前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②『我々日本の人民は今日の文明において治にも乱にも殺戮の毒害を見ず、罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うしているが、隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状は700年前のわが源平の時代を再演している』

   

 日本リーダーパワー史(768)

『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』

福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②

 

社説『朝鮮独立党の処刑』(明治18年(1885年)22326日掲載)

強者は力をたのんで粗暴になり、粗暴なためによく人を殺す、弱者は武より文を重んじて沈深(落ち着いていて思慮深いなので、沈深なるがゆえに人を害すること少なしという。なるほどそうかと思われるが、実際においては决してそうではない。かえってその反対を見ることが多い。

そもそも社会の人類を平均してその強弱を比較すると、強者は少数で弱者は多数である。他の智愚、賢不賢、貧富等の比例と同じで、愚者貧者が多数であり、弱者が多数であることは疑いない。

さて強者の本質は、強き者を敵にして勝つのが難しい相手に勝つことを努め、己が眼下にあって制御が自在になる者であれば、敵にしても味方にしてもこれを害する気持ちは大変少ない。時としては己が快楽を欠いても弱敵を助けんとするものが多い。故に強者が敵にする相手は常に社会中の少数にして、たとえこれを殺したとしても害の及ぶ所は决して広がらない。これは殺す術がないのではなく、これを殺すことの必要性がなく、容易に殺す術があるが故に殺すことを急がないのである。

これに反して文弱なる者は、その心事がたとえ沈深なるも、力においては己が制御の下にあるものはなはだ少ないために、いやしくも人を殺す機会さえあって自分自身に禍をする恐のないときはこれを殺して憚る所がない。つまり、弱者は必ずしも人を殺すのを好むものではないが、自家にたのむ所のものなきがゆえに機に乗じて怨恨を晴らし、後難を恐れる気持ちが強く、一時に禍根を断とうとして惨状を呈することがある。

古代の歴史をふりかえり、いわゆる英雄豪傑なる者の所業を見るに、軍事にも政治にも動もすれば人を殺してほとんど飽くことを知らないケースがある。はなはだしきは無辜の婦人、小児までも殺戮してやりたい放題の有様は、古人の武断、剛毅と思われるけれど、内実をよくみれば决してその人の強さのためではなく、かえって弱さのためのものと断定せざるを得ない。

一旦の機会に乗じて、他に勝つときはその機を空しゅうせずして殺戮にはしり、一時の愉快を取り、もう1つは禍根を断って永年の安楽をたのしまんとする臆病心より生じていると思う。

往古、アレキサンダー王が戦争に幾万人の敵を殺戮したといい、日本の源平合戦では勝つ者は敵の小児までも処刑したような事例も見られる。アレキサンダー王や源平の諸将らは勇猛果敢の武士のように見られるが、その実は敵を打ち破り、伏させる覚悟がないためにこのような卑怯な行動をとり、残酷に陥ったものと思う。


世の文明開化は人を文(知的、文化的)に導く

といえども、文運の進むに兼て武術(武器)もまた進歩し、人を制し人を殺す方法も増えるために、治乱の際にたと殺戮する機会あるものの、時代の変化によりに毒害の区域を広くすることはない。例えば、戦争から降りたる者は殺さず(一般人)、国事犯に常事犯に罪は唯一身に止まりて、父母・妻子に及ばないのみか、その家の財産さへ没収されることは甚た稀なり。

例えば、近年わが国では西南の役(西南戦争)で国事犯の統領・西郷南洲翁の如きはその罪は唯翁一人の罪にして、妻子兄弟には類は及ばなかった。今の参議・西郷従道伯は現に骨肉の弟なれども、日本国中にこれを怪しむ者はなかった。

わが政府が南洲翁の罪を窮めて殺戮を強行しなかったのは政府の力の足らなかったのではなく、その実は文明の武力はよく天下を制するに十分なので西南の役が再び起っても、これを征服すべきの覚悟あるためだ。

