前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<まとめ・再録>日本史上最大の英雄・西郷隆盛を研究せずして『日本現代史』『最高の日本人』を知ることはできない。

   

 

<まとめ>日本史上最大の英雄・西郷隆盛を研究せずして

『日本の現代史』『最高の日本人』を知ることはできない。

<まとめ>西郷隆盛についてーーー前坂 俊之(ジャーナリスト)

www.maesaka-toshiyuki.com/person/1907.html

 

(新資料紹介>

日本リーダーパワー史(32)英雄を理解する方法は―『犬養毅の西郷隆盛論(2010/01/24)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3567.html

日本リーダーパワー史(83)近代日本200年の最大の革命家/西郷隆盛を理解する方法論とは(上)

尾崎行雄の人物評ー(2010/08/08)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3394.html

日本リーダーパワー史(84)尾崎行雄の傑作人物評ー西郷隆盛はどこが偉かったか(下)

(2010/08/09)http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3393.html

日本リーダーパワー史(86)日本最大の英雄・西郷隆盛の最強のリーダーシップとは何か(下)

(2010/08/15)http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3391.html

日本リーダーパワー史(157)江戸を戦火から守った西郷隆盛,勝海舟、高橋泥舟、

山岡鉄舟の『三舟』の国難突破力①(2011/06/04)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3110.html

日本リーダーパワー史(160)『3/11<第三の敗戦>からの復活は若者しかいない。老害は消え去るのみ、

明治維新の志士たちは二十歳の若者たち(2011/06/13)

 www.maesaka-toshiyuki.com/person/3093.html

日本リーダーパワー史(166)山岡鉄舟の『国難突破力』⑤ 『金も名誉も命もいらぬ人でなければ、天下の偉業は達成できぬ」(2011/06/22)

www.maesaka-toshiyuki.com/person/3080.html

日本リーダーパワー史(167)『敗軍の将・勝海舟の『国難突破力』⑥『金も名誉も命もいらぬ,大ばか者でないと何もできんぞ」(2011/06/24)

www.maesaka-toshiyuki.com/person/3075.html

日本リーダーパワー史(170)『勝海舟の『国難突破力』⑦『英雄/偉人・大バカ・軍人・

凡人・みなへなちょこよ」(2011/07/03)

www.maesaka-toshiyuki.com/person/3032.html

日本リーダーパワー史(171)『勝海舟の『国難突破力』⑧徳川幕府崩壊史ー現在と対比して国ンンリテラシーを養う(2011/07/07)www.maesaka-toshiyuki.com/person/3025.html

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/『大日本帝国最後の日ー(1945年8月15日)をめぐる攻防・死闘/終戦和平か、徹底抗戦か?⑥』<8月14日の最後の御前会議―昭和天皇の言葉とは!>『御前会議が終ったのは正午,ついに終戦の聖断は下った。』

  2014/11/01 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉑ …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1058)>『弾劾か刑事訴追か、泥濘にはまったトランプ 息子までロシアと接触、次は周辺から逮捕者の可能性』★『トランプ長男、ロシア疑惑の動かぬ証拠を自らツイート』●『トランプ「支持率最低」政権の深刻すぎる前途 就任半年で政策動かず、ロシア疑惑が重し』★『「大惨事」もありえる米議会のヤバすぎる状況 大事な夏休みも短縮する勢い』●『 四面楚歌のトランプ、弾劾は時間の問題か 全米で次々提訴され、ロシアゲート捜査は核心に迫る』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1058) …

no image
日本リーダーパワー史(839)(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ②』★『菅官房長官を狼狽させた東京新聞女性記者/望月衣塑子氏の“質問力”(動画20分)』★『ペットドック新聞記者多数の中で痛快ウオッチドック記者出現!

日本リーダーパワー史(95) 5・15事件で敢然とテロを批判した 菊竹六鼓から学 …

no image
1940年(昭和15)、津田左右吉著の『神代史の研究』『古事記及び日本書紀の研究』 など4著書を発禁処分にし、津田を出版法違反(安寧秩序紊乱) で起訴された『出版暗黒時代」②

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→ 答えは「NO!」ーー19 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(221)/★「北朝鮮行動学のルーツ(上)」-150年前の「第一回米朝戦争」ともいうべき 1866(慶応2)年9月、米商船「ジェネラル・シャーマン号」の焼き討ち事件(20人惨殺)の顛末を見ていく』★『そこには北朝鮮(韓国)のもつ『異文化理解不能症候群』が見て取れる。』

    2016/03/11 &nbsp …

no image
知的巨人の百歳学(150)ー『日本で最も聡明な女性・野上弥生子(99歳)の晩年の生き方』★『もし文学者たらんと欲せば、漫然として年をとるべからず、文学者として年をとるべし(夏目漱石)』★『今日は昨日、明日は今日よりより善く生き、最後の瞬間まで努力する』

日本で最も聡明な女性・野上弥生子(99歳)の晩年の生き方   野上弥生 …

no image
日本リーダーパワー史⑫ 東條英機が総理大臣になった理由と経過とは・・日米開戦へ

    日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機     …

no image
百歳学入門(232)ー曻地 三郎(教育家、107歳)「100歳生涯現役を楽しむ20ヵ条」★『<生涯現役>と厳(いか)めしい顔をするのではなく、 生涯現役を楽しめばよい』★『風が吹けば風になびき、苦しいことがあれば苦しさに耐え、「あの時こうすればよかった」などという後悔は何一つない』

「100歳生涯現役」を楽しむ 曻地 三郎(しょうち さぶろう) https:// …

no image
日本メルトダウン(1005)ー『  プーチン訪日を批判報道する中国――対中包囲網警戒も(遠藤誉)』●『中国、日露首脳会談「成果なし」に安心?』★『中国の大気汚染、北部23都市で最高レベルの「赤色警報」発令へ』◎『中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ 香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・』●『中国人頼みのカジノは必ず失敗する(李小牧)』●『爆買い客が中国に持ち帰った最も貴重なお土産とは? 日本流ビジネスを自分たちのモノにしていく中国人』●『韓国、中国人観光客の大暴れ多発が社会問題化…飲食店に酒持ち込み無銭飲食、殺傷&暴行多発』

日本メルトダウン(1005)   プーチン訪日を批判報道する中国――対 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(104)/★『記事再録/<まとめ>日本最強の外交官・金子堅太郎ーハーバード大同窓生ルーズベルト米大統領を説得して、 いかに日露戦争を有利に進めたか、その驚異のディベート・テクニック』★『『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー黙っていると”Silence is Consent”。 どしどし反論せよ』⑤』

     2015/01/22の連載記事 …