前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『健康ならば死んでもいい患者』の『百歳ムリムリ入門』-『日本初!海上バカ説法を聞け! 鎌倉座禅カヤックー筋肉バトル1万回は<快楽、爽快、 苦役、悦楽、苦多苦多>大喝じゃ!,ああシンドいわ!』

   

20121120『百歳学実践入門』(223『釣りバカ・カヤック日記』番外編

記事再録

「釣れなくてよし、釣れればなおよし」の座禅釣り坊主じゃ。

海上説教といくよ。むにゃむにゃ説教しているから聞いてよ。海上では誰も聞いていないので、youtube説教じゃ、聞かんでもよし、見なくてもよし、どうでもよしじゃ!

健康カヤック、長生きカヤックそんなのムリ、ムダだが、座禅カヤックを実践中じゃ、

ゆっくり、ゆっくり、波まかせ、風まかせ、風邪まかせ、ハクションじゃ。ミズスマシ人間、魚と同じ気持ちになれるよ、

日本­人はあわてすぎ、あせりすぎ、頑張りすぎ、力を抜いて、ぶらぶらだらだら、ゆっくり、こっくり

カヤック、サーフフィンで昼寝をすれば、太平洋のリズム、魚たちの声が聞こえてくるよ。

  • <悠々として、急げ!>

<この道を行けばどうなるかと、心配するなかれ!行けばわかる。一歩踏み出せば、それが道になる>

<お前の前に道はなし、お前が歩けば道ができる。迷わず歩け>

★<こせこせするな。ゆっくり、ゆっくり、急がず、あわてず、あせらず、あきらめず、あくせくせずに、あてもせずじゃ。大喝じゃ!>

いつも鎌倉カヤック禅をやっておって思うよ。

達磨のように面壁30年も無念無想も、まあよいが、達磨の故郷は海に面しておらん。鎌倉仏教は山岳宗教と同時に海に囲まれてい­るので、広く世界を見据えて世界宗教になるためにも海上宗教となって、仏教密教を開錠開呪しなくてならん。

こんなに海に囲まれているのに、海を利用している人間が少ないのも、日本だけじゃぞ。封建的な土地本位制度で、住宅が狭く心も貧しい時代が今なお続くのよ。
わずか4畳半、6畳ほどのマッチ箱のようなせまい、せまい牢獄のような住宅に何千万円ものローン手錠で一生つながれたサラリーマン囚人となって、昔、フランスの大統領がウ­サギ小屋に住む働き中毒の日本人といいよったが、正しくその通り。

今も海に面した湘南でもネズミ小屋の5,60平米のコンクリートの監獄マンションが4,5000万円で売り出されて、可哀想に買っちゃってサラ­リーマンという名のドレイ、ローン手錠につながれた懲役3,40年となって働き続ける。

働くとはよくいったものよ。「傍を楽にする」「自分や家族をらくにするのではない」「石川啄木の『働けど働けど、わが暮らし楽にならず、じっと手を見る』というのは明治の話だが、今もこの状態のサラリーマンね、またリタイアの年金老人も全く同じ、働いて、「はたを楽にして」役人や税人泥棒の政治家、議員、官僚、1千兆円もの国の借金がばらまかれてフトコロに入れた連中たちを楽にさせているだけなのじゃよ。
『この日本人のドレイを自覚していないサラリーマンたちの勤労犠牲精神の上に成り立ってる日本株式会社、政治家、官僚、役人働かない天国国家』をぶち壊さなければなら­んのじゃ、大喝!!
残業代なしの過労死奴隷労働にもくもくと2時間かけてJR酷鉄の満員輸送貨物に乗せられて1,2時間の人間疎外に耐えている。もう50年以上も黙々と抵抗もせず、こんな状­態に甘んじていて、GHP(国民総幸福度)と正反対のGDPの虚構の犠牲になって、過労死しているのじゃな。

人間の幸せとは何か、国民の幸せとは何か、人っ子一人いない海(鎌倉、湘南の沖合にカヤックでいけば、まさしくそんな海だ)といけば、よくわかる、孤独と大解放の中で、狭い日本の『土地鎖国・中央集権垂直国家』(ガラパゴスジャパン)のカラクリが見­えてくるのよ。底までもね、冬の鎌倉海は10メートル以上も透明度がまして海底がばっちり見えるから楽しみだわ。

海は広い、大きい、フラット、グローバル、アメリカにも中国にもロンドンにも鎌倉海はつながっておる。いうまでもないわな、カヤックでも漕いで行くことだって、風任せに堀江謙一だって太平洋一­人ぼっちで、ヨットで単独アメリカに渡ったのは、もう40年も前のこっちゃ。

