前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(99)「Shinzo Abe and Japan’s History 」「 安倍晋三と日本の歴史」(NYT, 4/20)

   

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(99)』

   “ Shinzo Abe and Japan’s History “

    ” 安倍晋三と日本の歴史” (社説)

 By NYT, THE EDITORIAL BOARD APRIAL 20, 2015

http://mobile.nytimes.com/2015/04/20/opinion/shinzo-abe-and-japans-history.html?_r=0

「F 氏コメント」

それにしてもNYTの、安倍首相、安倍政府の政治的発言に関する監視、注視
そして細部にわたる分析、論評、非難は長期に亘り執拗で実に執念深く、ジャ
ーナリズムの鑑とも言える。

一言でいえば、国家主義者安倍は、日本国民が多年にわたり築き上げてきた
平和主義、民主主義を壊しつつある要注意人物である、と指摘し続けている。

因みに、4/22付けのEDITORIAL NOTEBOOK, “ Working Through the
Past”の中では、フランスの極右政党国民戦線の初代党首、ル・ペンがナチ
の残虐行為を矮小化している事実や、スターリン残虐行為の検証に反対する
プーチン、と並べて、”日本の攻撃的国家主義者、安倍晋三首相”の、歴史を
修正しようとする姿勢を取り上げ、”過去を克服するには、悪魔とそれを齎した
原因を検証することしか無い”と断じている。

第二次大戦における侵略、虐殺、強制連行、従軍慰安婦の事実を率直に認め、
この歴史的問題を誤魔化さず真摯に向き合うことが、日本が東南アジア、そ
して世界の信頼を勝ち得て行く王道であることが、安倍氏には何故分からな
いのだろうか?と慨嘆している。

この4/20付の社説の前は、4/10付で天皇陛下のペリリュー島慰霊の
訪問を取り上げ、両陛下の死者の霊に対する「不戦の誓い」という真摯な姿
勢に対し、安倍首相は相変わらず、過去の歴史を修正、曖昧に糊塗したがっ
ている、と非難し、両陛下の姿勢に学ぶべし、と言う。
さて、添付のNYTの「編集後記」で、日本の総理が、プーチン、
ル・ペンと並んで歴史修正主義の超国家主義者としてリストアッ
プされています。外目でも完全にそうなっている、と再認識しま
した。

国家主義者ということは、岸そのものです。国民主権を忘れています。

岩波の「岸信介」を読み返しましたが、巣鴨の千日間日記には、

330万人の大戦死者への弔いや戦争指導者としての悔恨、国民
への謝罪の表現は見当たりません。国民が国家の犠牲になるのは
当たり前の思想でしょう。

権力欲の持続、絞首刑回避の期待、など娑婆くさい話ばかり?です。
僧侶の心境など皆無です。プリズンを出たら、新憲法下でどう泳ぐか?
の勉強です。90歳まで生きています。

http://www.nytimes.com/2015/04/23/opinion/working-through-the-past.html?_r=0

http://mobile.nytimes.com/2015/04/20/opinion/shinzo-abe-and-japans-history.html?_r=0

 

   “ Shinzo Abe and Japan’s History “

    ” 安倍晋三と日本の歴史” (社説)

      By NYT, THE EDITORIAL BOARD APRIAL 20, 2015

http://mobile.nytimes.com/2015/04/20/opinion/shinzo-abe-and-japans-history.html?_r=0

今年は第二次世界大戦における日本の敗戦、70周年記念の年である。

そしてある程度、この訪問は日本の戦後の目覚しい復興と、昔の敵国との強固な同盟のお祝いとして企図されている、これらは、地域の安定の基礎となっている。

しかし、この訪問の成功は、安倍氏が日本の戦争の歴史に正直に対峙するかどうか、いかに正直に対峙するか如何かにもかかっている、その戦争の歴史とは、戦争遂行の決断、中国と韓国への野蛮な支配、何千もの女性を戦時の売春宿で、性の奴隷や慰安婦として無理やり働かせた残虐で奴隷扱いした行動を含んでいる。

