前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(528)安倍首相は国難突破(ナローパス)に成功するか、 失敗するか瀬戸際にある。

      2015/01/01

  

 日本リーダーパワー史(528

 

 

安倍首相は国難突破(ナローパス)に成功するか、

失敗するのかーそのギリギリ瀬戸際にある。

にわかに大義名分のない解散ムードに永田町の世界の
田舎芝居が踊り、消費税増税先送りによって
リスクが再燃している。
ついに『アベノミクス』は
「アホノミクス」に、

「安倍内閣」は「ヤベー内閣」になり果てるのか、

安倍首相のグローバルリーダーシップが問われている。

 

 

 

            前坂 俊之(ジャーナリスト)

「安倍地球儀外交」なる「回転木馬外交」が世界各国50周したところで、安倍首相が呼びかけていた「日中首脳会談」なるものがやっと実現した。

習近平主席の不機嫌な仏頂面】(ぶっちょうづら)の出迎えと、わずか30分の初対面の顔合わせが、2年間の回転木馬外交の結果なのである。これは失敗なのか、成功なのか、明らかである。

同時に北京で展開された『米中首脳会談』ではオバマ大統領と習近平の話し合い延べ10時間におよんだ。この外交時間の差は20分の1である。日米中の経済力の差を比べると、日米差は3分の1、日中差は2分の1である。それが外交差になると途端に20分の1、2年間の米中会談の時間を合わせれば100分の1以下となってしまう。

なぜ。ここまで外交力に差がついたのか。得点力のない、結果が出ない安倍外交とは一体なんなのか。

外交力とは国力(経済力)に比例し、政治力は国力(経済力)の増強が第一の目的だが、日本のC級政治力(烏合の政治集団)は経済運営に20年間、オウンゴールを続けて、財政赤字は先進国最悪の250%を超え経済破たん寸前なのはみなさんご存知の通り。

それなのに、またまたWカップ世界経済大会で「解散」なるオウンゴールをロスタイムにあえてやろうとする、国際政治、経済感覚のなさには『絶望的』になってくる。太平洋戦争末期の全面敗北のなかでの、「1撃論」そのものである。

消費税10%の引き上げも安倍首相が世界に向かって公約したはずだが、この土壇場になっても態度明言せず(この日本的なあいまいな態度、ダブルスタンダードが世界から誤解される元凶なのだが)決断もできず(リーダーパワーの欠如)、突然「解散風」の目くらましのスプレーをまいているが、世界の冷徹な目も、国民の多くも「永田町のB級ドラマ」には騙されないだろう

「永田町に解散風、消費増税延期で安倍政権準備に走る議員も

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NETC2T6JIJUR01.html

 

 

 

「安倍首相、解散総選挙19日にも表明

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20141112-1395186.html

 

 

 

「なぜ「年内解散?」 民主の「政治とカネ」
追及が闘争心に点火 今なら「公明党が
気持ちよく戦える」

http://www.sankei.com/politics/news/141112/plt1411120029-n1.html

 

 

 

 

「GDP3.8%以下なら消費増税は「問題外」=
本田内閣官房参与

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IW07E20141112

 

 

「焦点:増税延期観測で海外勢が国債売り、
QQE吸収で金利低下も

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0IW0GQ20141112

 

 

「追加金融緩和サプライズで「出口なき日銀」―

デフレ脱却で投じた策は強烈な副作用を伴う

 

http://toyokeizai.net/articles/-/52904

 

 

 

 

「アベノミクス」とは結局何だったのか?

 

http://www.huffingtonpost.jp/news/japan-consumption-tax/

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

3
日本の最先端技術「見える化」チャンネルー『機械要素技術展2018』(6/20)ーモーター界の巨人/白木学氏が発明した小型・軽量・大パワー・高効率のコアレスモーターのプレゼン

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 「日本ものづくりワールド2018」機械要 …

no image
速報(354)◎『最悪事態回避は「幸運」 福島原発事故で岡田副総理』『自民党になれば、また原子力をやる小出裕章(MBS)』

速報(354)『日本のメルトダウン』 ◎『最悪事態回避は「幸運」 福島第1原発事 …

no image
世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネルー『フェイスブックやグーグルが本腰 次の大潮流「ボット」とは何か』●『日本企業は海外の後追いをやめない限り勝機はない』●『 ビットコインは「電子マネー」を超える(池田信夫) ブロックチェーンは革命的イノベーション』●『仮想と重なり合う現実:VR元年の次はMR元年? MR(複合現実)が融合させる仮想と現実』

世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネル フェイスブックやグーグルが本 …

no image
日本リーダーパワー史(679)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) 『戦略情報の開祖」福島安正大佐ー 明石元二郎の「明石謀略」は裏で英国諜報局が指導、福島、宇都宮太郎(英国駐在武官)がバックアップして成功した。

  日本リーダーパワー史(679) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(58) …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞はどう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・①『対朝鮮発言権は日本のみと』(徳富蘇峰)

  日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳 …

no image
日本メルトダウン脱出は不可能か(686)「日本の債務削減:成長頼みの非現実的な計画 」 (英エコノミスト誌)「中国の圧倒的な軍事力に立ち向かうベトナム 日本とは大違いの「自力本願」

 日本メルトダウン脱出は不可能か(686) 安倍首相の他力本願『成長頼みの非現実 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(485)●中国のメディア規制と人権弾圧ー『中国で記者25万人に日本非難研修』ほか

  速報「日本のメルトダウン」(485) <そして、またまた …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』「ISと云うイスラム原理主義組織の現在の破壊力、 近未来の戦闘能力がどの程度のものになるのか?」

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(148)』 「 …

no image
日本リーダーパワー史(601)『安倍・歴史外交への教訓(7)「世界史の中での日韓関係のパーセプションギャップ⓶」―秀吉以降の平和外交の朝鮮通信使を最も歓迎したのは長州藩、長州と韓国の深い関係

   日本リーダーパワー史(601) 『安倍・歴史外交への教訓(7) 「世界史の …

no image
速報「日本のメルトダウン」(518)2014年「第3次日中戦争」は勃発するのか 『安倍靖国外交は近衛声明失敗 の二の舞』

  速報「日本のメルトダウン」(518)   20 …