前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉙『来年は太平洋戦争敗戦70年目<アジア・太平洋戦争での全体の犠牲者も 十分調査されていない

      2021/04/25

·          

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉙

 


『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―

太平洋戦争と米国に命名された<アジア・太平洋

戦争>でどれだけの犠牲者、被害が出たのかも

まだ十分調査されていないー

無視され続けたアジア・太平洋戦争の全被害』

南京虐殺、東京大空襲、広島・長崎原爆、

従軍慰安婦の犠牲者・被害者など以上に

全体的被害の実態を把握する必要がある①

 

 

                前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

 

 ここではポツダム宣言から敗戦までの約3週間で、日本政府は国体護持だけに時間を空費して、国民の犠牲は顧みず原爆投下、空襲の市民の犠牲、住宅家屋の財産被害などの出し続けた数字を明らかにする。

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』の連載でも見たが、天皇国家の保持(護持)のためのみに、延々と決断できない会議を続けて、市民を犠牲にし続けた<非民主主義国家、軍国主義国家(市民の命を大切にしない、人命無視>の数字を見ていく。

 

(4)【太平洋戦争中での日本人の戦争犠牲者数】

 

 延べ1000万人の兵士が戦争に参加し、失われた兵士数は約200万、非戦闘員まで含めると約300万の人命が失われた。焼失住宅戸数は310万戸。太平洋戦争における日本側の死者はー陸軍戦死者数:約144万人・海軍戦死者数:約 42万人・軍属:約  95千人

・一般国民:約 69万人・合計:約250万人

 

 

●驚くべきことに、日本の戦争の実態は日本兵が米軍の弾丸に打ち抜かれて戦死して負けたのではなく、大半の兵士の餓死、病死、玉砕(自殺、特攻隊)で無意味に自滅していった戦争であった。

 

世界の戦史史上、これほど無謀で愚劣で非科学的な戦争を行った国はいないし、戦争指導者、国家のリーダーの徹底した無能ぶり、無責任ぶり、インテリジェンスのなさを示したケースもない。

 

この「失敗国家日本」の制度・システム欠陥は真に改善されてきたのか、をみると、現在日本の政治・行政・統治システムも戦前とさほどかわっていないことがわかる。

 

「民は知らしむべからず、依らしむべし」というほんの数年前まで、封建時代からの愚民政策がまかり通り、「お上」(行政)のやることには民衆もおとなしくタテつかない。戦後60数年間、政権の交代がなく、実質自民党の一党支配が続いたような国は世界中見渡しても社会主義国ではわずかにあるが、先進国では日本以外にない。

 

憲法に明記されている国民主権は確立されておらず、政治は戦前同様に国民への説明責任を全く果たしていない。戦前の軍組織と同じ独善的な中央集権の官僚システムを政治家はシビリアンコントロールできず、1985年以降、政治、経済、金融、防衛、外交の全分野の運営で、政策の全面失敗、連続失政、全面敗北を招いている。

 

公共事業による景気を拡大するという経済失政(オウンンゴール)を続けて、1000兆円という国の借金を膨らませ続けて、今や国家破産に近づきつつある。≪2008年執筆のまま)

 

戦前は戦争によって国家破産し、今は経済、政治、外交の
国家政策運営の失敗で2度目の国家破産が間違いなく迫りつつある。
2008年時の執筆)

 

(5)≪日本軍戦死者の実に60%、140万が餓死者であった≫

 

一橋大学名誉教授・藤原彰氏の調査によると、アジア太平洋戦争における戦死230万人の内、その約六割、約140万人が「餓死」と推定している。

 

 その出典『餓死した英霊たち』(藤原彰著 青木書店)では「餓死」とは、栄養失調による「不完全飢餓」によって病気に対する抵抗力を失った結果としての戦病死をもふくむ広義の規定である。