鎖につながれた日本人は、相変わらずの働き蟻以下、昆虫人間だよ。しかし、バッタにしても,チョウチョにしても,渡り鳥にしても、サケにしても魚にしても、国境などはありはしない。自由自在に生きている。日本人の『一生懸命」頑張りますの精神は「一所懸命』の奴隷根性なのよ。

昆虫もチョウ類も魚類も人間の何百倍もの超能力の持ち主で、自由自在に地球を飛び回り、太平洋を自由自在に泳ぎ渡っている。それを妨げる国境線などは空にも海にもありはしない。ボーダレス、シームレス、地球生物は人間以外の生物で、人間だけが「地球破壊者」なのじゃ。大バカものの間じゃ。

100歳時代の到来など、騒いでいるが、ますます、地球を食い物にして(消費すること)、地球環境を破壊して、今その温暖化、海水温の上昇、異常気象の頻発、巨大台風の発生などによって報いを受けているのじゃな。

4畳半のアパート暮らし毎月5万円でも、週1,2回でもサーフィン、カヤック、ヨットで海に出ればすべてはタダじゃ。

公海、フリーだ、フラットだ、自由だ、精神もフリーに­オーシャンにフリードダムに、ボーダレス(国境なし)オープンスペースに、昼間はサーフィン、夜はネットサーフィンでグローバルにオープンマインドになるのじゃ。

いちどでてみなはい。こんなに楽しく、スポーツ、体も心も精神も鍛え楽しみ解放されるところはないのじゃ、喝!、自分に勝つ、道場じゃ!海上じゃ。

 

人間はな、大海にでれば小魚でも大魚になる、サケの稚魚が大海にでて大きく成長して、生れた川に戻って来るようにな。人間も同じ。雑魚いわし的日本人もマグロ、クジラにもなれるのじゃ。老も若きも女性も子供もジジイも、ばばあも海に抱かれるマリンスポーツこそ『人生最高の幸せなのよ」カツ!じゃ。

 

 – 健康長

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)>『カタールの天然ガス輸出先は第1位が日本で全体の約21%』★『イランシンパのカタールを、テロリスト支援国家の役割から全面的に手を引かせる事が今回の国交断絶の主目』★『コラム:瀬戸際のカタール、事態収拾に元首交代も選択肢』●『国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由』★『カタール、LNG契約交渉で日本側に強硬姿勢 権益排除も』●『イラン、日本への液化石油ガス輸出を停止=通信社』

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)> 『カタールの天 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑦1903(明治36)年4月30日『英ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『ロシアは満州撤退せず』『ロシアと日本』

    『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争』⑦ 1903(明治3 …

no image
百歳学入門⑪<日本超高齢社会>の過去とは・・・<半世紀前までは人生わずか50年だった日本>

 百歳学入門⑪<日本超高齢社会>の過去とは          …

no image
日本リーダーパワー史(584)「エディー・ジョーンズ・ラグビー日本代表HCの<世界に勝つためのチームづくり>日本ラグビー界は「規律を守らせ、従順にさせる練習をしている」●「選手のマインドセット(心構え)し、自分の強みを把握して最大限に生かすこと」

  日本リーダーパワー史(584)  エディー・ジョーンズの必勝法ー …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑴』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、第1回-20回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(1) 『中国紙「申報」』の論説から 日中韓150年 …

no image
百歳学入門(158)★『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(94) 『病弱だったことが私の成功の最大の秘訣!ー『私1人でできんのでみんなに任せてやってもらった。」

百歳学入門<158> 『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(9 …

no image
★5世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞)前田健太、岡崎慎司、香川信司、イチロー

世界が認めた日本人アスリートの活躍(2016/4月間賞) 前田健太、岡崎慎司、香 …

no image
日本リーダーパワー史(530)「何よりダメな日中韓の指導者―安倍首相も「成熟した大人のグローバルリーダーシップを磨け」

   日本リーダーパワー史(530)   「安倍自 …

no image
人気リクエスト記事再録/百歳学入門(32)『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』★『『創造人間は長寿になる』→『生きることは日々新たなり、また新たなり』

百歳学入門(32) 『世界ベストの画家・葛飾北斎(90)の不老長寿物語』 &nb …

no image
<一連のオウム真理教事件の全解説>

1 『明治・大正・昭和・平成事件・犯罪大事件』東京法経学院出版(2002年7月刊 …