前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎の晩年

   

政治手腕なき終戦内閣
昭和十一年(一九三六)に起きた二・二六事件
で鈴木貫太郎侍従長官邸は反乱軍兵士たちの
襲撃を受けた。
兵士たちは、「理由は何だ」と聞く鈴木の胸や心
臓付近、頭などに四発の銃弾を浴びせた。
「とどめを……」と兵士の一人が叫び銃口を頚部
に押しあてたが、「それだけはやめて下さい」と
側にいた夫人が必死で懇願して制止した。

昭和20 年4 月組閣当時の鈴木総理
指揮していた安藤輝三大尉は「もはや生き返るまい」と思ったのか中止を指示し、血
だらけで横たわる仮屍の鈴木に、全員敬礼して引き上げていった。
かけつけた医師がすべって転ぶほど部屋は血の海になり、鈴木の心臓、脈も一時
的に止まってしまっていたが、奇跡的に一命だけは取り留めた。夫人の一言で九死に
一生を得たが、もしこの時、鈴木が亡くなっておれば、昭和史は決定的に違ったもの
になっていたであろう。
それから九年後。この一度死んだ鈴木
が大日本帝国の存亡をかけた土壇場に
登場する。
一億日本民族の運命をかけた最後の瞬
間をどう処理するか。「戦争継続の玉砕
か、終戦か」。
昭和二十年四月、戦時終戦内閣を組閣
する大役が回ってきた。天皇から「耳が
聞こえなくてもよい。                        鈴木内閣の閣僚たち   
政治に経験がなくてもよいから」と
さとされて、鈴木は七十九歳の老齢でこの大任を引きうけることになった。
この時期、和平や終戦は一切タブーであ
り、鈴木は和平を深く胸中に秘めて、態度
には微塵も出さず「国民よ行け、わが屍を
越えて」と訴え、軍を収めることに全精力を
集中した。
終戦の聖断を天皇が下すのに鈴木の決
断力が大きかった。御前会議で天皇の終
戦の聖断を引き出したのは天皇と鈴木の
信頼関係によるものであった。
昭和20 年4 月,小石川の自邸で鈴木一家
ポツダム宣言受諾の通告は八月十四日午後十一時に連合国に発せられた。十        
五日正午に天皇の玉音放送による終戦の大詔が出され、内閣は総辞職した。
7 度も転居し、田園に閑居する

大役を終え鈴木が帰宅した十五日午前四時ごろ、小石川丸山の私邸は兵士ら約百
人の暴徒に襲われた。
機関銃が乱射され、私邸も焼き打ちされた。車で裏道を通って逃げたため、暴徒とか
ち合うことなく危機一髪で難を逃れた。
裸一貫、無一文となった鈴木は悪化する治安の中で、暴徒のさらなる襲撃を避ける
ため住居を三カ月の間に七度も転々と変えた。
二十年十一月、鈴木の故郷だった千葉県関宿から、町民の強い誘いがあり、帰郷
して生活を始めていた。
そこに外務大臣となった吉田茂が訪ねてきた。平沼騏一郎枢密院議長が戦犯とし
て逮捕されたため、その後任にとの要請であった。
枢密院は天皇の国務を審議するところであり、憲法改正を論議するのも同院の役
目であった。
当時、GHQ は天皇の戦争責任、天皇制の存廃を厳しく問う姿勢をみせており、皇室
の危機に対して、鈴木は枢密院議長を引き受けた。
今後の政治姿勢について鈴木は「鯉はまな板にのせられてもびくともしない。負けっ
ぶりをよくやってもらいたい」と吉田に注文
をつけた。
鈴木は二十一年六月、天皇の身の上
に異変がないことを確かめて枢密院議長
を辞任した。
以後、再び関宿で一切の公職を離れて、
たか夫人とともに静かな生活に戻った。
天気のよい日にはモンペ姿に杖を持
って、鈴木は田園をよく散歩していたが
、日本で最高ポストについて
いた人とはとても思えぬ温厚な老人            <昭和21 年自宅でたか夫人と>
となっていた。
深刻な食料不足を何とか解消しようと付近の農民を集めて、知り合いの農業専門家
を呼んで勉強会なども開催していた。
昭和二十三年になると、体力も落ちて散歩の回数もへり、気持ちのよい日は机に向
かって「洗心」と揮毫して、訪ねて来る人にわけていた。
同年三月に入ると先の短いことを悟ったのか、自分と夫人の戒名をいち早く作った。
翌月、八十二歳で亡くなった。
鈴木貫太郎=慶応三年(一八六七)生、昭和二十三年(一九四八)没。軍人・政治家。
侍従長のとき、二二一六事件で襲撃をうけ九死に一生を得た。太平洋戦争末期、首
相として終戦工作を画策し、ポツダム宣言を受諾。
<前坂俊之著『日本史有名人の晩年』別冊歴史読本2001 年8 月号より>

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1079)>『米朝開戦への行方』★『「北朝鮮を完全破壊するほか選択肢ない」 トランプ大統領、国連総会で演説』●『安倍首相:北朝鮮は不拡散体制の「最も確信的な破壊者」-国連演説』★『金正恩は「側近による暗殺」を恐れ核ミサイルから手を引けない』★『核施設のみならず一瞬で北朝鮮の全焦土化狙う米国 中露の支援断ち切るには不可欠、求められる日韓の覚悟』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1079 …

no image
日本リーダーパワー史(92) 閉塞状況を突破するために奇人政治家・田淵豊吉を見習え<河村名古屋市長・橋下知事の先輩>

日本リーダーパワー史(92) 閉塞状況を突破するために奇人政治家・田淵豊吉を見習 …

no image
近刊紹介「痛快無比!ニッポン超人図鑑ー<奇才・異才・金才80人の面白エピソード>」<新人物文庫、1月10日刊行>

  『痛快無比!ニッポン超人図鑑』<奇才・異才・金才80人の面白エピソ …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(669) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(51)「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とインテリジェンス網の崩壊<<もし川上が生きておれば、日露戦争はこれほど惨々たる苦戦もなく、 死者累々の兵力を疲弊させず、 さら戦果を拳げていただろう>

 日本リーダーパワー史(669) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(51)   …

no image
日露300年戦争(1)-『徳川時代の日露関係 /日露交渉の発端の真相』★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した』

徳川時代の日露関係     日露交渉の発端(ロシアの千島進出と樺太) 以下は『日 …

no image
知的巨人の百歳学(131)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』★『『人間尊重』『つとめて困難を歩み、苦労人になれ』『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』★『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

2011/07/31記事再録/  日本リーダーパワー史(179) 『国 …

ダウンロード
 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』➉『朝鮮半島危機には児玉源太郎のインテリジェンスに学べ』★『クロパトキンの日本敵前視察には包み隠さず、一切合切すべてみせろ』と指示。

 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(107)/ ☆『小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南の魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

    2017/03/08 &nbsp …

no image
世界リーダーパワー史(934)ー『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはついに墜落寸前か!』★『政府高官たちは大統領失格のトランプ氏に対して憲法修正25条の適用を水面下で検討したものの、同条の適用は史上初となるため「憲法上の危機」を招くため、同氏の退任まで政権を正しい方向に導くことで一致した』

世界リーダーパワー史(934) 『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはつい …

no image
日本リーダーパワー史(355)<日本の最も長い決定的1週間>『わずか1週間でGHQが作った憲法草案②』

日本リーダーパワー史(355)                <日本の …