前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目ー◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ストップがやっと実現。』(動画ビデオ)

   

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目
『菅首相よくやった!ー浜岡原発ストップがやっと実現ー
ー原発推進を新エネルギに大転換せよー
                  
                                                                      前坂 俊之(ジャーナリスト)

●必見ビデオー『広河隆一講演ビデオ』を一挙公開

       『チェルブイリ』50回取材の広河隆一氏の福島原発報告
http://www.youtube.com/watch?v=TfMls4aHqAk&feature=related
   広河隆一氏の語る-福島とチェルノブイリの比較原発事故論
http://www.youtube.com/watch?v=0aym7FYg2l4&feature=related
   一目でわかる福島原発(チェルノブイリ)を広河隆一氏が語る③
h
ttp://www.youtube.com/watch?v=_rBSTq3BiiI&feature=related
    福島とチェルノブイリとの避難、被害、医療の比較ー広河隆一語る④
http://www.youtube.com/watch?v=mJu5GmMhFyQ
   広河隆一講演会『浜岡原発を即ストップせよ』がついに実現
http://www.youtube.com/watch?v=gFRrk3hxKvQ

広河隆一氏の講演概要
   4月30日にメディア総合研究所主催の「原発事故とメディア」の「緊急シンポジューム」が都内で開かれた。
フォトジャーナリスト・広河隆一氏が『チェルブイリ25年、福島原発元年』と題して講演(1時間)した。今回の事故のあとに、被ばく地域がどのようになっていくのかー日本で一番によく知っているのがチェルノブイに50回も取材にいった広河氏である。政府も東電も国民も
『チェルブイリの被害』から徹底して学ぶために、広河氏の話しを聞き、対策を早急に立てる必要がある。

広河さんの講演のポイントは

        ① 発生時のNHK,民放などの保安院の発表のそのままの追認は報道の基本に反する
② 『直ちに健康に影響しない』「念のための避難という」誤りが住民を混乱させた。

③ 福島原発事故はチェルノブイリの10分の1という放射線量(政府発表)ならば、広島原爆の50個分に相当する。

④ チエルブイリ原発ででた放射能は広島型原爆の500個分である。福島はこの10分の1なので小さいと政府は口をそろえるが、
10分の1としても50個分の広島原爆が爆発­したことになる。

チェルノブイリは1個の原子炉のメルトダウンだが、福島は4機もあり、使用済みなどの核燃料棒が3000本以上もプールにあって、いずれも完全に制御でき­る状態になっておらず、今後の地震、台風によってどうなるか分からない。


⑤ 
浜岡原発を即ストップせよ』―菅首相が5月6日に中部電力に原発停止を要請した。

この理由は広河氏も強調されているが

       ① 浜岡原発は世界一危険な場所に立地した原発である。
② 広瀬隆が今回の地震、原発事故を予測して書いた『原子炉時限爆弾』(2010、ダイヤモンド社)は浜岡原発をさしている。この本を読んで、福島原発事故で被ばくした日本人で、浜岡原発がこのままでいいと思う人間はいない。

        ③ 浜岡原発は『地震列島』の日本の中でも最も危険な太平洋プレート、フリピンプレート、ユーラシアプレートが一点に交差する地震断層の真上に位置する。
④ しかも遠浅の砂浜からわずか100mも離れておらず、海抜ゼロmに近い。原子炉の地盤はもちろん岩盤ではなく、砂地の軟弱地盤の上で、手で土を握るとボロボロ落ちるくらいの柔らかさ。液状化し大津波に襲われればひとたまりもない。

     ⑤ 過去1400年の歴史をみると、『東海地震』「南海地震」はほぼ100年から250年間隔で周期的に襲ってくることが分かる。政府の地震調査研究
推進本部は「今後30年間にマグニチュード(M)8クラスの東海地震が起きる確率は87%」と予測(08年)と警告している。

この「明日かもしれぬ」巨大地震が起これば、浜岡原発は日本民族が絶滅する可能性もある大惨事を引き起こすことは間違いない。ところが、『日本を救うために』直ちに行動を、キャンペーンを張るべきメディアではっきりと『浜岡原発をとめろ』と主張しているのは毎日新聞・山田孝男記者だけであった。メディアの責任は重い。
 
『復興には電気が欠かせない』『日本経済を守れ』というために、浜岡原発の危険運転に目をつぶて、日本民族が滅びてしまってもよいのか。思考停止をやめて、今こそ正常な価値判断に帰るべきである。これがやっと菅首相も認めた。菅首相よがんばれ。

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『美しく老いた女性講座/作家・宇野千代(98歳)研究』★『明治の女性ながら、何ものにもとらわれず、自主独立の精神で、いつまでも美しく自由奔放に恋愛に文学に精一杯生きた華麗なる作家人生』『可愛らしく生きぬいた私の長寿文学10訓』

    2019/12/06 記事再録  …

no image
オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米大統領選挙とサイバー戦争』★『強いものが生き残るのではなく、状況に適応したものが生き残る。『適者生存の原則』(ダーウイーンの法則)を見るまでもなく、米国のオープンソース・オープンシステムには復元力、状況適応力、自由多様性の組み込みソフトが内蔵されているが、3千年の歴史を自尊する中国の旧弊な秘密主義システム(中華思想)にはそれがない』(6月15日)

      米大統領選挙と「サイバー戦争」  前坂 俊之(ジャーナリスト)    …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(293)ー『凶刃に倒れた日本最強の宰相・原敬の清貧の生活、非業の死、遺書、日記』★『原敬暗殺の真相はー「お前は「腹を切れ」といわれたのを、「原を切れ」と勘違いした凶行だった」』

        2012/08/12 /日本リーダーパワー史 …

no image
日本メルトダウン脱出法(804)「財政破綻のきっかけを暗示する4つの指標」●「結局、借金大国日本は財政破綻を迎えるのか」 ●「テレビCMの終わりは近いのか?」

 日本メルトダウン脱出法(804)   財政破綻のきっかけを暗示する4 …

no image
速報(423)『日本のメルトダウン』●『中国と津波で気力を取り戻した日本』◎『日本の公的債務、財政再建は置き去り』

  速報(423)『日本のメルトダウン』  &nb …

『Z世代のための最強の日本リーダーシップ研究講座㊴』★『日本、ロシアの軍艦比率は1対2』★『ドッガーバンク事件を起こしたバルチック艦隊』★『児玉源太郎のインテリジェンス・海底ケーブル戦争』

●日本、ロシアの軍艦比率は1対2 (写真は逗子海岸でワカメが砂浜に打ち上げられて …

日本リーダーパワー史(542)サッカーアジア杯敗北とイスラム国人質事件で『死に至る日本病』を考える➁

  日本リーダーパワー史(542) ①サッカーアジアカップの準々決勝U …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(46)●『普天間飛行場・固定化」を危惧―★急浮上の「グアム先行移転」計画―』

池田龍夫のマスコミ時評(46)   ●『普天間飛行場・固定化」を危惧― …

no image
日本リーダーパワー史(528)安倍首相は国難突破(ナローパス)に成功するか、 失敗するか瀬戸際にある。

    日本リーダーパワー史(528) &nbsp …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑤ー1903(明治36)年3月l日、光緒29年葵卯2月3日『申報』 『アジア情勢論』『ロシアと日本、互いに憎み合う』

    『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑤   1903(明治 …