前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『2014年ー世界・政治/経済ウオッチ⑦』◎「ウクライナを救うために西側諸国にできること」◎「人民元相場、安値誘導の思惑」(英FT紙)

   

  2014年ー世界・政治/経済ウオッチ⑦』

 

◎「ウクライナを救うために西側諸国にできること」
(英エコノミスト誌)

◎「人民元相場、安値誘導の思惑」(FT紙)

●「もし日本が経常赤字になったら経済はどうなる?
ドイツに学ぶビジネス振興策のススメ

 

 

◎「ウクライナを救うために西側諸国にできること」

(英エコノミスト誌 201431日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40075

 

↓安倍外交がまたまた「松岡洋右外交」の二の舞を演じている歴史音痴!

 

「日本、ウクライナ情勢めぐり際どい外交」

<ウオールストリート・ジャーナル>(3/3

http://realtime.wsj.com/japan/2014
/03/03/%E6%97%A5%E6%9C%AC%
E3%80%81%E3%82%A6%E3%82%
AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%
83%8A%E6%83%85%E5%8B%A2%E3
%82%81%E3%81%90%E3%82%8A%E9
%9A%9B%E3%81%A9%E3%81%84%E
5%A4%96%E4%BA%A4/?mod=WSJJP_hp
p_RIGHTTopStoriesFirst

 

◎「人民元相場、安値誘導の思惑 中国は思慮深い矢で通貨の
「禿鷹」を射抜こうとしている」

2014228日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40082

 

 

●「もし日本が経常赤字になったら経済はどうなる?
ドイツに学ぶビジネス振興策のススメ――
第一生命経済研究所主席エコノミスト 永濱利廣

http://diamond.jp/articles/-/16392?page=9

 

●「31年ぶりの貿易赤字への転落は
どのような警鐘を鳴らしているのか」

http://diamond.jp/articles/-/16122

 

●【論点5】日中関係―靖国参拝で2014年日中
関係回復は絶望―日本が直面する3つの悪い
シナリオ―津上俊哉・津上工作室代表

http://diamond.jp/articles/-/46994

 

 

◎「コラム:TPP「漂流」ならアベノミクス信認低下も

http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYEA1R04P20140228

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(667)「歴史的演説!首相を支えた10のプレゼン技術」◎「ナイ教授「辺野古移転を強行すべきではない」

  日本メルダウン脱出法(667) 歴史的演説!首相を支えた10のプレゼン技術― …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62)』(世界の至宝、日本の国宝 奈良の薬師寺三尊像を仰ぎ見る)③

   "World Camera Watch of …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』ー『北清事変後の北京議定書(1901)で各国の軍隊は相次いで引き上げたが、ロシアは満州に居座わり、さらに朝鮮に侵攻し軍事基地を築いたため、日本は日露開戦に踏み切った』①『ロシアの満洲撤兵問題の推移』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』 『北清事変後の北京議定書( …

no image
速報(64)『日本のメルトダウン』(小出裕章情報3本)『格納容器の底抜け』『テルル132の意味』『放射性物質の無毒化できない』

速報(64)『日本のメルトダウン』 ●(小出裕章情報2本)『格納容器の底は抜けて …

no image
世界/日本リーダーパワー史(967)-『トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショナリズムの対立(下)』★『米中通商協議の期限は3月1日』★『中国経済失速へ!「中所得国の罠」にはまったのか』★『中国の「テクノナショナリズム」「<中国製造2025>のスパイ大作戦』

世界/日本リーダーパワー史(967) 『トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショ …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟の影響」⑧ 1902(明治35)年2月20日『タイムズ』『ロシアが支配した満州』/『米国は満州の公平な門戸開放を要求』★2月25日『タイムズ』ー『三国干渉を『臥薪嘗胆』して、敵愾心を抑えたのは日本の政治家と国民の賢明な愛国心だった。』/『日本が侵略的だとか,そうなろうとしているとか想像する理由は少しもない』

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響は」⑧  1902( …

no image
トランプ大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑵』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、21-35回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録) 『日中韓150年 …

no image
日本リーダーパワー史(808)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉓『「日清・日露戦争の勝利の方程式を解いた 川上操六(陸軍参謀総長、日本インテリジェンスの父)』★『 『川上が田村怡与造を抜擢、田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じたことが日露戦争勝利の秘訣』

 日本リーダーパワー史(808)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
梁山泊座談会『若者よ、田舎へ帰ろう!「3・11」1周年――日本はいかなる道を進むべきか④終』『日本主義』2012年春号

《日比谷梁山泊座談会第1弾》 超元気雑誌『日本主義』2012年春号(3月15日発 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』①「水谷長三郎(日本社会党議員)」

  1年間連載開始―『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①   なぜ、米軍B …