前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉒「 朝鮮で再び問題起きる」 (英「ノース・チャイナ・ヘラルド」)

      2015/01/01

  


『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史

日中韓のパーセプションギャップの研究

 

 


日中150年戦争のルーツは中国が冊封体制によって属国としていた

『琉球王朝』(日中両方に朝貢していた)を明治維新
後に一方的に「琉球処分」して、日本が沖縄県に編入したことが

対立の発火点なのである。

これが「壬午事変」(明治15年)「甲申事変」

(明治17年)とエスカレートして、「日清戦争」(明治27年)へと爆発する。

 

この三国関係の外円には西欧列強の英国、フランス、ロシア,アメリカ、ドイツ

が加わって中国、日本、朝鮮をターゲットに19世紀の帝国主義的領土、

経済利権の分捕り合戦、戦争が繰り広げられた。

 

東アジアのバルカン半島がまさしく朝鮮半島なのである。

 

1885(明治18)年1223日   英「ノース・チャイナ・ヘラルド」

 

朝鮮で再び問題起きる

 

朝鮮と日本の関係について,両国から伝わってくるうわさは,決していいものではない。先に起こった暴行行為の償いとして合意された賠償金が,朝鮮によって支払われていないために,東京政府は怒りを募らせており,日本人の中でも,手に余る.不穏な人々の問で不満が噴出している。

 

彼らは,ソウルで井上馨伯爵が結んだ協定,それに天津で伊藤博文伯爵が結んだ協定を不満に思っている。また彼らは長年にわたり戦いを起こしたくてうずうずしてきた連中なのだ。花房公使に対する襲撃事件が起きた後に,最初の井上協約が結ばれたが,これによれば,朝鮮政府は50万ドルの賠償額を支払うことになっていた。

 

これはその後,日本政府によっていったん免除されたものの,今年初め,王宮で痛ましい事件が起き,たくさんの日本人が陰謀者たちの犠牲になるに及んで.賠償は再度請求されることになった。だが多くの人たちが,この賠償額に不満を持ち,この額では朝鮮側の背信によってかかった費用の一部分さえも賄えないと考えていることを思えば,そして実際には,賠償金が(その額が妥当かどうかにかかわらず)全く払われていないことを考えてみれば,世論の影響力が日ごとに増大している回で,政府が微妙で厄介な立場に陥るのも

当然と言えば当然だ。

 

この事件の場合も,それ以前に起きた数々の事件同様,事を荒立てているのはサムライだ。愛国的だが,問題ばかり起こしているこれら暴漢たちは,封建制度の下で安楽な生活を送り.大名たちから俸給を受け取り,ほとんどきつい仕事をすることもなく過ごしていた。最近では彼らは,超リベラル党とも言うべき自由党の相当な部分を占めている。彼らの自由に対する考え方は.極端でほとんど急進主義に匹敵するものだが.内部の意見衝突や.ひどい運営の不手際で,今は混乱状態にある。

 

彼らがその昔受けていた訓練と言えば,おおかた軍事訓練だけで,革命の到来で解雇された後は,暮しを支えていくだけの技量も商業知識もなかった。そのため,彼らは.いっも政府にとっては頭痛の

種だった。

 

彼らが,勝手に朝鮮に攻撃をかけようとしている今,政府にとってこれほど迷惑なことはなかろう。この階級の間で.組織が作られ.朝鰍に攻撃を仕掛けるという秘密の合意ができたとのうわさも持ち上がっている。

 

さらに,たくさんの者たちがこの謀略に乗り,各地のサムライたちが長崎に集結し.そこから,2人,3人と朝鮮に渡り.機会をうかがっているとのうわさもある。この驚くべき陰謀について,もしそれが本当ならわれわれがここまで詳しく知らされている限り,政府が知らないわけがない。もちろん.深刻な危害が生じないよう細心の対策がとられるだろうし,朝鮮当局は前もって警告を受けるだろう。同時に.両国民の間の関係(両国政府間とは言わないが)は,あまりに悪化しているので.ソウルで問題が起きたとしても驚くには足

らない。

 

