前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本の最先端技術「見える化」チャンネル『世界の産業用ロボット市場は日本が独占、トップ10に6社』ー『川崎重工業の人協働型/小型/双腕型ロボット「duAro(デュアロ)」のプレゼン(動画)

      2018/06/18

日本の最先端技術「見える化」チャンネル

(6/6、東京ビッグサイト)

『電子機器トータルソリューション展』(JISSO PROTEC2018)(6/6)-川崎重工業の人協働型/小型/双腕型ロボット「duAro(デュアロ)」の作業プロセス➀

川崎重工業の人協働型/小型/双腕型ロボット「duAro(デュアロ)」の作業プロセス②

http://www.jpcashow.com/show2018/index.html

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00597/?P=2

 

世界の産業用ロボット市場で日本はシェア1位である。
≪2016年>産業用ロボットのシェア世界ランキング10は
世界トップ➀安川電機(日本)②ABB(スイス)③ファナック(日本)④Kuka(ドイツ)<中国美的集団買収>➄川崎重工業(日本)⑥不二越(日本)⑦エプソン(日本)⑧Stäubli(スイス)➈Comau(イタリア)⑩Adept robots(米国)<オムロン買収>である。
工作機械メーカーのランキング10(2017年10月現在)

1位 ファナック 4983億円 14.9%

2位 安川電機 3103億円 9.3%

3位 マキタ 3096億円 9.3%

4位 アマダ 1900億円 5.7%

5位 不二越 1722億円 5.2%

6位 THK 1683億円 5.0%

7位 森精機製作所 1485億円 4.4%

8位 ジェイテクト 1457億円 4.4%

9位 オークマ 1337億円 4.0%

10位 日本製鋼所 1301億円 3.9%

https://researchmap.jp/joperhc81-1778110/

 - 現代史研究, IT・マスコミ論, 最先端技術『見える化』動画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『Z世代のための最強の日本リーダーシップ研究講座㉛」★『第ゼロ次世界大戦の日露戦争は世界史を変えた大事件』★『勝利の立役者は山本海軍大臣と児玉源太郎陸軍参謀長、金子堅太郎(元農商務大臣)のインテリジェンスオフィサーです』

  2019/10/19  『リーダーシ …

no image
日本リーダーパワー史(212)『日露戦争勝利の秘訣は軍事力以上に外交力・インテリジェンス・無線通信技術力にあった。

日本リーダーパワー史(212)   <クイズ・『坂の上の雲』の真実とは …

『オンライン昭和史講座/白洲次郎の研究』★『 日本占領から日本独立へ ,マッカーサーと戦った日本人・吉田茂と白洲次郎(1)』★『憲法問題の核心解説動画【永久保存】 2013.02.12 衆議院予算委員会 石原慎太郎 日本維新の会』(100分動画)

 2013/03/14  /日本リーダーパワー史(367), …

『Z世代のための最強の日本リーダーシップ研究講座(49)』★『地球環境破壊(SDGs)の足尾鉱毒事件と戦った公害反対の先駆者・田中正造②』★「辛酸入佳境」、孤立無援の中で、キリスト教に入信 『谷中村滅亡史』(1907年)の最後の日まで戦った』

 2016/01/25    世界が尊敬 …

no image
世界、日本メルトダウン(1011)-「地球規模の破壊力示したトランプ─1人の人間が終末時計を進めたのは初めて」★『トランプ外交、親イスラエルが火種 エルサレムに大使館移転検討 中東諸国の反発必至』

 世界、日本メルトダウン(1011)- 「地球規模の破壊力示したトランプ──1人 …

no image
日本リーダーパワー史(306)ベルツの「日中韓500年史②」『朝鮮が日本に併合されるまでの最後の五十年間の経緯』

日本リーダーパワー史(306)   『日韓外交衝突の歴史を検証する③』 …

no image
速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』『必見ビデオー広河隆一が語る』

速報(43)『10分ですぐ分かる』◎日本民族の生死がかかる!『浜岡原発の虚実』 …

『Z世代のための最強の日本リーダーシップ研究講座㊲」★『明石元二郎のインテリジェンスが日露戦争をコントロールした』★『情報戦争としての日露戦争』

インテリジェンス(智慧・スパイ・謀略)が戦争をコントロールする ところで、ロシア …

『大谷のドジャーズ移籍を祝い、デビユーした2018年4月4日の大谷フィーバーの記事を紹介する」★『Shohei Ohtani fever is really heating up in Angel Stadium』★『大谷が自己の可能性を信じて、高卒 即メジャーへの大望を表明し、今それを結果で即、示したことは日本の青年の活躍の舞台は日本の外、世界にこそあることを示唆した歴史的な事件である、、

    2018/04/04 記事再録 『F国際ビ …

no image
<米国での政府対メディアの取材ルールの変遷>

1 <米国での政府対メディアの取材ルールの変遷> 2003 年4 月 前坂 俊之 …