前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(309)★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)ほか

   

速報(309)『日本のメルトダウン』
 
 ★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』(英エコノミス誌)

★『沈みく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』(英エコノミスト誌)
◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
   《ウオールストリートジャーナル>など7本

              前坂俊之(ジャーナリスト)
★『日本の産業空洞化:どれほど深刻か?』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35424
☆『スペイン救済計画に疑念の声』
(2012年6月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35428
 ★『沈みゆく世界経済:メルケル首相よ、今こそ行動を』
(英エコノミスト誌 2012年6月9日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35421
●【オピニオン】アラスカの天然ガス、日本に輸出すべき』
《ウオールストリートジャーナル>2012年 6月 11日  17:43 JST

http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_458520?google_editors_picks=true

◎【肥田美佐子のNYリポート】米建設大手幹部に聞く「周到な計画管理が、廃炉最速化とコスト削減のカギ」
·         ――東電は廃炉・解体に向けて作業を進めているが、さらに投入すべき技術や機械などはあるか。
·         ロングスワース氏 段階としては、汚染拡大防止のために緊急措置を講じる時期は終わり、より体系的なアプローチをする第2段階に入ったと思う。米国が、何十年にも及ぶ廃炉の経験から学んだことは、技術よりもプロジェクトやプロジェクトマネージメント(計画管理)ツールによって、お金をもっと節約できるという点だ。作業をどのように管理し、組織化するかである。  米国企業の多くが、自分たちをグローバルな原子力コミュニティーの一員だと認識している。日本に手を差し伸べ、第1原発のクリーンアップを手伝うべきだという責務を感じているのだ。
 
【津山恵子の欧州最新ルポ】日本情報専門紙やマンガ―高いフランス人の日本への関心
 
『暫定的でない原発再稼働、性急過ぎる決断に懸念』
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『なぜ日中韓150年の戦争・対立は起きたのか』/『原因」の再勉強ー<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

記事再録/日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭 …

no image
速報(253)★『原発民間事故調報告書まとまる。これを見て<原子村>ではなく<ガラパゴス原子国家日本の悲劇>を考える

速報(253)『日本のメルトダウン』   ★『原発民間事故調報告書まと …

no image
『野口恒の原発ウオッチ③』『福島原発』考(1)―『電源喪失による炉心溶融も、水素爆発も起こらない原発は可能か?』 

『野口恒の原発ウオッチ③』   『福島原発』考(1)―『電源喪失による …

no image
歴史張本人の 「目からウロコの<日中歴史認識>講義」①袁世凱顧問の坂西利八郎の日中親善・対立戦争の歴史を語る①

         日中両国民の …

ダウンロード
『リモートワーク/歴史証言学/日中韓150年政治外交史』★『日本議会政治の父/憲政の神様・尾崎行雄が中国、韓国との150年対立・戦争史のルーツを語る』★『「『朝鮮(韓国)は助けて、支那(中国)は討て』★『支那(中国)滅亡論」を読むー中国に国家なし、戦闘力なし』』★『『朝鮮の独立を認め、日本を敵視せず、トルコ、ベトナム、清仏戦争の失敗に学ばねば、清国は滅亡する(尾崎の予言)』

前坂俊之(ジャーナリスト)    日中韓150年三国志―尖閣問題ル―ツ …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』★『 新型コロナ、大災害多発、世界大恐慌の襲われる地球世界(上)』★『米国の感染者は330万人を突破、なぜ、アメリカが最悪なのか』★『米中新冷戦のエスカレート』 

 新型コロナ、大災害多発、世界大恐慌の襲われる地球世界(この分析は7月 …

no image
日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8)山県有朋首相は『国家独立の道は、主権線(日本領土)を守るほかに利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説したが、これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8) 「福沢諭吉の「日中 …

no image
百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

百歳学入門(190)   105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3 …

no image
日本リーダーパワー史(435)なぜ安倍自民党政権は福島原発事故の未来,廃炉風景に目をつぶるのか。

 日本リーダーパワー史(435)   なぜ安倍自民党政権は福 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『感染症を克服した明治のリーダーたち②』★『後藤新平と台湾統治と中国のねじれにねじれた100年関係』(5月15日)

後藤新平と台湾と中国                    前坂 俊之(ジャーナ …