前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(309)★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)ほか

   

速報(309)『日本のメルトダウン』
 
 ★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』(英エコノミス誌)

★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)
◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
   《ウオールストリートジャーナル>など7本

              前坂俊之(ジャーナリスト)
★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35424
☆『スペイン救済計画に疑念の声』
(2012年6月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35428
 ★『沈みゆく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35421
●【オピニオン】アラスカの天然ガス、日本に輸出すべき』
《ウオールストリートジャーナル>2012年 6月 11日  17:43 JST

http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_458520?google_editors_picks=true

◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
·         ――東電は廃炉・解体に向けて作業を進めているが、さらに投入すべき技術や機械などはあるか。
·         ロングスワース氏 段階としては、汚染拡大防止のために緊急措置を講じる時期は終わり、より体系的なアプローチをする第2段階に入ったと思う。米国が、何十年にも及ぶ廃炉の経験から学んだことは、技術よりもプロジェクトやプロジェクトマネージメント(計画管理)ツールによって、お金をもっと節約できるという点だ。作業をどのように管理し、組織化するかである。  米国企業の多くが、自分たちをグローバルな原子力コミュニティーの一員だと認識している。日本に手を差し伸べ、第1原発のクリーンアップを手伝うべきだという責務を感じているのだ。
 
【津山恵子の欧州最新ルポ】日本情報専門紙やマンガ―高いフランス人の日本への関心
 
『暫定的でない原発再稼働、性急過ぎる決断に懸念』
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報「日本のメルトダウン」(516)2014年、安倍首相の「日本丸」の正念場ー靖国参拝は対立軸を固定化する不毛』

  速報「日本のメルトダウン」(516) 2014年、安倍首 …

no image
速報(158)『日本のメルトダウン』『ジョブズ氏に仰天のマックユーザーの幸福』『中国高速鉄道、海外技術の理解でつまずき』

速報(158)『日本のメルトダウン』 『ジョブズ氏に仰天し続けられたマックユーザ …

no image
日本メルトダウン脱出法(808)『北朝鮮と中東の危機で安保法制が問われる「安保反対」の野党共闘は集団自殺だ(池田信夫)』●「日本は戦後最大の「国難」に直面している じわじわと日米同盟を突き崩そうとする中国」●「米中の忍耐力を試す異端国家・北朝鮮」(英FT紙)」

  日本メルトダウン脱出法(808)   北朝鮮と中東の危機で安保法制 …

no image
速報(152)『日本のメルトダウン』 「ソブリンリスクの本質」『ユーロの崩壊は近いーユーロを救えるのは政治統合だけだ』ほか

速報(152)『日本のメルトダウン』  「ソブリンリスクの本質」 『ユ …

no image
 日本リーダーパワー欠落史(744) 欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?、再びバラマキ外交で失敗するのか』『歴史復習応用編』-日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、占領支配が日露戦争の原因なのである。★『  安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に』●『日露経済協力の目玉、サハリン・パイプライン プーチン大統領の訪日に何が期待できるのか』●『日露に総額1.5兆円強の共同計画』

 日本リーダーパワー必読史(744) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題 …

no image
世界が尊敬した日本人● 『東西思想の「架け橋」となった 鈴木大拙(95)』〔禅の本質の究明し、知の世界を飛び回る〕

 世界が尊敬した日本人     東西思想の「架け橋」となった …

no image
速報(434)『日本のメルトダウン』<アベノミクスは失速するとみる米『ウオール・ストリート・ジャーナル』など外紙の評論

 速報(434)『日本のメルトダウン』   <アベノミクスは …

no image
速報(25)『日本のメルトダウン』37日目ー『放射能大幅減に6~9ヵ月=爆発防止、高濃度汚染が課題-東電見通し』

速報(25)『日本のメルトダウン』37日目 『放射能大幅減に6~9ヵ月=爆発防止 …

no image
<日本最強の外交官・金子堅太郎③>『ルーズベルト米大統領、全米を説得したーその驚異の外交力の秘密』

<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト米大 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(40)記事再録/『150年かわらぬ日本の弱力内閣制度の矛盾』(日本議会政治の父・尾崎咢堂の警告)』★『日本政治の老害を打破し、青年政治家よ立て』★『 新しい時代には新人が権力を握るものである。明治初年は日本新時代で青壮年が非常に活躍した。 当時、参議や各省長官は三十代で、西郷隆盛や大久保利通でも四十歳前後、六十代の者がなかった。 青年の意気は天を衝くばかり。四十を過ぎた先輩は何事にも遠慮がちであった』

    2012/03/16 &nbsp …