前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(179)『日本のメルトダウン』動画『TPP・政治・原発を一刀両断する」(ジャーナリスト3人会)11/4』(50分)

   

速報(179)『日本のメルトダウン』
 
動画『TPP・政治・原発を一刀両断する」(ジャーナ
リスト3人会) 11/4
』(50分)
 
                                                           前坂俊之(ジャーナリスト)
 
日本のメルトダウン『TPP・政治を一刀両断」(ジャーナリスト3人会)11/4日に行った。3人座談会は毎月行っており元毎日新聞記者3人。梶原英之は一貫して経済部記者­で、経産省、大蔵、日銀など担当、民間経済、金融、政治、歴史にも一家言があり目下は経済評論家で活躍中。

渡辺幸重は東大物理出身の毎日記者の後、教育、IT企業コンサル­タントを経験し、前畿央大学教育学部教授を経て独立、原発問題、教育、福祉、住民運動など幅広く研究しいる論客。前坂俊之は毎日情報調査部出身で、静岡県立大学国際関係学­部教授、現名誉教授。

いつものように3人でざっくばらんにTPP、政治の混迷に異論、反論、極論を述べあった。

TPPの問題は単に農業問題に特化されて論じられすぎている。明治以来の「鎖国」か「開国か」の理念が問われている。戦後、一貫して開国を妨げて、閉鎖国日本・ガラパゴス­ジャパンのゾンビを維持してきた。

すべての分野で構造改革出来ずにきたツケが、日本の競争力が26位と、アジアの後進国に転落し、韓国に自動車でも抜かれてしまった転落日本、EUの没落炎上に、明日の我が­身を重ね合わせてあわてふためき、この土壇場でTPPの協議に参加するかどうかの、その入り口で、「入る、入らん」で口論している無残な状態である。

 
 

 

問題の根底には自明の理を見ず、考えず、花見経済に浮かれ、問題を先送りしてきた「日本病」(死にいたる病)の「人口問題」である。明治から1945年の敗戦までは「人口­増のはけ口」を求めて戦争を起こし、満州という植民地を作った。現在、直面している問題は「人口減・高齢化」で日本は衰退し、死につつあるその末期現象である。「人口問題­」少子・超高齢化問題が世界史上、最速のスピードで進むことは1980年代にはすべてわかっており何度も警告を発せられていた。

当時、金もあり日本は繁栄に浮かれ、酔ってい­たので、これを無視して乱痴気騒ぎのキリギリスの生活を続けてきた。
2000年以降どのような年金・福祉問題がおきるか、国債は増やしすぎると将来にツケを回すことになる、消費税は上げなければならない、行政改革の必要性、移民受け入れ、­構造改革、開国路線などは何度も警告されてきたことはみなさんご存知の通り。

それが、全部目前の景気対策の名のもとで、先送りされてきて、じり貧が続いて。最後に「ドカ貧」の事態に、太平洋戦争末期の状態を現出している。同じ失敗を繰り返し、3度­目の敗戦に立ち至っているのに、それも自覚していないバカどもである。

「こんな間抜けな政治家、国家、国民があるだろうか」

「国家戦略」を早急に策定しなければならないなんて、泥縄の審議会を作っている。よくこんな恥ずかしいことを政治家が世界に向けてのうのう(無能)と言っているな。

国家戦略のない国は頭のない国、先の計画のない国である。将来の人生設計プランのない人間と同じ、今日がよかればいい国、明日のない国である。自分はどの方向に進みんだら­いいか、考えてなかったから、いまから考えましょうと言っている国、そんなバカな国である。漂流、大氷山(国家破産・福島原発事故)日本丸のキャプテン・リーダーの政治家­が進路を乗客にお伺いしている、政治家は御用聞きではない。プランをしめして、国民にしっかり説明して、実行して、得点を上げることである。サッカーのオールジャパンの監­督・ザッケローニ
を見ならえ。

彼は外国人の新人監督ながら、無敗ではないか。
民主党、自民党にも「こいつはいいな」というアピール力のある政治家が1人もいない。
リーダーシップもない、得点もできない、ミスだらけの政治家、リーダーが多すぎるよ。

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「人口減少問題」を考える>ー慶応大学・片山善博教授と島根県中山間地域研究センター研究統括監の藤山浩氏の記者会見動画

       <「人口減少問題 …

no image
日本リーダーパワー史(926)-『良心と勇気のジャーナリスト桐生悠々の言論抵抗とは逆のケース』★『毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正/言論屈服事件の真相』

  毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正事件 桐生悠々の「関東防空大演習 …

no image
速報(360)『日本のメルトダウン』●『仏ルモンド紙「日本は疑念の時、沈滞ニュースばかりで国家沈没の危機」と警告

速報(360)『日本のメルトダウン』   ☆『(仏 ルモンド紙の警告) …

no image
日本リーダーパワー史(946)ー『日中関係150年史』★『日中関係は友好・対立・戦争・平和・友好・対立の2度目のサイクルにある』★『日中平和友好条約締結40周年を迎えて、近くて遠い隣人と交友を振り返る」★『辛亥革命百年の連載(31回)を再録する』②(8回から15回まで)

日本リーダーパワー史(66) 『日中関係150年史』★ 『日中関係は友好・対立・ …

no image
速報(36)『日本のメルトダウン』(49日目)ーー『日本のメディア、ジャーナリスト、学者の責任と良心を問う』

速報(38)『日本のメルトダウン』49日目 『日本のメディア、ジャーナリスト、学 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(521)●日本経済、2014年が正念場(英FT紙)○「シェールガス」バブルの崩壊は目の前」

 速報「日本のメルトダウン」(521)     ● …

no image
日本メルトダウン脱出法(742)「世界経済:ドルの支配とその危険性 勢い失う米国の経済覇権」(英エコノミスト誌)●「ウラジーミル・プーチンの対テロ戦争」(英FT紙)

日本メルトダウン脱出法(742) VWの不正が引き起こした株安と通貨安の必然 信 …

no image
日本メルダウン脱出法(661)「コラム:ドローン落下が暴露、日本産業界の「鈍重さ」●「これからのビジネスに必要なのは、世界基準の「暗黙の了解」を知るこ

    日本メルダウン脱出法(661)   コラム:ドローン落下が暴露 …

no image
速報(139)☆『第一原発からの撤退認めていたら東北は全滅していたー菅内閣の元側近が明かす』ほか

速報(139)『日本のメルトダウン』   ☆『第一原発からの撤退認めて …

ダウンロード
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊹★『明石謀略戦((Akashi Intelligence )の概略と背景』★『ロシアは面積世界一の大国なので、遠く離れた戦場の満洲、シベリアなど極東のロシア領の一部を占領されても、痛くも痺くもない。ロシアの心臓部のヨーロッパロシアを突いて国内を撹乱、内乱、暴動、革命を誘発する両面作戦を展開せよ。これが明石工作』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …