前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

      2018/02/03

 

 百歳学入門(95 

史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>③

 

「天才は1%が霊感(インスピレーション)、99%が汗(パースピレーション)」

⑥「何事もやり遂げられる方法は、忍耐強い観察を続ける努力である」

世界中から材料を探し、何でも顕微鏡で調べて、実験を繰り返せ。

 

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

<以下の出典は雑誌『サライ』1991919日号、特集・エジソン流学問のすすめ>

 


5条―「天才は1%が霊感(インスピレーション)と99%が汗(パースピレーション)である」は最も有名である。

6条ー秘書のインサルが天才について質問した時、「99%はうまく行かないことを知ることで、他の1%が天才かも知れない。何事もやり遂げられと思う唯一の方法は、忍耐強い観察を続ける努力である」

 

トーマス・エジソン(18471931)。アメリカの発明家。

 

オハイオ州ミラン生。父は木材・穀物商。十二歳のとき列車の新聞売り子になり、一八六三年から五年間、電信技手として全国を旅した。六九年にニューヨークに出て、発明家として成功し、七六年にメンローパーク、八七年にはウエストオレンジに研究所を作って、世界中を驚かす発明を次々に発表し。蓄音機・白熱電灯・映画をはじめ、電信・電話、送配電、化学工業など発明は多方面にわたり、生涯にとった特許は空前絶後の1093点にものぼり、「世界の発明王」をうたわれた。

 


エピソードが多すぎる

 

 

以下の『エピソード』は、すべてマシュウ/ジョセフソン著/矢野徹ほか訳『エジソンの生涯』新潮社、1963年)による。

 

エジソンはあふれる好奇心と思い立つとすぐやる性格、いたずら好きは子供の時分からで、よく大人を困らせた。5歳のころ母に、「ガチョウはなぜ卵の上に坐っているの?」ときき、「暖めるとひなが生まれるのよ」と教えられた。その後、数時間、彼の姿が消えて、母が心配してさがしたところ、納屋の一隅に卵をいっぱい集め、上にうずくまってあたためていた、という微笑ましいエピソードが残されている。

 

また、近所の人が風船に水素を詰めて飛ばすのを見た少年エジソンは、人のからだの中にガスをみたせば浮き上がるかもしれないと考え、遊び友達をおだてて、泡の出る粉ぐすりを大量にのませた。

そのため友達はひどく胃をこわし、エジソンは母から鞭打ちのお仕置を受けた。

◇八歳のとき、牧師夫妻の経営する小学校へ入ったが、教師は頭ごなしに教え

たことを覚えこませ、きかないとムチをふるう怖い先生だったので、エジソンは反抗して、成績もビリまで落ちた。教師が「あいつの頭は腐っている」と言ったのを耳にして、泣いてとんで帰り、もうあの学校へは行かないと言い

張った。母も教師のやり方に怒って息子を退学させ、以前、教師をしていた体験を生かして自分で教育したという。

◇十二歳のとき列車の新聞売り子になり、一八六二年の夏、マウントークレメソトの駅で、駅長の三歳の男の子が線路の上で遊んでいたところ、入れ替え操作中の貨車が無人のまま走ってきた。間一髪でエジソンが子どもをつかんで向こう側へ倒れこみ、命を救った。感激した駅長はお礼のしるに、エジソンに電信の技術を仕込んでくれた。

 

◇一八六九年。22歳となったエジソンは発明家を志してニューヨークに乗りこんだが、まったくの一文なしだったので、金相場会社の友人のところにころがりこみ、内緒で会社の電池室のベッドで寝泊まりした。

当時は金の投機が過熱状態にあり、時々刻々に変る金の相場を知らせるため、

電気表示機が大活躍していた。

エジソンが泊まりこんで3日目に、表示機が故障した。仲買人たちが直接情報を得ようと会社に使いを出し、数百人が入り口で押し合いへしあい大混乱になった。エジソンは冷静に二時間足らずで修理した。社長は即座にエジソンを高給で社員に雇った。

一八七一年にエジソンは十六歳のメアリーと結婚した。式のあと彼は夕食までには帰るといって工場へでかけたが、仕事に夢中になって花嫁のことはすっかり忘れてしまった。

夜中の十二時になって友人がかけこんできて、「トム、こんな遅くまで、何をしているんだ?」ときいた。エジソンは、「今何時だ?」ときき返し、もう十二時だといわれて、夢から覚めたように「帰らにゃならんな、今日は結婚したんだから」と言った。その間、花嫁は、はじめての新居の中にひとりぼっちで、こわくて涙を流しながら待っていた。

7条-しらみつぶしに世界中から材料を探す。そして、何でも顕微鏡で調べて、実験を繰り返した。

 

