前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『各国新聞からみた日中韓150年対立史②』日韓第一次戦争(1882年の京城事変、壬午軍乱)の『朝日」などの報道

   

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史②』

 

131年前の日韓第一次戦争

1882年の京城事変、壬午軍乱)の日本側の

「郵便報知」『朝日』の報道内容②

 

最近の日中韓の対立のコジレをみていると、日中韓の150年戦争史の既視感(レジャビュ)がよみがえります。あと5年(2018)後は明治維新(1868年)からちょうど150年目に当たります。この間の三国関係を振り返ると、過去100年以上は対立、紛争、戦争の歴史であり、仲良くしていた時期はこの最近3,40年ほどの短いものであり、単に「近隣関係、近隣外交は仲良くしなければ」という建前論からではなく、その対立、戦争のとなった原因までさかのぼって客観的に調べなければ、何重にもモツレた歴史のネジレを解いて真の善隣友好関係は築くことができません。その意味で、150年前の対立、戦争となった事件の各国の報道をたどってみたいと思います。(前坂俊之)

 

当時の新聞が報道した京城事件とは<けいじょうじへん【京城事変】>のことです。
朝鮮の壬午軍乱(1882)甲申政変(1884)に対する当時の日本での呼称。両事件とも京城(ソウル)で起きたので,このように呼んだ。京城とは城壁で囲まれた京(みやこ)という意味で,当時の正式名称は漢城Hansŏngである。【原田 環】http://kotobank.jp/word/%E4%BA%AC%E5%9F%8E%E4%BA%8B%E5%A4%89

 

 

  じんごぐんらん【壬午軍乱】

1882(壬午の年)7月に朝鮮の首都,漢城(ソウル)で起きた軍人暴動。1873年に大院君(興宣大院君)から閔(びん)氏に政権が移ると,軍隊の待遇は悪化し,新たに新式軍隊の別技軍が設けられて優遇された。その結果,旧式の軍人たちの不満が給米の不正支給によって爆発し暴動となった。大院君はこの暴動を利用して,閔氏政権の転覆と日本公使館の襲撃を図った。彼は,1880年代に入って開始された閔氏政権の開国政策を覆し,鎖国攘夷政策に戻そうとしたのである。

http://kotobank.jp/word/%E5%A3%AC%E5%8D%88%E8%BB%8D%E4%B9%B1?dic=sekaidaihyakka

 

  郵便報知新聞(明治十五(1882)年八月十日)

 

   京城事件 詳報(つづき)

 

   仁川でも暴民襲撃

 

 これより渡ロに臨み舟子を促がせど報んぜず、依って舟を奪ひ、浅山櫓を押して前岸に逢す、この時強雨に交ゆるに雷電を以てす、瞼路泥浮、一同疲労を極む、漸くにして同午前十時すぎ富平府の成谷里に至り、民家について小憩し、麦を炊かせて僅かに飢を医も、再び雨を衝いて走り、同午後三時仁川府に著す、府使鄭志鋸は兵を率ひて途に迎へ、自ら政堂を開きて公使一行の休憩所に供し、新衣を取って公使その他に呈しその湿衣を脱せしむる等、周旋懇待を極む、

衆やや安堵の思ひをなし以て俄かに疲債を覚へ、横臥陸に就く薯あり、時に同午後五時、忽ち門前叫喚の声を聞く、衆耳をそばだて大にいぶかる所へ、巡査達矢なる者、僅かに襦袢(じゅばん)をつけハダシにて刀を提げ走り来る、満身鮮血に塗る、絞いて巡査横山も亦重傷を負ふと雖も、なほよく走り来り門を閉ぢて敵を防ぐの有様なり、公使の走り出でて事の次第を問ふを待たず、表の方を指さし皆曰く

、暴徒再び起り、不意を窺ひ門前なる我等の休憩所を襲撃し矢石雨注、刀鎗乱刺、為に同僚広戸、宮の両人は死す、静ふ速かに備へよと、ここにおいて衆相呼んで互に警め、起って装を改むるうち、銃声忽ち堂後に発し、矢石雨の如く室内に達す、小林、浅山短銃を以て防ぐ、飛騨、浅山の右股を傷つく、依って府兵の皆賊に合するを知り、もはや是までなり、

