前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』<まとめ>勝海舟②ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!

   

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』

<まとめ>勝海舟ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を

見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!②

2013/02/12

<まとめ>勝海舟について

日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟がいなければ、フランス革命、アメリカ 独立戦争など欧米の革命と比べて『血を流すことの最も少 なかった平和的な革命』(明治維新)は達成することがで きなかったのだよ。

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

日本リーダーパワー史(68)

勝海舟の外交コミュニケーション術・至誠と断固たる気骨で当たる

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3441.html

 

日本リーダーパワー史(157)

『江戸を戦火から守った西郷隆盛と勝海舟、高橋泥舟、

山岡鉄舟の(三舟)の国難突破力①』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3110.html

2011/06/04)

6月2日の内閣不信任案の否決の後も、首相の退陣の時期をめぐって、永田町の混乱は一層ひどくなり、亡国の惨状を呈している。かつて「首相になった後は政治家を引退する」と公言した鳩山前首相は「ウソツキ、ペテン師」「男として、人間として、あるまじき態度」「国難を乗り切れない」と感情をあらわに、菅首相を最大級に罵倒する。 もう1人の影のボスの小沢は不信認案に賛成すると断言したのに、本会議には棄権し、その夜は派閥の子分をつれてカラオケバーで、慰労のパーティーで気楽に遊ぶ。

真面目に働いて税金を払っている国民、大震災、原発の被害者からみると怒り心頭どころではない。この痴的レベルの政治屋集団(民主党)である。

自民党(自分党)の政策も政治力もないないづくしの無能議員たちも国難(敗戦)を倒閣のチャンスとしている亡国の政治屋に変わりはない。まさに、【売家と唐様で書く三代目】(初代が苦労して作った家屋敷も、 3代目となると売りに出すことになる)である。日本の国家倒産はカウントダウンに入った。

残念ながら、この連中には「国難を突破するインテリジェンス」も「突破力」も「胆力」もありはしない。

(2011/06/04)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3110.html

 

日本リーダーパワー史(167)

『敗軍の将・勝海舟の国難突破力⑥

『金も名誉も命もいらぬ。そうでなければ明治維新はできぬ』

<すべての問題解決のカギは歴史にあり、明日どうなるかは昔を知ればわかる>

(2011/06/24)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3075.html

 

日本リーダーパワー史(347)

勝海舟の国難突破力に学ぶ

  • 『勝海舟の中国・韓国との付き合い方』

  • 『日本人はあまり日清戦争に勝ったなどといばっていると、あとで大変 な目にあうよ。剣や鉄砲の戦争には勝っても、経済上の戦争に 負けると、国は仕方がなくなるよ。そして、この経済上の戦争にかけては、日本人は、とてもシナ人には 及ばないだろうと思うと、おれはひそかに心配するよ。』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2063.html

 

日本リーダーパワー史(173)

『勝海舟の遺言・最強のリーダーシップとは⑧』

政治家・リーダー必読●○『国は内からつぶれるのだ』 『百年の後に、知己を待つ』の気魄で当たるー ー<明治維新と現在と対比して国難リテラシーを養う>

(2011/07/14)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3014.html

 

日本リーダーパワー史(344)

まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』

  • 『尾崎行雄の傑作人物評―『西郷隆盛はどこが偉かったのか』

  • 『近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を

理解する方法論とは・『廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、

大度量によってのみ』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2076.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実㉖ 「日本は朝鮮を吸収との言」ーハルバート氏,すべて良好とのラッド教授の意見に反論

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
日本リーダーパワー史(124)辛亥革命百年(26) 犬養木堂の『孫文の思い出』ー(東京が中国革命の策源地となった)

日本リーダーパワー史(124) 辛亥革命百年(26)犬養木堂の『孫文の思い出』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(891)『トランプ氏、支持率逆転 対クリントン氏で米世論調査』●『安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理【DOL】』●『「日本大好き」な保守系の国民は本当に増えているのか?』●『日本の中国嫌いが徒に?潜水艦売り込み失敗の真相【DOL】』●『中国のネット検閲、実態は…2015年「微博」から削除された書き込みトップ5』

日本メルトダウン脱出法(891)   トランプ氏、支持率逆転 対クリン …

『リーダーシップの日本近現代史』(339)<大経営者の『座右の銘』―人を動かすトップリーダーの言葉>『明治以来の日本経済を昭和戦後期に<世界1、2位の経済大国>にのし上げた代表的な起業家たち80人のビジネス名言・金言・至言を一挙公開』

 2011-04-29 記事採録  新刊発行<『座右の銘』― …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47) 「川上操六のインテリジェンスー 日清戦争後、野党の河野盤州領袖を説得して、 陸軍6個師団増強に協力させた驚異の説得力」

日本リーダーパワー史(654) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(47)   …

知的巨人たちの百歳学(143)世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者としてギネスブックに登録された昭和天皇の叔父の東久邇稔彦(102歳)

知的巨人たちの百歳学(143) 世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者として ギネ …

no image
日本作家超人列伝(40)マスコミの帝王・大宅壮一、国際事件記者大森実、トップ屋梶山季之、大仏次郎、伊藤整ら

日本作家超人列伝(40) マスコミの帝王・大宅壮一、国際事件記者大森実、トップ屋 …

no image
速報(398)まとめ『3・11から丸2年になる』日本のメルトダウンの連載21回(4/12)―40回(4/24)までを振り返る』②

速報(398)『日本のメルトダウン』     ● <まとめ> …

no image
リクエスト再掲載/日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信設備の兵站戦略こそ日清戦争必勝のカギ 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」

日本リーダーパワー史(331)空前絶後の参謀総長・川上操六(44)鉄道敷設,通信 …