダーパワー史(761) 北朝鮮の金正男暗殺事件がまた起きた。 『北朝鮮 …

no image
<2018年は明治維新から150年 >「目からウロコの明治裏面史(1)」日本の運命を決めたドイツ鉄相・ビスマルクの1言『大久保利通の「富国強兵政策」はこれで決まった』

2018年は明治維新から150年 目からウロコの明治裏面史(1) 日本の運命を決 …

no image
<日中韓150年三国志ー軍事大国・清帝国に対して小貧国日本の海軍力増強と長崎清国水兵事件』②

<日中韓150年三国志―尖閣問題のル―ツの研究> 『日清戦争勃発に至る<日中誤解 …

no image
日本リーダーパワー史(625) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑲『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat Policy)の威圧デモを 繰り返し日本は震え上がる。 尖閣、南沙諸島をめぐる中国軍の行動パターンは 昔も今も変わらない。

  日本リーダーパワー史(625) 『清国海軍は「砲艦外交」(Gunboat P …

no image
日本リーダーパワー史(189)『真珠湾攻撃(1941)から70年―この失敗から米CIAは生れた。<日米インテリジェンスの落差>(上)

日本リーダーパワー史(189)   国難リテラシー   『真 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1066)>★『トランプ真夏の世界スリラー劇場』★『トランプ政権、バノン主席戦略官を更迭』★『金正恩氏は「賢い決断下した」トランプ米大統領が評価』●『米大統領:サイバー軍格上げ-ハッカー攻撃からの防衛や対ISで強化』★『ガンドラック氏:トランプ大統領は支持率20%割れない限り辞任せず』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1066 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(18)世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』の中での日清戦争勃発〈1894年)『ヨーロッパ列強(英、仏、独、ベルギー、ロシア)のアフリカ、アジア分捕り合戦の同時進行」①

  日中北朝鮮150年戦争史(18) 世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中で …

1313
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(178)』2016/5『ポーランド・ワルシャワ途中下車④『世界遺産の旧市街』『タクシー・ドライバーが「トヨタは全く故障がなかった、トヨタしか使うつもりはない』と絶賛した

  ★10 『F国際ビジネスマンのワールド・ カメラ・ウオッチ(178)』 20 …

no image
『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』李氏朝鮮国妃・閔妃と舅の大院君の 勢力争いこそ朝鮮滅亡の引き金に

  『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑫』 &n …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ(21)』『最悪のシナリオから考えるー電力改革し,分権化を進めよ』

『池田知隆の原発事故ウオッチ(21)』   『最悪のシナリオから考える …