 

門前に突出して奮戦以て死を致すべしと衆議一決、公使を中に擁し、刀を揮ひ哨威して出づ、府兵三四十人、鎗を提げ刀を横たへ門に立つ、浅山先づ短銃二発放ち、水野、千原刀を揮って奮進す、府兵怖れて皆逃す、衆活路を意表に得たりと疾走横過して済物浦の路に就く、賊の追撃するあり、

 

巡査小林引返して之を迫ひ退く、途中山渓を蹴渉す、賊の伏兵あらんことを憂ふ時、忽ち前頭より久水高尾の二人(これは仁州開港の上は居留地となさん見込みにて取調べのため、その数日前公館より済物浦へ派遣せし人なり)馬を走らせて来るに会す、(これは公使難を避けて仁州に達せし時、岡警部が書を飛ばして京城の変を報ぜし散来り会するなり) 

松岡中尉及び杉村、武田の三人も会す、以て道路伏兵のなきを審らかにし、衆少しく安心し久水が騎する所の馬を私費語学生楓に与へ、先づ駆って済物浦に至り船を艤せしむ、高尾の馬を公使に進む、公使浅山の負傷せるをあはれみ後鞍に乗らしむ、この時後の山より発砲せし者あり、幸ひに.して中らず、漸くに済物浦に着し、兼て備ふる所の小舟に搭じ、凡そ半里ばかり隔りたる月尾島に渡り、大船の航海に堪ゆるものを撰び、一同これに搭じて同島を漂ひ出しは二十四日の夜十二時半なり。

 

 公使等がここに向ひて来りしは蓋し先に仁川府に着せし時、英国の測量船フライグフィス号がこの近海、即ち南陽帝に繋泊するを聞きし故、その船を探り救護を受け、万一出会せねば豊島に上陸して、船の通航するを待つの目的なりしが、二十五日は終日逆風にして船さらに進まず、二十六日は暁より海霧深く爬尺を弁ぜず、

 

波に任して漂ふうち午前十一時に至り、大霧漸く散ずる折しも遥かに三輪佑船の走るを見る、一同雀躍、竿頭に白旗を掲げ救助を求むる状を表せしにぞ、彼の艦は小蒸汽船を下し一同を救ふて本艦に移す、これ即ちフライソグフィス号にて・艦長以下懇切に遇接してその災決を慰問し、その夜十時を以て抜錨し、同三十日午前二時長崎に若し、公使一行を上陸せしめしなりと、その人名等は左の如し。(以下、略)

 

〔朝日新聞 816日〕

 

 暴慢の大院君 暴動の張本人

 

 今回朝鮮暴徒の張本たる大院君といへるは、元より正しからぬ性質の人にて、先に今王の年巳に長じ給ひたれば、其摂政たる大院君が政を返すに及び、猶権勢に恋々たるの色ありしに、大臣氏等の親政論を主張せしに由り、

止むを得ず大権を棄てたれど、之が為、常に欠望の念を抱けり、王妃の兄閔升鎬(びんしょうこう)は兼て大院君と中善からざりしが、或夜、升鎬の家に火を放つ者ありて、氏父子其母とも三人焼死を遂げたるとあり

、又李最応は大院君の兄なれど是亦、相善からず、曾て最応の家にも火を放たんとしたるものあり、之を捕えへて糾問せしに其口供甚だ怪しむべきこと多かりしかど、満朝、大院君の威勢に怖れて事遂に曖昧にして罷めり、又、王妃は善く漢書を読み、且其天賦穎敏にして時事を解し、

温柔以て内を治め、国母の名に恥じざるが故、人民の尤も仰望する所となれど、常に大院君に容れられず、又世子の妃はの女、泳羽の妹にして本年十一なるが、去年立妃の譲定まる此時にも大院君は大に異議を鳴らし、其不当を極言すれど議論行はれざりけり、

 