一言でこれを評すれば、よく人を殺す力あるものにして始めて、よく人を殺すことなしというものだ。これを文明の強という。古今を比較して人心の強弱、社会の幸不幸、その差は大変かけ離れている。

されば、古の英雄豪傑が勇武果断にしてよく戦い、またよく人を殺したというも、その勇武はただ一時の腕力の勇武であって、永久に必勝の算があるものではない、その果断や勇気は己が臆病心に迫られた果断、武勇であって、その胸中は臆病風にふかれたものなのである。

文明の勝算は数理(科学)によって違うことなく、野蛮の勝利は僥倖(偶然に得る幸運)によって定まったものではない。僥倖によって勝つものはその勝に乗じて止まることを知らず、数理を以て勝つものは再三の勝利を制すること容易なために、その際、悠々として余裕がある。


源平合戦は大昔のことだが、我々日本の人民は今日の文明に逢うて治(政治)にも乱(事変、戦争)にも屠戮(殺戮)の毒害を見ず、いやしくも罪を犯さざる限りはその財産、生命、栄誉を全うして奇禍なきを喜ぶ傍(かたわら)に、眼を転じて隣国の朝鮮を見れば、その野蛮の惨状はわが源平の時代を再演して、あるいはこれに以上のものであろう。

我々は源平の事を歴史に読み、絵本に見て辛うじてその時のことを想像するが、朝鮮の人民はいまだにこれを実行しており、700年も前の蛮行を怪むものがいないのは実に驚くべきことだ。日本なり朝鮮なりは等しくこれ東洋の列国なるに、昊天(こうてん、大空、広い空の意味)何ぞ日本に厚くして朝鮮に薄きや。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード-1-150x150
 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「脱亜論/日清戦争開戦論」を読む』(10) 『英ファイナンシャルタイム紙』(3月2日付)『金正男氏殺害の「大胆さ」に中国の影?』●『北朝鮮は基本的に中世の絶対君主制国家。中世イングランドのプランタジネット朝やオスマン帝国のスルタンを思わせるような殺人だった』

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑽」『高杉晋作の機略縦横と突破力③』明治維新に火をつけたのは吉田松陰、徳川幕府を倒したのは高杉晋作である』★『男子は困ったということだけは、決していうものじゃない』

  明治維新に火をつけたのは吉田松陰であり、230年惰眠をむさ ぼった …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉟『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰の語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』①

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉟ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『日本近代 …

no image
 日本リーダーパワー史(753)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」を検証する①(20回連載)」★『6ヵ月間のロシアの異常な脅迫、挑発に、世界も驚く模範的な礼儀と忍耐で我慢し続けてきた 日本がついに起った。英米両国は日本を支持する」』

 日本リーダーパワー史(753)– 『日本戦争外交史の研究』 世界史の中の『日露 …

no image
速報(144)『日本のメルトダウン』☆『欧州債務危機が大恐慌引き起こす恐れ=ソロス氏』

速報(144)『日本のメルトダウン』   ☆『欧州債務危機が大恐慌引き …

no image
終戦70年・日本敗戦史(111) 文明の衝突としての大東亜戦争―玉砕、餓死、自決、捕虜殺害の「人権思想」の対立①

                                         …

no image
イラク戦争研究ー『グローバルメディアとしてのアラブ衛星放送の影響―アルジャジーラを中心にー』

グローバルメディアとしてのアラブ衛星放送の影響―アルジャジーラを中心にー     …

no image
終戦70年・日本敗戦史(146)「戦陣訓」と戦時国際法違反(ジュネーブ条約)のダブルミスで大量集団自決と捕虜虐殺

終戦70年・日本敗戦史(146) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉓』●『南アのマンデラ元大統領が危篤に』●『ブラジルで大規模デモが』

      『F国際ビジネスマ …

no image
速報(451)『言論の自由後進国の韓国―呉善花さん、 韓国入国拒否され「人権問題」『自民改憲主流派の危険な憲法観』

 速報(451)『日本のメルトダウン』   ●『人権低国、言 …