前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本の「戦略思想不在の歴史」⑸『日本最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ勝てたのか⑸』★『当時の日本は今と同じ『一国平和主義ガラパゴスジャパン』★『一方、史上最大のモンゴル帝国は帝国主義/軍国主義/侵略主義の戦争国家』★『中国の『中華思想』『中国の夢』(習近平主義),北朝鮮の『核戦略』に共通する』

      2017/12/01

 日本の「戦略思想不在の歴史」⑤「元寇の役」はなぜ勝ったのか』

クビライは第一回の攻撃(文永の役)によって対馬、壱岐、肥前などに大きな戦果を上げたと評価、日本の服属をさらに求めてきた。

翌1275年(建治1)4月15日,正史・杜世忠(と・せいちゅう),何文著ら5人の使節団は国書を持って激戦のあった福岡を避けて長門国(現在の山口県豊浦町)室津にやってきた。

幕府の執権・北条時宗は長門の守護所に命じてこれを鎌倉に護送させ、9月7日、鎌倉の竜のロ(江の島付近、当時刑場があった場所)で全員斬首して,首をさらした。

一行が日本の国情を詳細に調査、偵察、スパイにきた疑いを持っての処刑であった。

幕府のこの決断は蒙古の再征を断固として受けて立つ決意の表明であった。これが第七回目の使節である。

 

その後、元側はなんどか日本侵攻をなんどか計画したが、北宋との戦争がまだ継続していたので、実現しなかった。

しかし、外交術にたけていた元側はあの手この手で、日本側に執拗な、息の長い外交・交渉を続けてくる。

まるで現在のアジアの国際関係の、20年にわたる北朝鮮との核問題をめぐる6ヵ国協議、その後の安保理決議を核ミサイル実験で対抗し、延々とギリギリの外交交渉カードで対決してくる北朝鮮・戦争外交がダブって見えてくる。

続いて4年後に第8回目の使節がくる。

1279年(弘安2)、南宋の旧臣・范文虎から献策でもう一度、日本への服属(降伏)をせまるという案をクビライは承認し、周福(しゅう・ふく)を正使とする一行に「大宋国牒状」(南宋すでに蒙古に討ち取られ、日本も危うい。元に服属した方がよい)を持たせて,派遣してきた。

この時点で元は,前に送った杜世忠たちが処刑されていた事実を全く知らなかった。

同年6月、周福らは博多に到着し、この牒状を幕府側に見せると前回と同様、幕府は全員を斬首してしまった。元側には8月に杜世忠らが処刑されたことを高麗を通じて知らされたが、すでに周らは処刑された後であった。

ここにおいて、元・モンゴル側で「日本を攻めるべし」との意見が沸騰。クビライは周福らを送った南宋の名将,范文虎(はん ぶんこ)に意見を求め.日本遠征計画を実施に移した。

元は1279年に南宋を完全に滅亡させ,81(弘安4)についに「第2次日本遠征」を決行した。

元・高麗の東路軍420005月に合浦を出発し,対馬・壱岐を襲い,博多をめざしたが,防塁と日本軍に阻まれ,上陸できなかった。

一方,旧南宋軍を主体とした江南軍10万は,遅れて中国の慶元を出発し,平戸付近で東路軍と合流。730,平戸から鷹島へ移動していた元軍を大暴風雨が襲い,元軍は壊滅的な打撃を被った。第一回目と同じく『神風』によって、日本は救われた。(この項についてはさらに追加する)

 以上の文永・弘安の役の教訓はなんであったのか

  • 元寇の役は日本建国以来、初めての大国難であった。当時において世界最強最大の強国であった蒙古が、日本を侵略する戦争で、これほどの困難はない。

当時の日本は、今と全く同じの『一国平和主義』に固まり本土防衛一点張りで、外交交渉を最初から拒絶した。元、モンゴル側のあの手この手の交渉術、とっかえひっかえの使節団の派遣に対して、これを全く無視した。

「問答無用」「戦争とは外交交渉の失敗から起きる」という原則を知らなかった、「外交力ゼロ」といってもよい無策で平和主義に徹していた。

一方、世界大帝国を築いたモンゴルは、戦争技術、外交力にたけており、その卓越した外交戦争力を駆使した帝国主義、軍国主義、侵略主義の大覇権国であったが、日本の正義の防衛戦に神も味方してくれて、辛くも勝利したのである。この時、アジアばかりでなく、ヨーロッパ東欧地区もユーラシア大陸の大半がモンゴルの支配に屈したが、日本だけが侵略を免れたのである。

このモンゴル大帝国の覇権主義は現在中国の『中華思想』『中国の夢』(習近平戦略)、朝鮮(韓国・北朝鮮)の『小中華思想』『北朝鮮の核戦略』『帝国主義」に通底していると思う。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

978-4-7593-1555-4
新刊出版『世界史を変えた「明治の奇跡」(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦)』★『150年前の明治維新で世界にデビューした極東アジアの<弱小貧乏島国国家・日本>はどのように西欧列強、中国/韓国と立ち向かい、「世界史の奇跡」』(日清・日露戦争勝利の方程式)を解いていったのか。』★『空前絶後の名将・川上操六の戦略を解明する!』

  世界史を変えた「明治の奇跡」 インテリジェンスの父・川上操六のスパ …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係学部教授) ① 水野がアメリカの伝単ビラに …

no image
日本リーダーパワー史(242)『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップ)

日本リーダーパワー史(242)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(6)「燁子を救うのか私の義務」と宮崎龍介(東京朝日)

  NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(6) 当時の …

no image
 世界メルトダウン(1023)ー「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転で『2017年、世界は大波乱となるのか」③『トランプ大統領対オバマ氏の怨念の非難合戦は一段とエスカレートしてきた。』★「悪役プロレスラーのパフォーマンスを政治ショー化して成功、『チャブ台』返し」

 世界メルトダウン(1023)ー 「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転で『20 …

no image
日本リーダーパワー史(635)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(28) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス①「英国の文明評論家H・G・ウェルズは明治日本は『世界史の奇跡』 と評価」。そのインテリジェンス・スターは川上操六である。

日本リーダーパワー史(635) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(28)   …

no image
速報(37)『日本のメルトダウン』49日目ー『日本の共謀(談合)文化が原因―とニューヨークタイムズ指摘』

速報(36)『日本のメルトダウン』49日目 ◎『日本の共謀(談合)文化が原因―と …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(643) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(36)<レーニンは日露戦争で日本を先進的な若い力と高く評価し旅順陥落を絶賛した▶「ヨーロッパ諸新聞が全部あげて、難攻不落の折り紙を つけた旅順港要塞を、ちっぽけな、今まで誰からも 馬鹿にされていた日本が、わずか8ヵ月で攻略してしまった」

  日本リーダーパワー史(643) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(36)  …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(335)『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

    2012/10/22 &nbsp …

no image
速報(238)『原子村の根源・東大村の崩壊=秋入学などでは治らぬ重体度は!?』『2号機温度上昇「すでに100℃超えかも・』

速報(238)『日本のメルトダウン』   ★『原子村の根源・東大村の崩 …