「ガダルカナル島の場合、方面軍司令官は死者2万、戦死5千、餓死15千と述べている。ブーゲンビル島では、死者約2万はほとんど餓死。ソロモン諸島の死没者の四分の三にあたる 66千名が餓死したと考えられる」。 「厚生省の調査では、東ニューギニアの戦没者は127千。いずれも死者の九割以上、実に114840名が餓死だったとしている。 インパール作戦をふくむビルマ方面軍でも死者の78%、145千人かそれ以上が餓死者と推定。中部太平洋では、サイパン、グアム、テニアン、ベリリューなどの諸島では日本軍は上陸した米軍と戦って「玉砕」した。全体では12万以上が病死・餓死していたと見られる。 日本軍が最も多くの死者を出したフィリピン戦線で、8割の40万人が餓死と推定。中国戦線での死者は455千だが、栄養失調に起因するマラリア、赤痢、脚気などによる病死者は死因の三~四割を占める。中国戦線での全死者の約半数が栄養失調にもとづく病死であり、22万以上である

 

合計では 1,276,240名に達し、全体の戦没者2,121,000名の60%強。77年以後の戦没軍人軍属230万という総数に対して換算すると 140万前後が戦病死者、そのほとんどが餓死者ということになる」と結論づけている。

 

 

                                    つづく

 

 

 

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(166)記事再録/「日清戦争勝利の秘密」日本軍《死んでも戦う)対中国軍(売命銭分しか戦わぬ)の圧倒的な差

  2015/08/03   &nbsp …

日本リーダーパワー史(560)世界が尊敬した日本人ー「魔王」と呼ばれた明治維新の革命家・高杉晋作、「奇兵隊」で活躍

            日本リーダーパワー史(560)              …

no image
「ウクライナ問題」「クリミア問題」は今後どうなるのかー下斗米伸夫・法政大学教授とウクライナのハルチ ェンコ駐日大使が会見動画

「ウクライナ問題」「クリミア問題」は今後どうなるのか 下斗米伸夫・法政大学教授と …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(63)』『外国人感銘させる日本の「おもてなし文化」●「セウォル号は韓国の自画像」

    『F国際ビジネスマンのワールド・ …

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(154)』 『イスラエルに魅せられて再訪(2016/1)」レポート(4) 『ベエル・シェバ(Beer Sheva)から死海(Dead Sea) を目指す』死海に到着し、ソドム山を見上げながら、創世記に伝わる「ロトの妻の塩柱」の異様に驚く。

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(154)』  『イスラエルに魅 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉟「日本が民情に従い、善隣関係を保つべきを諭ず」

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(133)/記事再録★『大宰相・吉田茂首相と戦後憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない』★『1週間で戦後憲法を作った米国の超スピード主義』『憲法改正を70年間議論している超スローモーな日本沈没政治』

    2016/03/10 &nbsp …

no image
日本メルトダウン(926)『資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」』●『仲裁裁判所の裁定に反撃する中国の「情報戦」の中身 本格的灯台の設置で人工島の軍事基地化に拍車』●『沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点』●『「自動運転バブル」はこのまま崩壊の道を歩むのか?』●『 土俵はできた~今こそ真正面から客観的な憲法論議を 中国、韓国、護憲派の懸念はお門違い(筆坂秀世)など8本』

   日本メルトダウン(926) 資本主義の成熟がもたらす「物欲なき世界」 ht …

no image
『人口蒸発「5000万人国家」­日本の衝撃』を大西隆日本学術会議会長­が日本記者クラブで動画会見(7/2)

  「人口民間臨調」が刊行した『人口蒸発「5000万人国家」­日本の衝撃- 人口 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(930)-『トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷から世界恐慌への悪夢』(下)『EUでは移民排斥の極右勢力の台頭!』★『米中間選挙の結果がすべてを左右する』★『1930年代の世界大恐慌が再現するのか、平沼首相の「欧州情勢は複雑怪奇なり」』

『トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷から世界恐慌の悪夢』(下)   …