前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎の晩年

   

政治手腕なき終戦内閣
昭和十一年(一九三六)に起きた二・二六事件
で鈴木貫太郎侍従長官邸は反乱軍兵士たちの
襲撃を受けた。
兵士たちは、「理由は何だ」と聞く鈴木の胸や心
臓付近、頭などに四発の銃弾を浴びせた。
「とどめを……」と兵士の一人が叫び銃口を頚部
に押しあてたが、「それだけはやめて下さい」と
側にいた夫人が必死で懇願して制止した。

昭和20 年4 月組閣当時の鈴木総理
指揮していた安藤輝三大尉は「もはや生き返るまい」と思ったのか中止を指示し、血
だらけで横たわる仮屍の鈴木に、全員敬礼して引き上げていった。
かけつけた医師がすべって転ぶほど部屋は血の海になり、鈴木の心臓、脈も一時
的に止まってしまっていたが、奇跡的に一命だけは取り留めた。夫人の一言で九死に
一生を得たが、もしこの時、鈴木が亡くなっておれば、昭和史は決定的に違ったもの
になっていたであろう。
それから九年後。この一度死んだ鈴木
が大日本帝国の存亡をかけた土壇場に
登場する。
一億日本民族の運命をかけた最後の瞬
間をどう処理するか。「戦争継続の玉砕
か、終戦か」。
昭和二十年四月、戦時終戦内閣を組閣
する大役が回ってきた。天皇から「耳が
聞こえなくてもよい。                        鈴木内閣の閣僚たち   
政治に経験がなくてもよいから」と
さとされて、鈴木は七十九歳の老齢でこの大任を引きうけることになった。
この時期、和平や終戦は一切タブーであ
り、鈴木は和平を深く胸中に秘めて、態度
には微塵も出さず「国民よ行け、わが屍を
越えて」と訴え、軍を収めることに全精力を
集中した。
終戦の聖断を天皇が下すのに鈴木の決
断力が大きかった。御前会議で天皇の終
戦の聖断を引き出したのは天皇と鈴木の
信頼関係によるものであった。
昭和20 年4 月,小石川の自邸で鈴木一家
ポツダム宣言受諾の通告は八月十四日午後十一時に連合国に発せられた。十        
五日正午に天皇の玉音放送による終戦の大詔が出され、内閣は総辞職した。
7 度も転居し、田園に閑居する

大役を終え鈴木が帰宅した十五日午前四時ごろ、小石川丸山の私邸は兵士ら約百
人の暴徒に襲われた。
機関銃が乱射され、私邸も焼き打ちされた。車で裏道を通って逃げたため、暴徒とか
ち合うことなく危機一髪で難を逃れた。
裸一貫、無一文となった鈴木は悪化する治安の中で、暴徒のさらなる襲撃を避ける
ため住居を三カ月の間に七度も転々と変えた。
二十年十一月、鈴木の故郷だった千葉県関宿から、町民の強い誘いがあり、帰郷
して生活を始めていた。
そこに外務大臣となった吉田茂が訪ねてきた。平沼騏一郎枢密院議長が戦犯とし
て逮捕されたため、その後任にとの要請であった。
枢密院は天皇の国務を審議するところであり、憲法改正を論議するのも同院の役
目であった。
当時、GHQ は天皇の戦争責任、天皇制の存廃を厳しく問う姿勢をみせており、皇室
の危機に対して、鈴木は枢密院議長を引き受けた。
今後の政治姿勢について鈴木は「鯉はまな板にのせられてもびくともしない。負けっ
ぶりをよくやってもらいたい」と吉田に注文
をつけた。
鈴木は二十一年六月、天皇の身の上
に異変がないことを確かめて枢密院議長
を辞任した。
以後、再び関宿で一切の公職を離れて、
たか夫人とともに静かな生活に戻った。
天気のよい日にはモンペ姿に杖を持
って、鈴木は田園をよく散歩していたが
、日本で最高ポストについて
いた人とはとても思えぬ温厚な老人            <昭和21 年自宅でたか夫人と>
となっていた。
深刻な食料不足を何とか解消しようと付近の農民を集めて、知り合いの農業専門家
を呼んで勉強会なども開催していた。
昭和二十三年になると、体力も落ちて散歩の回数もへり、気持ちのよい日は机に向
かって「洗心」と揮毫して、訪ねて来る人にわけていた。
同年三月に入ると先の短いことを悟ったのか、自分と夫人の戒名をいち早く作った。
翌月、八十二歳で亡くなった。
鈴木貫太郎=慶応三年(一八六七)生、昭和二十三年(一九四八)没。軍人・政治家。
侍従長のとき、二二一六事件で襲撃をうけ九死に一生を得た。太平洋戦争末期、首
相として終戦工作を画策し、ポツダム宣言を受諾。
<前坂俊之著『日本史有名人の晩年』別冊歴史読本2001 年8 月号より>

