前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「脱亜論/日清戦争開戦論」を読む』(10) 『英ファイナンシャルタイム紙』(3月2日付)『金正男氏殺害の「大胆さ」に中国の影?』●『北朝鮮は基本的に中世の絶対君主制国家。中世イングランドのプランタジネット朝やオスマン帝国のスルタンを思わせるような殺人だった』

      2017/03/09

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー

『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「脱亜論/日清戦争開戦論」を読む』(10)

 

金正男事件は発生後3週間を経過したがマレーシアが北朝鮮が国家ぐるみで関与したとみて、北朝鮮大使を国外追放処分にしたが、事件解明は頓挫している。

マレーシア政府、北朝鮮大使を退去処分 正男氏事件巡りhttp://www.asahi.com/articles/ASK347JJDK34UHBI02B.html

 

今後、この問題はこれまでの北朝鮮の一連の暗殺、テロ事件同様に北朝鮮は『でっち上げ』と反論して、時間経過を待って,相変わらずのミサイル発射、核開発を続けて国内的には粛清、弾圧の強化をより徹底するであろう。

 『英ファイナンシャルタイム紙』(3月2日付)は、この問題をとりあげて

 [FT]金正男氏殺害の「大胆さ」に中国の影?

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13587010S7A300C1000000/?df=2

•① この「暗殺」されたセンセーショナルな事件。これは大半の文明人にとって不可解だ。

  • ② 兄殺しに見えるこの行為を理解する第一歩として、北朝鮮は基本的に中世の絶対君主制国家だということを認識する必要がある。これは中世イングランドのプランタジネット朝やオスマン帝国のスルタンを思わせるような殺人だった。

と、これまで半世紀にわたり金王朝で続けてきた蛮行を理解できていないことを示している。

FT紙は「これは大半の文明人にとって不可解だ」と書いているが、これも地理的に遠い欧米人にはやむを得ないことかもしれないが、日本以外のマレーシア(北朝鮮とは親密国だった)、

アジア諸国でも、かつて社会主義独裁国だった国が少なくなく、北朝鮮の「テロ国家」「最悪の人権抑圧国家」であることの認識レベルは低い。

文明国対野蛮国、未開国というかつての19世紀の文明カテゴリーでいうと、北朝鮮は「最悪の野蛮国」(かつてのカンボジアのポルポト政権と同じ)であり、

 それを支援している経済的には大きくなったといっても現在の『中国』も文明国の基礎点である「個人の自由、人権、平等、博愛」の面では、インターネットから国民を遮断して情報閉鎖監獄国家の強化している点では『文明国』のレベルにまだ達していない。

社会主義国を標榜する国は、独裁、人権抑圧国家に陥りがちである。

 

こうした北朝鮮(李氏朝鮮)の状況を132年前に的確に見抜いていた福沢諭吉

ちょうど今から、132年前に福沢諭吉は時事新報で「脱亜論」を唱えて、朝鮮、中国は『野蛮国』と断定し、「中国」『朝鮮』よりも、欧米の文明国を友人とする『脱亜入亜』論を唱えた。

この福沢の主張に対して、「福沢はアジア差別主義者である」との批判が、歴史家の中からもでて、論争が巻き起こった。

今回の事件をみても、一連の北朝鮮の行動をみても、福沢の主張に理があることがよりはっきりとわかってきた。結局、日清戦争は福沢の脱亜入欧の戦いであったいえよう。

 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(9)『金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」

  『(日本軍の出兵に対して)彼等の驚愕想ふ可し』は現在の日中韓北朝鮮外交 に通じる卓見、戦略分析である』

 ★『近年、日本のアジア政略は勉めて平和を旨とし事を好まず、朝鮮は明治十七年の甲申事変以来、 殆んど放擲し、清国関係には最も注意して事の穏便を謀り、言ふべきことをいわず、万事円滑 を旨としたのは、東洋の平和のため』★『傲慢なる清国人らの眼を以て見れば、日本人は他の威力に畏縮して恐るに足らずと我を侮り、傍若無人の挙動を演じている』

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/23545.html

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(3)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」

★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』

★『韓人の治安妨害』(「時事新報」明治27年4月19日〕』★『 朝鮮国王の指令で次々に4人の刺客を日本に送り込み、 日本の主権を侵し金玉均、朴泳孝の暗殺を実行した』★『朝鮮政府に対し不法なテロ事件の真相を究明し、国際談判を開き、黒白を明にして国家の治安を擁護すべし』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23429.html

 日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②『我々日本の人民は今日の文明において治にも乱にも殺戮の毒害を見ず、罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うしているが、隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状は700年前のわが源平の時代を再演している』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/23292.html

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』ー『北清事変後の北京議定書(1901)で各国の軍隊は相次いで引き上げたが、ロシアは満州に居座わり、さらに朝鮮に侵攻し軍事基地を築いたため、日本は日露開戦に踏み切った』①『ロシアの満洲撤兵問題の推移』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』 『北清事変後の北京議定書( …

no image
世界の最先端テクノロジー・一覧①『リアルなVRの時代がついに到来』●『時価総額45億ドルのMagic Leapが拓くミックス・リアリティの世界 スマホは不要になるのか? 』●『次のキーテクノロジーは音声、次の覇者はAmazon』●『空飛ぶバイク、ついに発明される(動画)』●『YouTuberが小学生の「将来の夢」に登場 コース開設の専門学校も』

 世界の最先端テクノロジー・一覧①   リアルなVRの時代がついに到来 http …

no image
新刊です・申元東 著, 前坂俊之監修『ソニー、パナソニックが束になってもかなわない サムスンの最強マネジメント』徳間書店 (1600円)

新刊刊行・申元東 著, 前坂俊之監修『ソニー、パナソニックが束になってもかなわな …

no image
日本リーダーパワー史(200)『100年前の日本「ニューヨーク・タイムズ」が報道した大正天皇-立場、その教育、日常生活(下)

  日本リーダーパワー史(200)   『100年前の日本「 …

no image
児玉源太郎伝(1)●死亡記事ー『知謀の参謀総長、脳溢血で急死』●『児玉大将の死を痛惜す』〔時事新報〕

 児玉源太郎伝(1)  日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→参謀次長)に …

no image
速報(402)『日本のメルトダウン』『3・11から丸2年』低線量長期内部被曝はどう影響するのか、日本記者クラブ会見動画ー

速報(402)『日本のメルトダウン』   ● <まとめ>『3・11から …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(9)日本最強の陸奥外交力③『 国大といえども 戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども 戦を忘れる時は必ず危うし(水野広徳)』③

 日中北朝鮮150年戦争史(9)    日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇 …

images
今年の日本エッセイスト・クラブ賞の『チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人』の著者・ジャーナリスト 阿部菜穂子氏が6月28日、日本記者クラブで自著を語る。(動画90分)

  ★<ジャーナリスト 阿部菜穂子氏 著者と語る『チェリー・ イングラ …

no image
速報(189)『日本のメルトダウン』 『2013年, 大暴落後の日本経済は』『アインシュタインの相対性理論を覆す大発見か?』

速報(189)『日本のメルトダウン』   ●『2013年, 大暴落後の …

ダウンロード-1-150x150
日本リーダーパワー史(698)日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したか」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争 へとトリガーとなる>

 日本リーダーパワー史(698) 日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国 …