前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(823)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊳『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任感➉』★『予は、全責任を自己一身に負担し、この責任を内閣にも、又参謀総長にも分たず、一身を国家に捧げる決心を以て熟慮考究の上、一策を案じ、着々これが実行を試みつつある。』

      2017/06/15

 日本リーダーパワー史(823)『明治裏面史』 ★

『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、

インテリジェンス㊳『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力と責任感➉』★

 

『国難来る!』との情勢に、敢然と立ちあがった児玉源太郎の『日露開戦までの4ゕ月』の獅子奮迅の活躍と根回し、そのインテリジェンスについて、前回まで詳述した。そこで、触れていなかったのは戦費の調達、金融財政問題なので、今回はこれについて書くことにする。

 この頃、日露開戦になった場合の財政問題について、心配する者は軍部でも少くなかった。明治36年10月16日、4日前に参謀次長についたばかりの児玉次長は、内相官邸へ参謀本部各部長を晩餐に招き、宴終ってから次のように談話をした。

 ロシアの圧迫は日に日に激しくなっている。

帝国たるもの一大決心を以て起つ時がきた。ロシアの地位よりしてわが国をみれば、海軍力においてはわが国が劣る。

しかし、陸軍力においては、ほぼ同等なりと信じるが、ロシアはわが国より劣ると信じるかはとにかく、兵力においては、ロシアは充分の勝算を信ずることはできないと自覚するだろう。

 

唯一の頼みは、ロシアの財力が、われにまさっている一事であろう。

ロンドンにおける日本公債の下落の如き、主としてロシアの謀略によってである。その手腕や実に驚くべきである。われわれにはほとんどなし得ないところで、たとえなし得ても、その真似事たるに過ぎない。

わが外交がいたずらに警告、抗議をするだけで、一つも方策のとるべきものがないのに、比べれば、露国の術策たるや感心すべきである。

そもそもロシアの今日、国土侵略を敢えてするのは、遠く三百年来の国是に由来しており、わが国にして武力を以て起つも(戦争を開始するのも)、一朝にしてその国定を放棄するとは思えない。両国の戦争は遂に避けられないのである。

 そして、帝国がこの戦争に費やすところ、これを一年間と見て8億円(当時の国家予算29000万円)と予定することが出来る。如何にしてこの軍費を調達すべきか。ロシアがのわが国を侮蔑するのは、つまりこの点にある。

我が国は弱点を凌ぐ工夫がなければならぬ。

予は、全責任を自己一身に負担し、この責任を内閣にも、又参謀総長にも分たず、一身を国家に捧げる決心を以て熟慮考究の上、一策を接じ、着々これが実行を試みつつある。

 

それは国内大会社、即ち郵船会社を始め、各汽船会社、鉄道会社等を説き勧め、各自進んで無償輸送をすること、これである。九州では石炭をロシアには売渡さない契約をしたと聞いた。

会社社長たちは、又大いに余の勧誘に賛同している。ただ株主の意向をどうするか気遣うのみである。固より政府は、輸送を無期限に無償で約束させようとするもものではない。一時支払いを延期するのみである。

戦争が止み、平和が回復するならば、少くとも通常配当以上の賠償をすることは政府の義務であろう。帝国にして万一敗戦すれば、各会社がたとえ、戦時に好配当ができても戦後の絶滅は免かれないであろう。

これを思えば、一時の支払延期の如きは忍ぶことが出来なくはない。このことを理解する者は、みな争って無償軍用に供するをことに甘んずるであろう。この方策が万一失敗すれば責任は余、一身にある。各部長はこのことを知らないことにしてもらいたい。

もって児玉次長の抱負と意気込みを見ることができよう。

(谷寿夫著「機密日露戦史」(原書房、1966年、76P)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(675)「都構想」住民投票否決! 大阪維新はなぜ失敗したのか」◎「米国への移民、典型は中国人学生と20代インド人」など7本

日本メルダウン脱出法(675) 「都構想」住民投票否決!大阪維新はなぜ失敗したの …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(28)-記事再録 2014/12/09 /安倍首相は「土光臨調」で示した田中角栄の最強のリーダーシップを見習えー『言葉よりも結果』

  2014/12/09 /日本リーダーパワー史(533) …

no image
速報(133)『日本のメルトダウン』★『野田政権は東電破綻処理を急げー巨額賠償請求の餌食』 『新首相を待ち受けるハワイAPECの罠? 』

速報(133)『日本のメルトダウン』   ★☆『野田政権は東電破綻処理 …

no image
日本リーダーパワー史(283)大隈重信の伊藤博文論―『外交手腕のない国内政治家は第一流の政治家ではない』

日本リーダーパワー史(283)   <伊藤博文のリーダーシップー 世界 …

no image
日本リーダーパワー史(636)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29) 『川上操六の日清戦争インテリジェンス② 『広島大本営」設置と「ワンボイス」で陸海軍を指揮したリーダーシップと決断力「山県有朋を解任」

日本リーダーパワー史(636) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(29)   …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(672)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(54)「日清、日露戦争勝利の陰で川上操六、田村怡与造、児玉源太郎と三代歴代参謀総長(次長)はそろって日本救国のために殉職(過労死)した。

 日本リーダーパワー史(672) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(54)   …

no image
片野勧の衝撃レポート(42) 太平洋戦争とフクシマ⑮悲劇はなぜ繰り返されるのか「ビキニ水爆と原発被災<中>(15)

   片野勧の衝撃レポート(42) 太平洋戦争とフクシマ⑮ …

no image
日本リーダーパワー史(106)伊藤博文③エピソード、女に殺された日本一の宰相

日本リーダーパワー史(106) 伊藤博文③エピソード、女に殺された宰相      …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦『「北朝鮮を容赦しない」と一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」』★『ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」』★『米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及「厳しい」戦闘に備え』★『中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え』

 『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦ トランプ米大統領は1月30日、就任後初と …

no image
速報(403)『太陽電池の世界最大手サンテック子会社倒産』『産業政策ではなく競争=楽天社長』『日本TPP参加の中国見方

速報(403)『日本のメルトダウン』   ◎『太陽電池の世界最大手「サ …