前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1つとなった東学党の乱についての現地レポート』(イザベラ・バード著「朝鮮紀行」より)

   

まとめ「東学党の乱について」各新聞の報道

イザベラ・バード著、時岡敬子訳「朝鮮紀行」(講談社学術文庫、1998年より)

「朝鮮南部の反乱(東学党)は首都の不安をかきたてていた。もっとスケールは小さいものの、このよぅな動きは朝鮮半島では毎年春になると見られるできごとではある。

二、三の地方で官僚による搾取に怒った農民が蜂起し、多かれ少なかれ暴力を用いて(死者が出ることもある)気に入らない役人を追い払ってしまうのである。

処罰はめったに行われない。国王はべつの官僚を送り、あらたなその役人はまた農民から搾取し、搾取ががまんの限度を越えると実力行使で追い払われ、ふたたびふりだしにもどる。

この東学(「東洋」または「国家主義」の意)党の乱はさらに重大な問題が生じたために見落とされがちではあるが、ソウルその他の都市部においても多数の支持者を得るほど広範に組織された、とても重要な運動だった。

きわめて明確で正当な目標を掲げており、わたしなど最初はその主導者たちを「逆徒」ではなく「武装改革者」と呼びそうになったほどである。この時点において、王権に関してはなんら問題はなかった。

東学党の檄文は国王への忠誠を敬語を用いてあらわし、ついで苦情をきわめて穏健なことばで述べ、つぎのことを忌憚なく主張している。」(232P)

朝鮮宮廷の腐敗した政治、行政の実態

➀朝鮮の官僚は私利私欲のために、民衆を苦しめている悪事についてのニュースや報告をいっさい国王の耳に入れていないこと。

②中央政府大臣、道知事、部守らは国の繁栄にはまったく無関心であり、私腹を肥やすことにばかり一生懸命で、彼らの収奪行為を取り締まるすべはなにもないこと。

③(官僚生活への唯一(道である)科挙試験は贈収賄、取引き、売買の場以外のなにものでもなく、文官としての適性をみるための試験ではもはやないこと。

④官僚たちは急速に累積しっつある国の負債にはわれ関せずであること。彼らは「倣慢で、虚栄心がつよく、姦通にふけり、貪欲である」こと。

⑤地方官職を任ぜられた役人の多くがソウルに住んでいること。そして「平和時には媚びへつらい、有事の際には逃げだして任務にそむく」こと。

そこには改革の必要性がつよく訴えられていた。外国人に対する敵意をあらわしたような箇所はひとつもなく、この檄文が外国人への敵意を念頭において書かれたものとは思えなかった。

東学党の乱の首謀者とその信奉者たちは、当初は旧式の刀と槍でしか武装していなかったものの、政府の武器庫と敗れた政府軍から奪ったライフル銃を所持するようになっていた。

流言輩語が飛びかったが、なかには事実らしいものもあった。それは、国王が東学党鎮圧のために数百人の兵士を送り、その指揮官が途中で三〇〇名の人員を徴兵して武装させた、ところが交戦中にその三〇〇名が「逆徒」に寝返り、政府軍兵士三〇〇名が殺された、そしてその指揮官は行方不明だというものである。

これにつづいて政府軍が数カ所で敗北し、重要地方官数人が免職され、東学軍がソウルに向かってきているといううわさが流れて、緊迫感はいっきに高まり、国王はソウル脱出を覚悟していると巷ではささやかれた。」(232-233P)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の

「日清戦争開戦論」を読む』(7)

「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●

東学党の乱の拡大について、社説『速(すみやか)に出兵すべし』、『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』で福沢一流の文武に通じた鋭い戦略論を展開している。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23490.html

日中北朝鮮150年戦争史(16)日清戦争の発端ー日本最強の陸奥宗光の外交力⑨甲午農民戦争(東学党の乱)はなぜ起こったのか。『閔族一派専横の時代』の内政の腐敗、紊乱、貪官汚吏の収賄,苛斂誅求に対する百姓一揆だった。

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/18578.html

終戦70年・日本敗戦史(119)

 <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月24日  前坂俊之 

◎『太平洋戦争と新聞報道を考える』<日本はなぜ無謀な戦争をしたのか、どこに問題があったのか、500年の世界戦争史の中で考える>⑥ http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/8766.html

 

クイズ『坂の上の雲』(資料) 『ニューヨーク・タイムズ』の『日・中・韓』三国志⑤1895(明治28)年1月20日付<朝鮮の暴動激化―東学党、各地の村で放火、住民殺害、税務官ら焼き殺される。
朝鮮王朝が行政改革を行えば、日本は反乱鎮圧にあたる見込―ソウル(朝鮮)12月12日>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3270.html

日本リーダーパワー史(632)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(25)   『川上操六参謀次長と日清貿易研究所設立の荒尾精③<日清戦争勝利の秘密―清国兵出兵の第一報をもたらした鐘崎三郎の活躍>

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/13032.htm

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(583)●『アベノミクスの挫折で深まる安倍政権の危機 」●「ジャパン・クライシス」が迫っている」

   日本メルトダウン脱出法(583)   &nb …

no image
世界/日本リーダーパワー史(901)米朝会談への参考記事再掲ー『1993、94年にかけての北朝鮮の寧辺核施設疑惑でIAEAの「特別査察」を拒否した北朝鮮がNPT(核拡散防止条約)を脱退したのがすべての始まり』★『米軍はF-117戦闘機で寧辺の「核施設」をピンポイント爆撃し、精密誘導爆弾で原子炉を破壊する作戦を立案した』

2009/02/10掲載 有事法制とジャーナリズム-1993年の北朝鮮核疑惑から …

no image
日本リーダーパワー史(97)川上操六⑮ 日露戦争勝利の参謀本部スタッフ-勝つと断言する

日本リーダーパワー史(97) 川上操六⑮ 日露戦争のための参謀本部スタッフ    …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑲』「IIJ社長に勝・前財務次官 消費増税で手腕 」◎「知らない無人機攻撃の怖さ」

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑲』   ◎「II …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 日本興亡150年史』(2)

★◎『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー 『リーダー不在の―日本興亡1 …

no image
片野勧の衝撃レポート(48)太平洋戦争とフクシマ(23『なぜ悲劇は繰り返されるのかー 沖縄戦と原発(上) 

片野勧の衝撃レポート(48)  太平洋戦争とフクシマ(23)     『なぜ悲劇 …

no image
片野勧の衝撃レポート(66)「戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実」「平和利用原発なくして経済発展なし今なお、解除されていない緊急事態宣言(上)」

片野勧の衝撃レポート(66) 「戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印さ …

default
第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動制御システム研究所・野波健蔵社長の世界初の 「ビジョンを用いた非GPS環境下の自立飛行」のデモ実験(動画15分)

日本・世界最先端「見える化」チャンネル 第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動 …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>「6/8付『エルサレム・ポスト紙(6/8)のキャロライン・グリック女史副編集長の”カタール紛争を 取り巻く諸情勢”に関する分析記事は目からウロコ』★『現カタール首長に反旗を翻すどの様な動きも、イランとの開戦の公算を強める。 』●『エジプトとサウジアラビアがカタールを攻撃するならば、NATO同盟国のトルコとアラブの同盟国が戦争状態になる危険が増幅する』

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(211)>   。『Qat …

no image
NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(8)『安田(善次郎)は刀で、俺は女の筆で殺された』「東京日日(現毎日)」

 NHK「花子とアン」のもう1人の主人公・柳原白蓮事件(8) 伊藤伝右 …