前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉚『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―アジア各国で戦争犠牲者は約1800万以上

      2015/01/01

  

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉚

 


『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―

太平洋戦争と米国に命名された<アジア・太平洋

戦争>でどれだけの犠牲者、被害が出たのかも

まだ十分調査されていないー

無視され続けたアジア・太平洋戦争の全被害』②

アジア各国での犠牲者は約1800万以上

 

 

 

                前坂 俊之(ジャーナリスト)


 ここではポツダム宣言から敗戦までの約3週間で、日本政府は国体護持だけに時間を空費して、国民の犠牲は顧みず原爆投下、空襲の市民の犠牲、住宅家屋の財産被害などの出し続けた数字を明らかにする。

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』の連載でも見たが、天皇国家の保持(護持)のためのみに、延々と決断できない会議を続けて、市民を犠牲にし続けた<非民主主義国家、軍国主義国家(市民の命を大切にしない、人命無視>の数字を見ていく。

 

 

(6)太平洋戦争でのアジア各国の犠牲者≫(約1800万以上)

 

 

   国、地域名   戦争犠牲者数()           出典、参考資料

 

・ タ     イ       8,000     ( 図説ユニバーサル新世界史資料(帝国書院)

・ シンガポール・マレーシア    100,000以上 (キーワード日本の戦争犯罪(林博史ほか著)

・ インドネシア     4,000,000 (サンフランシスコ講和会議でのインドネシア政府見解)

・ ベ ト ナ ム     2,000,000          (1945年のベトナム独立宣言から)

・ 中     国   10,000,000以上  (中国国務院「中国の人権状況について」から)

・ ミャンマー(ビルマ)   150,000              (キーワード日本の戦争犯罪)

・ 韓 国・北朝鮮    200,000             (キーワード日本の戦争犯罪)

・ フ ィ リ ピ ン   1,110,000                (フィリピン政府調査から)

引用及び表作成の参考:中日新聞(2005.8.7) 中日サンデー版

        世界と日本大図解シリーズ№695「戦後60年アジア太平洋戦争の戦跡」

 

 

◎<第二次世界大戦の犠牲者

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E
4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6%E3%81%AE%E7
%8A%A0%E7%89%B2%E8%80%85

 

http://www.toyamav.net/~fc9/sPDF/78-9.pdf

 

(3)<なぜ広島に原爆は落とされたのか>

 

『戦略爆撃』とは実働部隊ではなく、戦略的な要地、都市、工業地帯や交通拠点に爆撃を加え、生活基盤、産業基盤を破壊する事などで、相手国の経済力や国民の戦意を削ぐ爆撃。無差別爆撃。現代では誘導爆弾や巡航ミサイルなどを用いた爆撃である。

 

『戦略爆撃→無差別爆撃→原爆投下→劣化ウラン弾、クラスター爆弾へ』

<第一次大戦で> 飛行機、戦車、毒ガスの大量殺戮兵器の登場

  37年4月26日―スペイン内戦 ドイツ軍によるゲルニカを空爆 1600人以上死亡

 

<日中戦争から太平洋戦争まで>

 

1939年5月―43年8月、日本軍による重慶(四川省各地)爆撃 218回、1万5千人、
負傷者2万人、損壊家屋1万7千棟

1940510日―ドイツ軍によるロッテルダム爆撃  4千人死亡、3千人負傷

④1944年615日 中国四川省・成都からルメイ指揮の米B29が北九州・八幡製鉄を初爆撃

④1945年21314日、米英によるドレスデン爆撃 3万5千人から13万5千が死亡。

 

<太平洋戦争>

 

同年310日 米軍による東京大空襲 死亡8万、負傷4万人 被災家屋:26

⑥同年525日 米軍による東京大空襲、死傷者は7415人、被害家屋約22万戸。

同年8月6日  米軍による広島への原爆投下 死者十数万―30万人

⑧同年8月9日 米軍による長崎への原爆投下 約74千人―15万人が死亡、

 

<ベトナム戦争>

1970年  ベトナム戦争 米軍によるホーチミン・ルートへの爆撃 、アメリカ軍による北爆

 

<湾岸戦争>

1991年1月17日-228日、湾岸戦争、米英軍は95万発(劣化ウラン320トン)を使用。米軍兵士だけでも43万人が放射能汚染地帯に入り、劣化ウラン粒子で被爆した。25万人が治療を求め、18万人が「疾病・障害補償」を請求し、すでに9600人以上が死亡。「隠されたヒバクシャ」004月)。劣化ウラン症状は白血病や肺がん、腎臓や肝臓の障害、関節痛などで、彼らの子どもたちの間には先天性障害を抱えた子も多い。米・英は原因不明の「湾岸戦争症候群」として、劣化ウランの被害を認めない。