今頃は、その歴史は解決されている筈であった。それが未だ解決されていないと言うことは、主として安倍氏とその右翼的政治同盟者の失敗である、彼等は歴史に疑問を投げかけ、それを書き変えようとさえし、地域の緊張に火を点けた。安倍氏は、日本降伏の実際の日付である8月15日には、この事全てについて、多くを語る必要があるかもしれない。しかし、議会への彼の演説は重要なシグナルを送るであろう。

彼の政府はその歴史を誤魔化そうとして、問題を悪化させている。今月、韓国と中国は、日本の文部省の取り組みを批判した、それは中学校の教科書の出版社に対し、紛争中の島嶼の所有権と戦争犯罪を含めた歴史的事実の記述を、より曖昧な政府の公式見解に合致させるよう書き換えを命じたことである。そして、去年、安倍政府は日本が性奴隷化した女性たちについての1996年の人権レポートの書き換えを国連に求めて失敗している。

多くの日本の右派達は、彼らの国が大戦後のアメリカとその同盟国によって不当に中傷されてきたと信じている。安倍氏は、日本は既にその軍国主義的行動と残虐行為について十分な償いを済ませていると信じている、という印象を与えてきた。それよりも、アジアにおけるアメリカの対中国政策を支援し、グローバルな責任を果たすことのできる21世紀のリーダーとして日本の国を定着させることを優先させようとしている。

しかし、日本がその過去についての批判を拒み続けるならば、より一層大きな役割を信頼を勝ち得ながら果たしていける様にはならない。日本の天皇明仁とそのファミリーは、はるかに大きな模範を示している、皇太子徳仁は明らかに安倍氏を批判する意図で、未来の世代に”正しく歴史を伝える”ことの必要性について言及した。

事の成否は、安倍氏が彼の右派的な支持者たちを進んで排除して、アジアの安定を弱体化させるのではなく、むしろアジアの安定を強化できるような論調で語れるかどうかにかかっている。

http://mobile.nytimes.com/2015/04/20/opinion/shinzo-abe-and-japans-history.html?_r=0

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1073)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉③』★『 北朝鮮より大きな危機が、5年以内に日本を襲う可能性』●『ミサイル発射の北朝鮮に圧力だけではダメだ 時間をかけて交渉、環境づくりに努めるべき』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える』★『コラム:米朝開戦時の円相場シナリオ=佐々木融氏』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1073 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑻」「高杉晋作のインテリジェンスと突破力がなければ、明治維新も起きなかった。

●「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、 明治維新も起きなかった。 古来密接な …

no image
世界で活躍したすげー女性史(14)日本風狂人伝(24)「ジャポニズム」の先駆者・松旭斎天勝―世界公演で大成功の「マジック女王」

    2009/10/28 &nbsp …

no image
新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥伝社新書、230P、2009年11月5日刊行)

  新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥 …

no image
野口恒のインターネット江戸学講義⑧>第3章 町人文化を創った出版文化のネットワ-カ-(下)「十返舎一九」ら

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑧>   第3章 町人 …

no image
 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑥1902(明治35)年2月19日『ノース.チヤイナ・ヘラルド」『日英同盟の内幕』●『西太后が信頼した外国は①米国②日本➂英国で『日本は血縁関係の帝国同士で、 中国に対する友情をもって決して外れたことはない』★『袁世凱とその同僚の総督たちは日本派で日英同盟を 結ぶようイギリスに働きかけた。』

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑥   …

no image
速報(111)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報2本>『原発は巨大な「海温め装置」-エネルギーの3分の2は海に棄てられる

速報(111)『日本のメルトダウン』 <小出裕章情報2本>『10シーベルトの被曝 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

qqqq
最高に面白い人物史①人気記事再録★「日本人の知の限界値」「博覧強記」「奇想天外」「抱腹絶倒」―南方熊楠先生の書斎訪問記(酒井潔著)はめちゃ面白いよ①

    2015/04/29 &nbsp …

222DSC09267
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(230)』-『35年ぶりに、懐かしのイスラエル第3の都市・ハイファを訪ねた。②』★『テルアビブへ行く途中、世界遺産カイザリアの遺跡が忽然と現れ、現在も大規模な遺跡群を発掘中でした。』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(230)』 ・ハイファ〜エル …