前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目ー◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ストップがやっと実現。』(動画ビデオ)

   

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目
『菅首相よくやった!ー浜岡原発ストップがやっと実現ー
ー原発推進を新エネルギに大転換せよー
                  
                                                                      前坂 俊之(ジャーナリスト)

●必見ビデオー『広河隆一講演ビデオ』を一挙公開

       『チェルブイリ』50回取材の広河隆一氏の福島原発報告
http://www.youtube.com/watch?v=TfMls4aHqAk&feature=related
   広河隆一氏の語る-福島とチェルノブイリの比較原発事故論
http://www.youtube.com/watch?v=0aym7FYg2l4&feature=related
   一目でわかる福島原発(チェルノブイリ)を広河隆一氏が語る③
h
ttp://www.youtube.com/watch?v=_rBSTq3BiiI&feature=related
    福島とチェルノブイリとの避難、被害、医療の比較ー広河隆一語る④
http://www.youtube.com/watch?v=mJu5GmMhFyQ
   広河隆一講演会『浜岡原発を即ストップせよ』がついに実現
http://www.youtube.com/watch?v=gFRrk3hxKvQ

広河隆一氏の講演概要
   4月30日にメディア総合研究所主催の「原発事故とメディア」の「緊急シンポジューム」が都内で開かれた。
フォトジャーナリスト・広河隆一氏が『チェルブイリ25年、福島原発元年』と題して講演(1時間)した。今回の事故のあとに、被ばく地域がどのようになっていくのかー日本で一番によく知っているのがチェルノブイに50回も取材にいった広河氏である。政府も東電も国民も
『チェルブイリの被害』から徹底して学ぶために、広河氏の話しを聞き、対策を早急に立てる必要がある。

広河さんの講演のポイントは

        ① 発生時のNHK,民放などの保安院の発表のそのままの追認は報道の基本に反する
② 『直ちに健康に影響しない』「念のための避難という」誤りが住民を混乱させた。

③ 福島原発事故はチェルノブイリの10分の1という放射線量(政府発表)ならば、広島原爆の50個分に相当する。

④ チエルブイリ原発ででた放射能は広島型原爆の500個分である。福島はこの10分の1なので小さいと政府は口をそろえるが、
10分の1としても50個分の広島原爆が爆発­したことになる。

チェルノブイリは1個の原子炉のメルトダウンだが、福島は4機もあり、使用済みなどの核燃料棒が3000本以上もプールにあって、いずれも完全に制御でき­る状態になっておらず、今後の地震、台風によってどうなるか分からない。


⑤ 
浜岡原発を即ストップせよ』―菅首相が5月6日に中部電力に原発停止を要請した。

この理由は広河氏も強調されているが

       ① 浜岡原発は世界一危険な場所に立地した原発である。
② 広瀬隆が今回の地震、原発事故を予測して書いた『原子炉時限爆弾』(2010、ダイヤモンド社)は浜岡原発をさしている。この本を読んで、福島原発事故で被ばくした日本人で、浜岡原発がこのままでいいと思う人間はいない。

        ③ 浜岡原発は『地震列島』の日本の中でも最も危険な太平洋プレート、フリピンプレート、ユーラシアプレートが一点に交差する地震断層の真上に位置する。
④ しかも遠浅の砂浜からわずか100mも離れておらず、海抜ゼロmに近い。原子炉の地盤はもちろん岩盤ではなく、砂地の軟弱地盤の上で、手で土を握るとボロボロ落ちるくらいの柔らかさ。液状化し大津波に襲われればひとたまりもない。

     ⑤ 過去1400年の歴史をみると、『東海地震』「南海地震」はほぼ100年から250年間隔で周期的に襲ってくることが分かる。政府の地震調査研究
推進本部は「今後30年間にマグニチュード(M)8クラスの東海地震が起きる確率は87%」と予測(08年)と警告している。

この「明日かもしれぬ」巨大地震が起これば、浜岡原発は日本民族が絶滅する可能性もある大惨事を引き起こすことは間違いない。ところが、『日本を救うために』直ちに行動を、キャンペーンを張るべきメディアではっきりと『浜岡原発をとめろ』と主張しているのは毎日新聞・山田孝男記者だけであった。メディアの責任は重い。
 
『復興には電気が欠かせない』『日本経済を守れ』というために、浜岡原発の危険運転に目をつぶて、日本民族が滅びてしまってもよいのか。思考停止をやめて、今こそ正常な価値判断に帰るべきである。これがやっと菅首相も認めた。菅首相よがんばれ。

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

1111
「老いぼれ記者魂ー青山学院春木教授事件四十五年目の結末」(早瀬圭一、幻戯書房)ー「人生の哀歓が胸迫る事件記者の傑作ノンフィクション!』

  「老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末」 (早瀬 …

no image
速報(288)『高浜1号圧力容器脆性遷移温度が95度になった意味 小出裕章(MBS)』●『東日本2500万人移住、日本崩壊の4号機を」

速報(288)『日本のメルトダウン』 ●『4月25日高浜1号圧力容器脆性遷移温度 …

no image
<日中韓三国志・新聞資料編>『韓国併合』(1910年)を外国新聞はどう報道したか①』<『北朝鮮問題』を考える参考記事>

<日中韓三国志・新聞資料編>   『韓国併合』(1910年)を外国新聞 …

no image
日本リーダーパワー史(849)-『安倍首相の「国難突破解散」は吉と出るか、凶と出るか、いずれにしても「備えあれば憂いなし」③ 』★『戦後の日本人は「最悪に備える」態度を全く失ってしまった。』★『「ガラパゴスジャパン」(鎖国的、伝統的、非科学的、非合理的な日本思考)から脱さなければ、未来(希望)の扉は開けない』★『明治維新、倒幕の原因の1つとなった宝暦治水事件』

日本リーダーパワー史(849)  安倍首相の「国難突破解散」の判断は吉と出るか、 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(123)/記事再録★『ニューヨークタイムズが報道した日韓150年戦争史』☆1895(明治28)年1月20日付『ニューヨーク・タイムズ』 ー 『朝鮮の暴動激化―東学党,各地の村で放火,住民殺害,税務官ら焼き殺される。朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は反乱鎮圧にあたる見込』(ソウル(朝鮮)12/12)

    2019/07/04 &nbsp …

no image
日本メルトダウン脱出法(784)「ザッカーバーグの「巨額寄付」は美談ではない、寄付の枠組みを知れば、真の狙い」が分かる」●「ロシアとトルコ 撃墜事件でよみがえる500年来の対立の歴史」●「ドイツはなぜ難民受け入れに積極的なのか?」

 日本メルトダウン脱出法(784) http://toyokeizai.net/

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊺』3/11 『NYT』 Fukushima’s Continuing Tragedy ー福島の継続する悲劇

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊺』 &nbsp …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑯ 『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑯     『日本の最も長い日―日本 …

no image
日本一の「徳川時代」授業②福沢諭吉が語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造の実態」(「旧藩情」)②

  日本一の「徳川時代の日本史」授業②   「門閥制度は親の …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップと先見性、国難突破力』 ①『(1945年敗戦)「この敗戦必ずしも悪からず」と勇気と今後の戦略を提示したその国難突破力』★『 (外交の鉄則)「およそ列国間の関係に百年の友なく 又、百年の敵なし、 今日の敵を転じて明日の友となすこと必ずしも 難(むつかし)からず』

2016年2月10日/日本リーダーパワー史(665) 『昭和の大宰相・吉田茂のリ …