前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(309)★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)ほか

   

速報(309)『日本のメルトダウン』
 
 ★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』(英エコノミス誌)

★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)
◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
   《ウオールストリートジャーナル>など7本

              前坂俊之(ジャーナリスト)
★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35424
☆『スペイン救済計画に疑念の声』
(2012年6月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35428
 ★『沈みゆく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35421
●【オピニオン】アラスカの天然ガス、日本に輸出すべき』
《ウオールストリートジャーナル>2012年 6月 11日  17:43 JST

http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_458520?google_editors_picks=true

◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
·         ――東電は廃炉・解体に向けて作業を進めているが、さらに投入すべき技術や機械などはあるか。
·         ロングスワース氏 段階としては、汚染拡大防止のために緊急措置を講じる時期は終わり、より体系的なアプローチをする第2段階に入ったと思う。米国が、何十年にも及ぶ廃炉の経験から学んだことは、技術よりもプロジェクトやプロジェクトマネージメント(計画管理)ツールによって、お金をもっと節約できるという点だ。作業をどのように管理し、組織化するかである。  米国企業の多くが、自分たちをグローバルな原子力コミュニティーの一員だと認識している。日本に手を差し伸べ、第1原発のクリーンアップを手伝うべきだという責務を感じているのだ。
 
【津山恵子の欧州最新ルポ】日本情報専門紙やマンガ―高いフランス人の日本への関心
 
『暫定的でない原発再稼働、性急過ぎる決断に懸念』
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

aaaa
日本の最先端技術『見える化』チャンネル★5『TOKYO GAME SHOW 2016』(『東京ゲームショウ2016』(9/15-18)の全ブースを動画紹介、SHOW UP!②

 日本の最先端技術『見える化』チャンネル 『東京ゲームショウ2016』(9/15 …

no image
速報(261)『ベトナムの原子力発電への夢は様々な疑問があるにも拘らず花開きつつある』「ニューヨーク・タイムズ」(3/1)

速報(261)『日本のメルトダウン』   ★『ベトナムの原子力発電への …

no image
  片野 勧の衝撃レポート③「戦争と平和」の戦後史(1945~1949)➁『占領下の言論弾圧ー① ■検閲されていた日本の新聞、放送、出版、広告』★『業務停止を命じられた同盟通信』

   片野 勧の衝撃レポート③ 「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)③ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(22)記事再録/『辛亥革命から100年 ~孫文を助けた岡山県人たち~』(山陽新聞掲載)

  【紙面シリーズセミナー】 辛亥革命から100年 孫文を助けた岡山県 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑴」(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか①

  日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起こったか 今から2年前20 …

no image
日本敗戦史(50)マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『なぜ日本は敗れたのか』②リーダー不足と力量不足

  日本敗戦史(50) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る 『な …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(95)記事再録/『戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)』★『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

    2018/06/27 の記事再録 書評『記 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(894 )ー『米朝会談前に米国大波乱、トランプの狂気、乱心で「お前はクビだ」を連発、国務省内の重要ポストは空っぽに、そしてベテラン外交官はだれもいなくなった。やばいよ!②」

 世界/日本リーダーパワー史(894) トランプ政権の北朝鮮専門家、広報部長、ス …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』-『日露戦争の行方はロシアは敗北する可能性を予測』★『ロシアのアジアへの「氷河的進出」には敬意を表するとしても,氷河すら朝鮮を大陸から隔てる山脈には阻まれるのであり,対日戦の必然的な目的である朝鮮征服にロシアはあらゆる不利な条件下で臨むことになろう。』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月 …

no image
『 地球の未来/世界の明日はどうなる』-『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤『“認知症疑惑”が晴れてもなお残る、トランプ大統領の精神状態に対する懸念』★『トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?』★『レーガン元大統領、在任時に認知症の兆候 息子が主張』★『ブッシュ政権酔態、飲酒再開?プレッシャーに負けた 20代から深酒、乱闘で逮捕歴も 』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑤ 大統領1年で「うそ」2140回、1日平均6 …