前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1065)>★『トランプ真夏の世界スリラー劇場・各国の興亡史は外部要因(戦争などの)より以上に、内部要因による自壊・自滅現象である。オウンゴール連発のトランプ大統領はレッドカードで退場か?』★『米デフォルト・リスク、トランプ政権の混乱で「正夢」も』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』●『「トランプおろし」はあるか、大統領失職の手続き』

   

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< 米国メルトダウン(1065)>

 

世界的な温暖化/地球環境異変の影響が人々にも大きな不安を与えている。そのせいもあって、7月から始まった「トランプ真夏の世界スリラー劇場」は8月に入って、世界一の裸の王様が核ボタンをもって怒鳴りまくり、対する北朝鮮のお化け独裁者は「グアムに4発ミサイルを撃ち込むぞ」と非難合戦に発展。

人々は恐怖に震えていた矢先、こんどは8月12日に場面は一転し「 アメリカ南部バージニア州で起きた白人至上主義グループと反対派の衝突事件」に対するトランプのツイッターが大問題に発展、共和党、政権内部からも批判が続出、これまでダッチロールを繰り広げてきた『エアフォースワン』は墜落寸前となっている。

「トランプ真夏の世界スリラー劇場」は急転直下、第2ステージ「ゾッとするトランプ末期症状のアメリカ残酷物語、そして、世界残酷物語」に入った。

焦点:米デフォルト・リスク、トランプ政権の混乱で「正夢」も

http://jp.reuters.com/article/us-default-risk-idJPKCN1AY0KY

 

トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8235.php

 

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の手続き

http://jp.reuters.com/article/trump-job-process-idJPKCN1AY0GP

トランプ大統領、南軍指導者の像撤去に反対 共和党内からは批判

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8240.php

 

トランプが共鳴する「極右思想」 ルネ・ゲノンの伝統主義とは?

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8229.php

 

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く可能性

http://jp.reuters.com/article/trump-attack-friendless-idJPKCN1AY0GH

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

300px-Kawakami_Soroku
★<新刊予告>前坂俊之著『世界史を変えた「明治の奇跡」』(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦~)海竜社(2200円(+税)、8月上旬刊行)★『 明治維新150年特別企画 張り巡らされるスパイ網、発揮された智謀。日清・日露戦争大勝利の背景には、川上操六の指導力があった!』

新刊予告『世界史を変えた「明治の奇跡」』   ~インテリジェンスの父・川上操六の …

no image
世界/日本リーダーパワー史(917)米朝首脳会談開催(6/12)―「結局、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)は先延ばしとなりそう』★『米朝会談の勝者は金正恩委員長か』(上)

米朝首脳会談開催―「すべてはこれからはじまる」 前阪俊之(静岡県立大学名誉教授) …

no image
現在進行形! 日中北朝鮮150年戦争史(33)『口先だけか!国連の担当者が初めて語る、北朝鮮制裁の意外な舞台裏[第一弾]●『北朝鮮、核搭載型ミサイル実戦配備も視野、現実味は』●『コラム:北朝鮮、このタイミングで核実験を強行した理由』●『【スクープ最前線】暴走する北朝鮮に中露が軍事技術支援か 潜水艦、SLBMが酷似 (1/3ページ)』●『中国がG20で見せた、世界で孤立したくないという本音』●『中国がG20でオバマ大統領に働いた「非礼」の裏側』

 現在進行形! 日中北朝鮮150年戦争史(33)   口先だけか! 国 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(130―1)「1930年(昭和5年)のロンドン海軍軍縮会議と統帥権干犯問題」政党政治を終局させ、軍部独裁から戦争への道をスピードアップさせる転換点となった。

終戦70年・日本敗戦史(130―1) <世田谷市民大学2015> 戦後70年   …

no image
人気記事再録/<『クイズ『坂の上の雲』>(資料紹介)レーニンは日露戦争で日本を先進的な若い力と高く評価し、旅順陥落を絶賛した。

    2010/09/08 &nbsp …

no image
梶原英之の政治一刀両断(4)ー『やらせメールが原発再開を遅らせた』

梶原英之の政治一刀両断(4)   『やらせメールが原発再開を遅らせた』 …

no image
『2014年世界・政治経済ウオッチ⑩』「アメリカなき世界に迫る混沌の時代」◎『日本は弱い、その自覚がなければ中国に負ける」

    『2014年ー世界・政治・経済ウオッチ⑩』 …

no image
日本リーダーパワー史(636)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス② 『広島大本営」設置と「ワンボイス」で陸海軍を指揮したリーダーシップと決断力「山県有朋を解任」

日本リーダーパワー史(636) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29)   …

no image
終戦70年・日本敗戦史(71)大東亜戦争開戦の「朝日,毎日新聞紙面」-「その朝、ラジオは軍艦マーチ高らかに」「株式相場は買い一色」

終戦70年・日本敗戦史(71)  大東亜戦争開戦の「朝日,毎日の新聞紙面から」ー …

no image
日本リーダーパワー史(726)《対中交渉の基礎的ルール10ヵ条》『中国人の交渉術(CIAの秘密研究)』尖閣諸島、南シナ海対策の基礎知識

  以下は、米中和解を実現したキッシンジャー、毛沢東、周恩来の初会談以 …