又去年李裁告(大院君の庶子)の事変にも朝野の物議沸くが如く、其事大院君に連累するの証またあれど、裁告の自害せしがため曖昧に局を結びたり、

是等の事は常に皆大院君に関係せざることなく、殊にその性残酷なれば人を害して忌憚する所なく、摂政十年の間、しばしば大獄を起し、朝野の人を死刑に処したると凡そ十万人に下らず、

其陰険なるは世の知る所なれど、又一方に就て其人となりを視れば、内行修り書を読み、周公孔子の道を語りて平生国体論を主張するに依り国中頑民の心を収らんし、無謀の徒多く之に服従し、且其俸禄の甚だ厚きを以て、門下の食客常に千を以て数へり、故に平生悪む所にて誣るに法を以てすべからざる者は、之を害するに暗殺を以てす、

 

又国王を目して亡国の君とし、近来は王宮に伺候せず、却て国王より臨幸せらるゝことあるも、君は之を謝絶して対顔を許さゞることあり、其傲慢無礼なる此の如くなるを以て考へれば、君が今回の変乱を企つるや実に一日にあらずして、竟に今日に破裂せしものなるを知るべし。

 

                           つづく

 - 戦争報道 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥『日露戦争の原因となった満州・韓国をめぐる外交交渉決裂』●『<ニューヨークタイムズ記事>1903年4月26日 「ロシアの違約、日本は進歩の闘士」』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑥ 日露戦争の原因となっ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(29)-記事再録/関東大震災での山本権兵衛首相、渋沢栄一の決断と行動力 <大震災、福島原発危機を乗り越える先人のリーダーシップに学ぶ>

    2011/04/06 / 日本リ …

no image
日本リーダーパワー史(837)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑨終』★『日英同盟なのに英国は日本のために働かない』●『ポーツマス講和条会議始まる』★『大統領に条約案をみせて相談、ー『償金やめて払い戻し金に』●『談判決裂を心配したル大統領―3人委員会をつくる』

  <日本最強の外交官・金子堅太郎⑨>  ―「坂の上の雲の真実」ー 『 …

no image
『オンライン講義/140年前の外国新聞 (フランス紙『ル・タン』)がズバリと指摘した<死に至る日本病>とは』★『①論理的な学問なし②記憶力、詰め込むだけの教育③理性的学問では小学生レベルの無能な学者を量産④優柔不断で論理性のない人間ばかり⑤新しい状況に適応できない、実際的な良識にかけた人間を作っている』

(記事再録) 1874(明治7)年5月23日付 フランス紙『ル・タン』 報道の『 …

no image
「タイムズ」などからみた「日中韓150年戦争史」(60)『(日清戦争開戦4週間後)-『日本の朝鮮侵略(上)』

     『「申報」「タイムズ」からみた「日中韓1 …

no image
『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(1)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み通す』

 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の『金玉均惨殺』から日清戦争開戦までの論説 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(38)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』③戦前、世界も日本も、圧勝を予想したものはなかった。ただl人、大本営で日清戦争を全面指揮した川上操六川上操六の インテリジェンスの勝利であった。

    日中北朝鮮150年戦争史(38) <歴史復習問題>『120年前の日 …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史③』150回連載の31回~40回まで』●『『アジア・太平洋戦争全面敗北に至る終戦時の決定力、決断力ゼロは「最高戦争指導会議」「大本営」の機能不全、無責任体制にあるー現在も「この統治システム不全は引き続いている』★『『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)が語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史③ 』1 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』★『5月の日米首脳会談でトランプが日本を切り捨てる可能性』●『 中朝“血の同盟”にトランプ氏激怒 軍事オプションに障害…「核・ミサイル開発」時間稼ぎ許す恐れも』★『コラム:北朝鮮の金正恩氏、「変心」は本物の可能性』

世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』 5月の日米首脳会 …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬『開戦5ヵ月前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』報道―『開戦の直接原因となった『鴨緑江の竜岩浦(朝鮮領)に軍事基地を建設したロシア』●『英タイムズが報道した『ロシアの極東総督に強硬派のアレクセーエフ提督が就任』

     『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑬ 1903(明治3 …