前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(514)日清戦争120年①国際法を遵守して勝った日本、無視して完敗した中国、東郷平八郎の国際性

      2015/01/01

  

 日本リーダーパワー史(514


日中韓150年パーセプションギャップの研究-日清戦争120年①

◎『日清戦争(甲午戦争)から120年(7/24

中国では各地で盛大な記念イベントが開催されて

いるが、日本では全く何もされていない。

日清戦争の勝敗は国際法を遵守した日本が国際法

を無視した中国に完勝したのである。

高陞号事件で見せた東郷平八郎の「国際法遵守」

の徹底姿勢が『日本躍進の最初の一撃』となった。

120年後の中国は一体どうか。

相変わらず、習近平中国共産党は国際法を

無視して強引に『海洋進出』し、各国と対立しているが、
再び歴史的な失敗を繰り返すであろう.
 

 

             前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

①この落差の根底にあるのは中華思想の自己中心/尊大主義の中国と
被害妄想/恨の韓国。両国は日清戦争を契機に日本に侵略されたという
被害者意識強調する反日キャンペーンイベントを大々的に行っており、
歴史忘却病の日本は歴史の客観的な検証を持続する姿勢に乏しく
、中韓との摩擦をこれ以上おこしたくなくて黙っている
3国の歴史認識ギャップ/ネジレがまたネジレをより深くしている。

それは3国の民族性、民族思想によるギャップであり、ヨーロッパ各国
の歴史と比較しても、この解消にはさらに長年月が必要かもしれない。

➁日清戦争勃発のいきさつをみると、国際主義遵守をめぐる日中
の決定的な対立がある。豊島沖海戦の
高陞号事件(英国籍の貨物船
が清国の傭船となって、朝鮮に向けて1000人の兵士と大砲などを運搬
していた
高陞号を東郷平八郎艦長の「浪速」がだ捕しようとしたが、
中国兵が、英国船長を銃で脅してそれに応じなかったため、
退艦を命じた上に撃沈した事件
)で、国際法を無視した清国側と
国際法を遵守して撃沈した東郷平八郎の差である。
日清戦争では
日本側は国際法の学者を陸軍部隊に専属で配置して、戦線に従軍
させているのである。

③日清戦争から120年後の中国は真に近代化を遂げたのか。現在の習近平
中国共産党は
「中華民族の偉大な復興」をスローガンに尖閣列島問題、
ベトナム、フィリピンとも海洋の領有権をめぐって国際法を無視して、
海洋進出を強引に進めているが、日清戦争時の中国海軍と全く同じ
行動パターンである。

③中国軍関係者は「日清戦争の敗北は」当時の清朝の腐敗体制、
李鴻章、袁世凱らの腐敗体質に責任を転嫁しているが、いまの中国
国家体制も同じでないのか。
いまだに中国の政治体制は「大清帝国」
から、日本側の犬養毅、宮崎滔天、玄洋社など自由民権運動家の
バックアップもありせっかく孫文の『辛亥革命』が成功したのに、
結局、非近代的な遅れた「共産党一党独裁国家」(世界中の多く
ある近代民主主義議会制国家ではない)に成り果ててしまった。
中国の経済面での世界一への躍進は「共産党一党独裁国家資本主義」
の結果であり、民間経済ではない。市民、国民の人権無視の上に築か
れていることを自覚せねばならない。

日清戦争120年の大キャンペーンによって、中国人民の眼を国内の矛盾、
腐敗、環境汚染。人権無視、貧困から目をそらせようとしている
もので、その100年遅れたインテリジェンスは噴飯ものである。

 

◎『中国で沸騰、「なぜ日清戦争に負けたのか?」

http://toyokeizai.net/articles/-/43760

 

 

◎『日清戦争開戦120年 海洋進出 中国強調

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014072602000113.html

 

 

◎『日清戦争120年:王明星氏「清の敗因は軍の分裂」

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/26/2014072600804.html

 

◎『甲午戦争120周年の記念イベントが北京で

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/25/201s224318.htm

 

 

●「腐敗のせいで戦争に負けた」…日本に奪われた
大砲展示した中国(1)

http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=188176&servcode=a00&sectcode=a30

 

 

 

日本リーダーパワー史(2) –「タイム」の表紙を飾った
最初の日本人は東郷平八郎

http://www.toshiyukimaesaka.com/wordpress/?p=2018

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「国難日本史の歴史復習問題」ー「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部の対応』◎『早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループ『湖月会』はどうしてできたか。』★『山座円次郎の外交力』

 「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(133)/記事再録★『大宰相・吉田茂首相と戦後憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない』★『1週間で戦後憲法を作った米国の超スピード主義』『憲法改正を70年間議論している超スローモーな日本沈没政治』

    2016/03/10 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(102)記事再録/『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『 明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 2017/03/16日本リーダーパワー史(780)記事転載 前坂俊之 …

no image
知的巨人の百歳学(134)ー昭和天皇(88歳)の健康長寿の秘訣はーその食事と健康法 <在位期間62年余で歴代天皇では最長の記録>

昭和天皇の長寿の秘訣は?  その食事と健康法は・・・   2 …

no image
日韓歴史コミュニケーションギャップの研究ー『竹島問題をめぐる』韓国側の不法占拠の抗議資料』★『竹島は日本にいつ返る、寛大ぶってはナメられる』(日本週報1954/2/25)

日韓歴史コミュニケーションギャップの研究ー 『竹島問題をめぐる』韓国側の不法占拠 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(125)日露戦争の勝利が日英米関係の転換となり、日米戦争の遠因となった。

終戦70年・日本敗戦史(125)                   <世田谷市 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(118)/記事再録☆『日本の歴代宰相で最強の総理大臣、外交家は一体誰でしょうか ?!』★『 (答え)英語の達人だった初代総理大臣・伊藤博文です』★『●明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の伊藤博文(同団副使)が英語でスピーチを行なった。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された』★『「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 伊藤博文 (天保十二年~明治四二年) …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(169)記事再録/『亀岡市レジ袋禁止条例ガンンバレ』★「30年間カヤック釣りバカ老人の鎌倉海定点観測」-『海を汚染、魚を死滅させる有毒マイクロプラスチックが食物連鎖で最終的に魚食民族・日本の食卓を直撃する』★『プラスチックを規制し、1人年40 枚にレジ袋を減らす規制をしたEU対1人が年300枚のレジ袋を使う日本はいまだ規制なし』

    2018/06/22 / 記事再 …

no image
イラク人道復興支援活動現地における取材に関する申し合わせ

1 2004、3,11 イラク復興支援にあたる自衛隊の現地取材について、日本新聞 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟締結交渉史のポイント」⑧『 聖断の日英同盟』●『機密の厳守は、国際交渉を成功させるための絶対必要条件」★『陸奥宗光は、改正案を伊藤首相に送った外、他には一切出さなかった。 これが条約改正の成功の秘訣』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟締結交渉史のポイント」⑧ …