 

エジソンの発明の中でも【白熱電球】は、そのもっとも大きいものの1つである。

エジソンが白熱電球のフィラメントの材料に、日本の竹を使って成功したことは有名である。彼は世界中から6000種以上の植物を採集し、実験したというから、「天才は1%が霊感(インスピレーション)、99%が汗(パースピレーション)である」という格言のねばりの実行そのものである。

当初、綿糸を使ったフィラメントで40時間の持続に成功するが、これだと時間が短く実用にならない。白金を使った実験では50時間。さらにその灰を練り直し、最終的に200時間まで持続させた。しかし、白金では経済的に採算が合わない。

手当たり次第に実験を重ねていたが、自宅にあったヤシの葉で作ったウチワに、細長く切った竹のふち取りがあり、これをフィラメント用に炭化させると、それまでのものより数倍も効果があった。エジソンは直ちに竹を探しに日本へ人を派遣し、京都・八幡市のものを手に入れて、実験を繰り返した。

エジソンはその京都産の竹を使い、188114日、2450時間の持続時間を持つ電球を作ることに成功した。 1881年、エジソンは電灯関係の特許を57件も取得。その中には、ソケットの発明も含まれていた。

1887年の末に、エジソンが最初の白熱電灯の実験に成功した時、「電気発生の機械を持つ以上、私は好きな実験ができる。ここメロンパークには、発電機や実験用設備を数多く持っているので、他の発明家に勝てると思う」と語った。

結局アメリカではタングステンに取って代わられるまでに12年間にわたり、

竹のフィラメントが使用された。

               つづく

 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(367) 日本占領から日本独立へ ,マッカーサーと戦った日本人・吉田茂と白洲次郎(1)

    日本リーダーパワー史(367) &nbsp …

no image
速報(273)『アメリカ軍の机上演習ではイスラエルによるイラン攻撃の危険性を凝視している(ニューヨークタイムズ)3/19』

速報(273)『日本のメルトダウン』   ◎『『U.S.War Gam …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(238)ー『サウジ執行部とトランプは益々窮地に追い込まれています。』★『MBS(ムハンマド皇太子)とネタニャフの二人が一遍に失脚すると、米の対イラン戦略は完全に 空洞化します』

風雲急を告げる中東情勢 ≪F国際ビジネスマンの情勢分析≫ CIAによる、MBS殺 …

no image
日本リーダーパワー史(221)<大宰相・原敬の観光立国論>『観光政策の根本的誤解―『観光の意味とは』 

 日本リーダーパワー史(221)   <大宰相・原敬の観光立 …

no image
日本のリーダー・初代の総理大臣・伊藤博文は政治力もあったが『好色一代男』

1 日本のリーダー・初代の総理大臣・伊藤博文          04年1月 前坂 …

no image
日本リーダーパワー史(475)<日本最強の参謀は誰だったのかー「明治国家の大参謀」杉山茂丸の研究①>

  日本リーダーパワー史(475)   <日本最強 …

59830793154a5ed694ab292.82578910435182873
★『時代を超えたスーパー・ジャパニーズ』◎『192,30年代に『花のパリ』でラブロマンス/芸術/パトロンの賛沢三昧に遊楽して約600億円を使い果たした空前絶後のコスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の華麗な生涯』★『1905年、日露戦争の完全勝利に驚嘆したフラン人は、日本人を見るとキス攻めにしたほどの日本ブームが起きた』

コスモポリタン「バロン・サツマ」(薩摩治郎八)の花の生涯(上) http://w

no image
日本リーダーパワー史(406)『安倍首相は東京オリンピック誘致で最強のスピーチ力を発揮せよ」(2日後に迫る)

  日本リーダーパワー史(406) 『安倍首相はオリンピック …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉚『開戦37日前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』-『「賢明で慎重な恐怖」が「安全の母」であり,それこそが実は日本の指導者を支配している動機なのだ。彼らは自分の国が独立国として地図から抹殺されるのを見ようなどとは夢にも思っておらず,中国が外部から助力を得られるにもかかわらず,抹殺の道を進んでいるかに見えるのとは異なっている。』★『日本はロシアに対する「緩衝地帯」として朝鮮を必要としている。半島全体が日露のいずれかの支配に帰さなければならない。分割は問題外だ』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉚『開戦1ゕ月前の 『米ニ …

no image
『鎌倉紅葉チャンネル』鎌倉大仏を見物に行くなら、すぐ先の800年 前の錦秋の「大仏切通」(古道)を 見に行こう(12/07)」

 『鎌倉通―鎌倉紅葉チャンネル』   ≪鎌倉大仏を見物に行く …