1999年3月 コソボ紛争 NATOによるセルビア全土への空爆。ボスニアで約1万発、コソボでは約3万発の劣化ウラン弾を使用

 

<イラク戦争>

20033月、米軍による空爆で劣化ウラン弾500トンが使用。劣化ウランによる白血病やガン、経済制裁による伝染病や栄養失調で、湾岸戦争のあと160万人の子どもが命を落としている。

 

 

 

                                              つづく

 

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
日本リーダーパワー史(669) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(51)「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とインテリジェンス網の崩壊<<もし川上が生きておれば、日露戦争はこれほど惨々たる苦戦もなく、 死者累々の兵力を疲弊させず、 さら戦果を拳げていただろう>

 日本リーダーパワー史(669) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(51)   …

102707
世界/日本リーダーパワー史(896)-『明治150年、日本興亡史を勉強する』★『明治裏面史―明治30年代までは「西郷兄弟時代」が続いた。』★『その藩閥政権の縁の下の力持ちが西郷従道で明治大発展の要石となった』★『器が小さいと、とかく批判される安倍首相は小西郷の底抜けの大度量を見よ』

   明治裏面史―明治30年代までは「西郷兄弟時代」   『明治藩閥政権の縁の下 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊵★『児玉源太郎のリーダーシップ⑬』●『陸海軍共同作戦会議の席上、「陸軍はいらぬロをきくな!」と児玉は大喝!』★『続いて児玉は海軍側参謀たちに丁寧に一礼して、「海軍側の要望は、わしが、しかと心得てござる。御安心をなされい」と確言』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1071)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮戦争の危機高まる!?』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点 【特別レポート】電話会談で話された事』◎『「米中が組んで北朝鮮を討つ」そんなシナリオさえ現実味を帯びてきたーー利害は案外一致している』★『あまりに幼稚な左派の「北朝鮮核容認論」これでは日本が滅びる』☆『北朝鮮の暴走が止まらない‥だがそのツケも出始めて』

 ★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(10 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(200)-記事再録/『日露戦争の勝利が日英米関係の転換となり、日米戦争の遠因となった』★『日露戦争勝利は「日英同盟」、米国のボーツマス講和会議斡旋のおかげなのに日本は自力で勝ったと思い上がり、おごりを生じた。』★『②日米関係を考える上で、〝歴史の教訓″は1924(大正十三)年七月一日に施行された排日条項を含む「外国移民制限法」である。』

    2015/08/05 /終戦70年・日本敗 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1048)>『トランプ大統領は弾劾訴追されるのか』★『トランプは大恩人のFBI長官解任で二度、墓穴を掘った』●『中国まで心配するトランプ「反科学政策」の現実離れ』★『どこが違う? トランプ・ロシア疑惑とウォーターゲート』★『トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクーデター』★『北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ、日本メルトダウン(10 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑸『日本最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ勝てたのか⑸』★『当時の日本は今と同じ『一国平和主義ガラパゴスジャパン』★『一方、史上最大のモンゴル帝国は帝国主義/軍国主義/侵略主義の戦争国家』★『中国の『中華思想』『中国の夢』(習近平主義),北朝鮮の『核戦略』に共通する』

 日本の「戦略思想不在の歴史」⑤「元寇の役」はなぜ勝ったのか』 クビライは第一回 …

815OrWcimiL.SR160,240_BG243,243,243 (1)
 『リーダーシップの日本近現代史』(70)記事再録/日本リーダーパワー史(241)空前絶後の名将・川上操六(29)★『戦いで最も重要なのは「インテリジェンス」 それ以上に重要なのは「ロジスティックス」』

 2015/02/17日本リーダーパワー史(241) 空前絶後の名将・ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(190)記事再録/『忘れられたユーモアある哲人政治家・田淵豊吉―太平洋戦争中に東條英機首相を批判した反骨でならし『世間では仙人と呼んでいるが、わしはカスミの代りに飯を食い酒も飲む、だから半仙人とでもしておこうか、と大笑い』

  2010年9月7日日本リーダーパワー史(92)記事再録 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史 (25) 中国建国60周年のルーツ・中国革命の生みの親・宮崎滔天に学べ②

日本リーダーパワー史 (25)   中国建国60年・中国革命の生みの親・宮崎滔天 …