前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(514)日清戦争120年①国際法を遵守して勝った日本、無視して完敗した中国、東郷平八郎の国際性

      2015/01/01

  

 日本リーダーパワー史(514


日中韓150年パーセプションギャップの研究-日清戦争120年①

◎『日清戦争(甲午戦争)から120年(7/24

中国では各地で盛大な記念イベントが開催されて

いるが、日本では全く何もされていない。

日清戦争の勝敗は国際法を遵守した日本が国際法

を無視した中国に完勝したのである。

高陞号事件で見せた東郷平八郎の「国際法遵守」

の徹底姿勢が『日本躍進の最初の一撃』となった。

120年後の中国は一体どうか。

相変わらず、習近平中国共産党は国際法を

無視して強引に『海洋進出』し、各国と対立しているが、
再び歴史的な失敗を繰り返すであろう.
 

 

             前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

①この落差の根底にあるのは中華思想の自己中心/尊大主義の中国と
被害妄想/恨の韓国。両国は日清戦争を契機に日本に侵略されたという
被害者意識強調する反日キャンペーンイベントを大々的に行っており、
歴史忘却病の日本は歴史の客観的な検証を持続する姿勢に乏しく
、中韓との摩擦をこれ以上おこしたくなくて黙っている
3国の歴史認識ギャップ/ネジレがまたネジレをより深くしている。

それは3国の民族性、民族思想によるギャップであり、ヨーロッパ各国
の歴史と比較しても、この解消にはさらに長年月が必要かもしれない。

➁日清戦争勃発のいきさつをみると、国際主義遵守をめぐる日中
の決定的な対立がある。豊島沖海戦の
高陞号事件(英国籍の貨物船
が清国の傭船となって、朝鮮に向けて1000人の兵士と大砲などを運搬
していた
高陞号を東郷平八郎艦長の「浪速」がだ捕しようとしたが、
中国兵が、英国船長を銃で脅してそれに応じなかったため、
退艦を命じた上に撃沈した事件
)で、国際法を無視した清国側と
国際法を遵守して撃沈した東郷平八郎の差である。
日清戦争では
日本側は国際法の学者を陸軍部隊に専属で配置して、戦線に従軍
させているのである。

③日清戦争から120年後の中国は真に近代化を遂げたのか。現在の習近平
中国共産党は
「中華民族の偉大な復興」をスローガンに尖閣列島問題、
ベトナム、フィリピンとも海洋の領有権をめぐって国際法を無視して、
海洋進出を強引に進めているが、日清戦争時の中国海軍と全く同じ
行動パターンである。

③中国軍関係者は「日清戦争の敗北は」当時の清朝の腐敗体制、
李鴻章、袁世凱らの腐敗体質に責任を転嫁しているが、いまの中国
国家体制も同じでないのか。
いまだに中国の政治体制は「大清帝国」
から、日本側の犬養毅、宮崎滔天、玄洋社など自由民権運動家の
バックアップもありせっかく孫文の『辛亥革命』が成功したのに、
結局、非近代的な遅れた「共産党一党独裁国家」(世界中の多く
ある近代民主主義議会制国家ではない)に成り果ててしまった。
中国の経済面での世界一への躍進は「共産党一党独裁国家資本主義」
の結果であり、民間経済ではない。市民、国民の人権無視の上に築か
れていることを自覚せねばならない。

日清戦争120年の大キャンペーンによって、中国人民の眼を国内の矛盾、
腐敗、環境汚染。人権無視、貧困から目をそらせようとしている
もので、その100年遅れたインテリジェンスは噴飯ものである。

 

◎『中国で沸騰、「なぜ日清戦争に負けたのか?」

http://toyokeizai.net/articles/-/43760

 

 

◎『日清戦争開戦120年 海洋進出 中国強調

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014072602000113.html

 

 

◎『日清戦争120年:王明星氏「清の敗因は軍の分裂」

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/26/2014072600804.html

 

◎『甲午戦争120周年の記念イベントが北京で

http://japanese.cri.cn/881/2014/07/25/201s224318.htm

 

 

●「腐敗のせいで戦争に負けた」…日本に奪われた
大砲展示した中国(1)

http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=188176&servcode=a00&sectcode=a30

 

 

 

日本リーダーパワー史(2) –「タイム」の表紙を飾った
最初の日本人は東郷平八郎

http://www.toshiyukimaesaka.com/wordpress/?p=2018

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(118)/記事再録☆『日本の歴代宰相で最強の総理大臣、外交家は一体誰でしょうか ?!』★『 (答え)英語の達人だった初代総理大臣・伊藤博文です』★『●明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の伊藤博文(同団副使)が英語でスピーチを行なった。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された』★『「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 伊藤博文 (天保十二年~明治四二年) …

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

  日本敗戦史(50) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『な …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』など外国紙が報道する120年前の『日中韓戦争史』➄ー『日清戦争の結果、朝鮮統治のむつかしさ』★『日本は朝鮮において,英国にとってのアイルランド問題に手を染めたようだ』

  2011年3月10日の記事再録 英紙『タイムズ』が報道する『日・中 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(78)記事再録/ ★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

    22016/09/19 /中北朝 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(49)記事再録/『明治天皇のリーダーシップ』(2) 大津事件で対ロシアとの重大危機・国難(日露戦争)を未然に防いだ 明治天皇のスピーディーな決断、実行力に学ぶ(下)

    2011/10/05 /日本リーダーパワー …

no image
世界/日本リーダーパワー史(963)ー2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか』②『米中貿易戦争は軍事衝突に発展する可能性はないのか?・』

 世界/日本リーダーパワー史(963) 米中貿易戦争は軍事衝突に発展す …

no image
日本リーダーパワー史(868)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(下)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州を攻撃する新聞ニュースを教えられ『日本が亡びる』と急きょ、帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起こした』★『ア―ネスト・サトウと共に奔走する』

  イギリスの公使に泣きつく   井上はなんという名だったか …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(106)記事再録<日本の最も長い決定的1週間> ●『東西冷戦の産物として生れた現行憲法』★『わずか1週間でGHQが作った憲法草案 ➂』★『30時間の憲法草案の日米翻訳戦争』

日本リーダーパワー史(357)                &nbs …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(22)記事再録/『辛亥革命から100年 ~孫文を助けた岡山県人たち~』(山陽新聞掲載)

  【紙面シリーズセミナー】 辛亥革命から100年 孫文を助けた岡山県 …