前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●東学党の乱に対して『速(すみやか)に出兵すべし』★『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』★『念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、 意を用いるは当然のことだが、あまり念入りに過ぎては,かえって時機を失い、 折角の用意も実用をなさずして徒労に帰して、失敗を招く』(教訓)『兵は拙速を貴ぶ』

      2017/02/28

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)

「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●

 

東学党の乱の拡大について、社説『速(すみやか)に出兵すべし』『計画の密ならんよりも、

着手の迅速を願う』で福沢一流の文武に通じた鋭い戦略論を展開している。

 

『速(すみやか)に出兵すべし』』(「時事新報」明治27年6月5日付〕 

近報によれば朝鮮東学党の騒動はいよいよ甚だしく、次第に京城(ソウル)に近寄るの勢にして、朝鮮政府の狼狽一方ならざるよし。

右に就ては目下帰朝中の大鳥公使も至急彼地に赴く可しと云ふ。その騒動は単に朝鮮の内乱として認む可らず。事の次第に由りては日清両国間の関係ともなりて、東洋問題を惹起すに至るの結果も図る可らず。

此際公使の帰任は素より必要なれども、これは外交政略上の事にして人民の敢て容喙す可き限りに非ず。我輩は日清の関係に関せず、東洋の問題を問はず、唯、目下の急として彼の国に在る我居留人民の生命財産を保護せんことを願ふのみ。

彼の乱民の乱暴なる、日本人に対して如何なる危害を

加ふるやも知る可らざるは申す迄もなく

彼の政府の官兵とても等しく乱暴の徒にして

、官民共に兵と云へば兵なれどもその実は

無頼漢に兇器を授けたるものなり。

賊勢の猖獗(しょうけつ、いきおい)、官兵の跋扈(ばっこ)、甚だ危険の至りにして、其中に生命財産を托する我居留人民の不安心この上もなせ次第なれば、何は兎もあれ速に相常の実力を用意して、保護の手段を取らざる可らず。

或は兵隊を徴するには天津條約の談もある可きなれども、我輩の今日に急なるは唯、人民保護のためのみにして、他に狭む所のものあるに非ず。仮令へ兵を送ればとて真実の保護に必要なる教を限ることなれば、支那政府に於ても一応の通知を得た

る上は必ず嫌忌の念もなかる可しと信ずる者なり。 

 〔六月五日〕

 ----------------------------------

   『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』(「時事新報」明治27年6月6日付〕 

朝鮮東学党の乱はその影響を我国にまで及ぼして、既に廟議に上りたる上は、之を目して単に隣国の一揆内乱のみと云ふ可らず。

事と品に由りでは日本帝国の栄辱にも関係す可きことなれば、我輩は固よりこの廟議に付て喙を容れんとするにあらず、又、或は多少洩れ聞く所のものあるも之を公けにせんとするにあらず、

専ら新聞紙紙上の徳義を重んじて政機の機密を守り、以て当局者の外交政略を自由自在ならしめんと欲する者なれども、事の全体を眺めて敢て忠言を試みんとすれば、自から亦言ふべきものなきに非ず。

何ぞや。云く、今回の事につては都で計画の綿密ならんよりも、寧ろ着手の迅速ならんことを願ふの一事なり。

 

人間、万事、念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、

意を用るは当然のことなれども、あまり念入りに過ぎて却て時機を失ひ、

折角の用意も実用をなさずして徒労に

属するのみか、反対の失敗を招くことなきにあらず。

往年徳川政府の初、天草騒動のときに、寄手の大将が陣中に号令して万一の時には半鐘を撞く可しと約束し、この半鐘を容易に鳴らす者ありては一大事なりとて、外面を莚(むしろ)に包みたるは至極念入りたることなりしが、その後一日火急のときに例の半鐘を鳴さんとして、むしろ包みの巌重なるがため印刻の間に合はず、速に軍機を誤りたりとの談あり。

最上の念入りも時として大に誤るの事実を見る可し。

近東我国の進歩は驚く可き次第にして、政事なり、軍事なり、一切万事規律を重ん

じて、一事一物も規律の外に逸するを得せしめず。実に祝す可きことにして、斯くありてこそ文明の名にはじず、

又、実際に事もあげる可きなれども、又一方より大胆に構え.変通の眼を開いて見るときは、急に臨んで多少規律外の処置を許し、着手を速にして実効を収るの利益を忘る可らず。(中略)

今回の朝鮮事件については政府の議、既に熟して万般の準備遣る所なかる可し。我輩の喋々す可き限りに非ざれども、唯その準備の余り鄭重にして念入りに過ることはなかる可きやと稀に掛念に堪へず。

尋常一様の場合なれば用心に用心とこそ注意す可きところを、大胆迅速など云ふは、近頃奇なるに似たれども、之を近年来の事例に徹し、又目下の情勢に照らして一片の婆心自から禁ずる能はず、敢て贅言を試るのみ。              

  〔六月六日〕

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(479)「原子力発電所の安全対策」泉田裕彦◎「林芳正農相の「TPPと農業問題」●「少子化対策」(鈴木英敬)の動画会見

   速報「日本のメルトダウン」(479) <日本の最 …

no image
高杉晋吾レポート⑬「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ー 元国交省エリート、宮本博司がダム反対に変ったのは?(下)

高杉晋吾レポート⑬     ダム推進バリバリの元国交省エリー …

no image
★『リーダーシップの日本近現代史』(76)記事再録/ 『明治最大の奇人とは『西郷隆盛の弟・西郷従道です』★『日本海軍の父・山本権兵衛を縦横無尽に 活躍させた底抜けの大度量、抱腹絶倒の大巨人で超面白い!』(1)

    2018/02/24日本リーダーパワー史( …

no image
日本メルトダウン脱出法(589)『アベノミクスの挫折で深まる安倍政権の危機』「人口が急増する世界、日本が選ぶべき針路」

   日本メルトダウン脱出法(589)   &nb …

no image
速報(164)『日本のメルトダウン』ー『グロバリゼイションで沈没して貧乏日本へ』『TTP不参加で、2025年には韓国に抜かれる!?」

速報(164)『日本のメルトダウン』   『グロバリゼイションで沈没し …

default
『日本史決定的瞬間の現場を歩く』★『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤博文、山県有朋、桂太郎首相、小村寿太郎外相の4巨頭に児玉源太郎内相、杉山茂丸の6者で『日露戦争を辞せず』と決定した。

★『日本史の決定的瞬間』★ 『明治36年4月21日、京都「無隣庵」での伊藤、山県 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(335)『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教えー『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

    2012/10/22 &nbsp …

no image
大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解く④死刑・冤罪・誤判事件ー30年変わらぬ刑事裁判の体質②

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を読み解くために④   裁判官・検事・弁 …

no image
 日本リーダーパワー史(798)ー「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑭『ロシアの韓国侵攻に対しての第一回御前会議に提出された小村外相の対霧交渉意見書全文』★『現在進行中の北朝鮮暴走と110年前の日露戦争前の軍事侵攻は類似パターン』

  日本リーダーパワー史(798)ー 「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリー …

no image
終戦70年・日本敗戦史(121)日清戦争1ヵ月前の新聞報道を読む④「清国流の詐術にひっかかるな」と国民新聞は主張

終戦70年・日本敗戦史(121)                   <世田谷市 …