ソウルは,外交面での問題を除外しても,内政面での争いが起きる可能性を十分に秘めた街なのだ。王妃と大院君が,平和のうちに,同じ街の壁の内側に住める可能性はほとんどない。

 

それぞれには.党がついているのだが,この2つの党は真っ向から争っている。大院君が.反動主義者によって大歓迎を受けたとすれば,それはとりもなおさず,進歩主義者からは怒りと嫌悪で迎えられたということになるのだ。

 

大院君が朝鮮の地を踏んだとたんに,その支持者であり友人である2人の人間が.王妃によって処刑されたという事実は.彼に反対する者たちによる直接的(そして不必要な)挑戦であり,少なくとも懐柔的とは言えない気持を表したものと見てよかろう。

 

両者の間の平和が,どれだけ長く続くかは予想がつかない。だが.これだけは確かだ。不和が起きれば,そっと日本から朝鮮にやってきて,潜伏しているサムライたちが姿を現し,紛争に加わってくるのだ。

ソウルの情勢があまりに不安定なために,数週間前,中国の駐在官が急ぎ天津に戻り,李中堂に,ボディガードとして分遣隊をつけてほしいと申し出たほどだ。

 

その要求は受け入れられたが,これは,本来,伊藤条約の条項に違反するものなので,よほどしっかりした裏付けがあってのことなのだろう(でなかったら認められなかったはずだ)。

 

これは,つまり,中国人はソウルに兵隊を送り込んでいるのに,日本は.同じような安全対策をとっていないということになる。それどころか.日本には.刻一刻と危険が迫っている-政治的に不穏な空気をかき立てることで,なにも失わずして利するところがあると考える危険きわまりない.無節操なギャングたちによって危機に陥れられる可能性があるのだ。それが私たちが知る限りの現状だ。ここ数週間のうちに事件が起きようとも,なんの不思議もないということを言っておく。

 - 戦争報道 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー不在史(568)戦後70年「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕— <ガラパゴス日本『死に至る病』は続く② 

日本リーダーパワー不在史(568)  「戦後70年を考える」ー 「終戦」という名 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史㊼ 「日本か朝鮮を取ろうとするのは,ロシア人の術中に陥っていることを論ず」

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉜『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力④』★『児玉参謀次長でさえ、元老会議や閣議から除外されることが多かったので、軍部は国策決定の成否を知り得なかった。』★『児玉参謀次長に日露外交交渉の詳細が知らされなかった日本外交の拙劣ぶり』

日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』①「水谷長三郎(日本社会党議員)」

  1年間連載開始―『ガラパゴス国家・日本敗戦史』①   なぜ、米軍B …

no image
記事再録/『世界史の中の日露戦争』㉚『開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ]』(1903(明治36)/12/31)の報道』-『朝鮮分割論』(日本はロシアに対する「緩衝地帯」として朝鮮を必要としている。半島全体が日露のいずれかの支配に帰さなければならない。分割は問題外だ)

2017/01/09  『世界史の中の日露戦争』㉚『開戦1ゕ月前の『米 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(133)/記事再録★『大宰相・吉田茂首相と戦後憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない』★『1週間で戦後憲法を作った米国の超スピード主義』『憲法改正を70年間議論している超スローモーな日本沈没政治』

    2016/03/10 &nbsp …

no image
『オンライン講座/日本戦争学入門』★『日清戦争は明治天皇は反対だったが、川上操六、陸奥宗光の戦争」 ★『「統率とは統御し、指揮することである。政治集団を統率するためには、人材を集め、教育し、適材適所に配置し、人材を評価、抜擢し、組織力を発揮できるように編成する」(クラウゼヴイツ)』

 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑  『日清戦争は明治 …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(6) 「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『『日本人も東学党の乱を他国の内乱と見過ごすことなく、朝鮮が自カで鎮圧でき なければ、我兵力を派兵する覚悟が必要だ』

   ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(6) …

no image
終戦70年・日本敗戦史(64)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑮「緒戦の奇功(真珠湾奇襲攻撃)に陶酔し和平の機を逸す」

                                        …

no image
日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