前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本メルトダウンの脱出は結局、無理か(558)「貿易赤字、半期で最大の7兆5984億円」『邦銀の巨額国債保有、アベノミクスの 「息切れ」要因

      2015/01/01

  

   日本メルトダウンの脱出は結局、無理か?(558

 

 

  木を見て森をみずという。人間、目前の小さなものは見えても、

大きなものは見えない。現在は見えても、510年先の未来は見えない。

現在の利益と食べることを最優先し、将来の死や滅亡に目をつぶる。

そうならないためにはもっともっと賢くならねばならない。

歴史的な教訓をいえば、日中戦争が泥沼に陥ったのに太平洋戦争

に無謀にも開戦(1941)し、その時に4年後の大敗北を

一体何人が予想したのか。

 

 

➁その点で、安倍外交は日中戦争から太平洋戦争への

転落の道を開いた近衛文麿首相の「中国政府を相手にせず」

の外交大失敗を再び繰り返している。アベノミクス」の第3の成長の矢は

折れた矢に終わった。

 

 

③日本の死に至る病』は超高齢化、少子化、人口減少の抜本的

解決策は①移民増、②出産増③福祉予算の削減をすぐやるし

かないが、相変わらずの「NATO」作戦!(ノット・アクション・トーク・オンリー)

 

 

1000兆円にのぼる国家債務(先進国中最悪)をどう減ら

していくかも、まともに論議せず、先送りし来年度も国債の大発行

で予算編成し、無駄な公共事業(新幹線の延長など)をばらまい

ている自民党のバカどもに、それでも「沈没中の日本丸」が大氷山の中、
衝突をさけながら操船している船長(首相)以下の船員だいう自覚はないのか。

目前の利益誘導しか頭にないのか。

 

 

⑤日本国債の暴落が迫っている。最近のロイター企業調査では、

回答した日本企業の47%が向こう10年以内に日本で南欧型の

債務危機が起きると予想している。円も株も暴落が刻々と迫っている。

 

 

●「貿易赤字、半期で最大の7兆5984億円」

http://www.yomiuri.co.jp/economy/
20140724-OYT1T50026.html?from=ytop_ylist

 

◎『恐ろしい貿易赤字拡大を冷静に、前向きに捉える法
数字に目くじらを立てるより、競争力向上に腐心せよ』

http://diamond.jp/articles/-/55696

 

◎『コラム:邦銀の巨額国債保有、アベノミクスの
「息切れ」要因に

http://jp.reuters.com/article/jp_
Abenomics/idJPKBN0FS06620140723

 

 

 

●「迫り来る日本経済の崩壊」(藤巻健史)

http://www.amazon.co.jp/%E8%BF%AB%E3%82%8A%E6%9D
%A5%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%
E6%B8%88%E3%81%AE%E5%B4%A9%E5%A3%8A-%E8%
97%A4%E5%B7%BB-%E5%81%A5%E5%8F%B2/dp/4344025
970/ref=sr_1_1/377-7266054-4753015?s=books&ie=UTF8
&qid=1406211806&sr=1-1

 

日銀による国債購入の約束は今年の12月まで。
買いをやめれば国債と円は暴落し、一気にハイパーインフレに
ドル資産を保有する者だけが生き延びる。

金利が上昇すれば、すべてがおしまい
国にどんなに資産があっても、財政は破綻する
いまの異常な低金利は長くは続かない
国債を大量発行しているのに、なぜ金利が上がらないのか
大手銀行がついに国債を減らし始めている
国債が暴落したらインフレが加速し、円も株も暴落する
資産を防衛するには米ドルが最適

 

●「日本豊かさ17位にダウン 国連の人間開発報告書


http://sankei.jp.msn.com/world/
news/140724/erp14072414220
009-n1.htm

 

 

◎『メルケル首相清華大学で講演、人権を提唱 中国メディア
は無視、歴史問題で日本批判の狙いも

http://www.epochtimes.jp/jp/2014/07/html/d95613.html

 

 

 

◎『本田圭佑「課題は3つ」…公式サイトで新シーズンへの決意表明

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2
014/hl?a=20140724-00214294-soccerk-socc

 

◎『朝日新聞社は722日、ユーザーと一緒にコンテンツを作る
双方向型ニュースサイト「withnews」の本格運用を始めた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/22/news133.html

 

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』「東芝不正会計問題、功罪残した西田流辣腕経営‏」ー今回の不祥事の元凶は西田氏にある

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』 東芝不正会計問題 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(83)『敦賀原発2号機、廃炉の運命(5・24)』●『廃炉の運命、鈴木原子力機構理事長辞任(5・20)』

 池田龍夫のマスコミ時評(83)   ◎『敦賀原発2号機、廃 …

no image
速報(47)『日本のメルトダウンを止める』<◎敗戦を自覚し、将来の日本の30年後をにらみリーダーを子供の時から養成する>

速報(47)『日本のメルトダウンを止める』 <◎敗戦を自覚し、将来の日本の20年 …

no image
速報(109)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報2本>『すでにチェルノブイリの3分の1相当の放射能が出て進行中』

速報(109)『日本のメルトダウン』 <小出裕章情報2本>『すでにチェルノブイリ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』<日馬富士暴行傷害事件の問題点>『急速な少子化、サッカー、野球などの他スポーツへの若者の傾斜、過酷な肉体労働の忌避など、乾坤一擲の策を講じても「日本人中心の相撲界」の将来性は相当厳しいのではと感じられます』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』  <F国際ビジ …

no image
日本メルトダウン脱出法(729)「中国発の世界的リセッションは起きるか?」(英FT紙)●「護憲派は自衛隊の災害救援活動には反対しないのかー「憲法違反」議論をよそに命がけで被災者救出

日本メルトダウン脱出法(729) 中国発の世界的リセッションは起きるか?ー減速感 …

no image
速報(159)『日本のメルトダウン』ー『すべての勝負は情報力・フリー・オープン・リッチコンテンツ』

速報(159)『日本のメルトダウン』   『すべての勝負は情報力・フリ …

no image
記事再録/日韓歴史認識ギャップの本人「伊藤博文」について、ドイツ人医師・ベルツの証言『伊藤公の個人的な思い出』

  2010/12/05 の 日本リーダーパワー史(107) …

no image
『F国際ビジネスマンのワールドウオッチ⑤』『携帯電話世界トップのノキアがその座をサムスンに明渡した歴史的事件』

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑤』 『携帯電話世界トップの座に …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(334)-『新型コロナウイルス/パンデミックの研究①-日本でのインフルエンザの流行の最初はいつか』★『鎖国日本に異国船が近づいてきた18世紀後半から19世紀前半(天明から天保)の江戸時代後期に持ち込まれた(立川昭二「病と人間の文化史」(新潮選書)』

  2020年4月22日                     前坂 …