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑯」―『元寇の役のヨーロッパ史での類似性』●『元寇の役では西国だけでなく東国からも武士たちが加わって、日本全体が一致協力して戦い、初めて国家意識が生れた』

 日本の「戦略思想不在の歴史⑯」 元寇の役(1254年)では2度にわたり、元軍の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(177)記事再録/★「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のインテリジェンス⑦」★『山座円次郎の外交力』●『山座が「伊藤公を叩き殺さにゃいかん」と吠え 伊藤はカンカンに怒った』★『即時開戦論に山本権兵衛海相は「貴様のいう通りだが、戦争には二十億の金が要る、金はどうしてつくるか」と逆襲』

    2017/03/31『リーダーシップの日本 …

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(900)『安倍首相の退陣すべきを論じる①」「消費増税再延期」<君、国をつぶすことなかれ、子供たちに借金を残すことなかれ>

   日本メルトダウン・カウントダウンへ(900) 『安倍首相の退陣す …

syouinn
日本リーダーパワー史(559)世界が尊敬した日本人ー明治維新を点火した草莽の革命家・吉田松陰

  日本リーダーパワー史(559)     世界が尊敬した日本人 明治維新を点火 …

no image
日本リーダーパワー史(32)巨人伝説―日本最強の戦略家・杉山茂丸の謎・・②

日本リーダーパワー史(32) 巨人伝説―日本最強の戦略家・杉山茂丸の謎②・・・ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(119)/記事再録☆<日本は21世紀の新アジア・グローバル主義のリーダーをめざせ>★『 アジアが世界の中心となる今こそ,100年前に <アジア諸民族の師父と尊敬された大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう』★『亡命イスラム教徒を全面的に支援した唯一の政治家』★『藩閥、軍閥と戦い終始一貫して『産業立国論』を唱えた政治家』★『最大の功績は中国革命の父・孫文を宮崎滔天を中国に派遣して日本に亡命させ匿い全面支援した、いわば中国革命を実現したゴッドファーザーこそ犬養木堂なのだ』

     2015/01/21日本リーダーパワー史 …

no image
日本リーダーパワー史(982)ー『総理大臣の血圧』★『こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられてたまるものか』(吉田茂首相)

  『総理大臣の血圧』                     今年初 …

no image
日本一の「徳川時代日本史」授業③福沢諭吉の語る「中津藩で体験した封建日本の差別構造」(旧藩情)を読み解く③

  日本一の「徳川時代の日本史」授業③   「門閥制度は親の …

no image
日本メルトダウン脱出法(803)「にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違い』●「FT執筆陣が占う2016年の世界、恒例の大予測:原油価格から米大統領選、サッカー欧州選手権まで」●「日本のイノベーションに光を当てたパイオニア 青色LEDで世界を変え、次の奇跡の開発に挑む中村修二氏」(英FT紙)

  日本メルトダウン脱出法(803) にわかに危険度の増す米ロ核戦争、発端は間違 …

no image
日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳

1 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳 前坂 俊之 (静 …