前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(67)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯日本の統一教育の欠陥ー「個性無視、型にはまった人間を 粗製乱造した教育制度で日本亡国」

      2015/05/12

  終戦70年・日本敗戦史(67)

A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑯

 日本の統一教育の欠陥ー「個性無視、型にはまった人間を

粗製乱造した画一的な教育制度が日本を滅ぼした」

ーいまも政府、文部省の中央直轄のダイバーシティー(多様性)

無視の失敗教育を相変わらず繰り返している。

統一教育の悲哀暴露

 

日本の人材欠乏が、官学に基く事は、私は久しい以前より、憂慮した所であった。そこで明治の末期から大正の初期にかけて、予は「統一病」と題し、今のように型にはまった人間を製造する教育では、到底、国家の御用に立つべき人間は、出来るものではない。一旦緩急あれば、国家はたちまち人材の欠乏に困るであろう事を、しばしば警告した。

しかし当時は、誰れも顧みる者はなく、ただ官学で世の中を吹き回し、単に官界ばかりでなく、民間私立の事業にも、採用される者は、まず官学の秀才という事になって来た。

即ち官学と私学とに差別を置くばかりでなく、官学中でも卒業の成績によって、その採用は定められた。つまり、官学における試験の点数が、社会での出身のために、物を言う事となった。こうして社会の各方面に、配置されたる人間は、植木屋がハサミで揃えたような人間、活版屋が活字で印刷したような人間、トコロテン屋が器械で押し出したような人間が出で来たのは、当然でもあり、必然でもある。

とにかく今日では、昔の事といえば、一切合切が悪い事にしてしまう癖があるが、我等は如何なる場合でも、物には表裏があり、楯には両面ある事を、忘れてはならぬ。

明治維新の際に、人物の輩出したのは、徳川氏時代は各藩割拠の賜といわねばならぬ。同じ日本人でも、維新頃の薩人(鹿児島県人)と長人(山口県人)は、必ずしもアテネ人とスパルタ人程の相異はなかったとしても、相当の相異があった。また肥前(熊本)といい、土佐(高知)といい、皆なそれぞれの特色があった。その他、越前にせよ、肥後にせよ、筑前にせよ、金沢、仙台、米沢、庄内、会津、桑名、何れもそれぞれの特色を持っていた。

幕府その物もまた、一個の特色があった。

それで維新の事業には、皆なそれぞれ相当の道具立てが揃っていた。公家からも武家からも、江戸の通人、各藩の田舎者が皆な銘々の特長を持っていた。それでそれぞれ用に立ったのである。しかるに維新以来、殊にその中期以後は、官学全盛の世の中となって、それが社会の中堅所を支配した。いやしくも法学士の銘を打てば、津軽人でも鹿児島人でも、壱岐対馬人でも、北海道人でも、ちゃんと立派に、法学士的のタィプが出来上がっている。

それが何年組とかいう事になり、陸海軍では、それが何期生という事になり、何れも学校その物を、社会に延長させて行ったからして、なるほど品物は揃うたが、揃った品物は、唯だ一色という事になった。あたかも満洲で大豆が出来るように、如何に大豆が出来ても、大豆以外には何物もないという事では、全く困るに相違ない。

ところが日本の人物は、いわば大豆一式であって、米もなければ麦も無く、馬鈴薯もなければ、サツマイモもなく、野菜もなければ魚肉もななく、肉類もなく、豆ばかりでは豆腐を造る事さえも出来ない。今度の亡国も、いわば統一教育の悲哀を示したものと、いう他はない。

我が官学の教育では、文武何れの方面にしろ、一通りの技術だけは教えたが、如何にしてこれを用い、如何なる場合にこれを用い、如何にこれをその時、ところで適用させるかという事は、一切教えていなかった。

従って官学の秀才は、学校で教えられたものを、そのままこれを鵜呑みにして、これを実際に応用する事になったから、応用された社会こそ、実に当惑千万といわねばならぬ。

要するに総ての学問は、教えられたとしても、我が官学には、人間学なるものは、全く抜きにしておかれた。そのために、政治方面においては、人間学を知らない地方官、司法方面においては、人間学を知らない裁判官、実業方面では、人間学を知らない実業家、軍隊におてもまた同様であって、彼等は唯だ士官学校や、兵学校や、陸海軍大学校で教えられた通りの事を、施こすばかりで、同僚が何者であるか、上司が何者であるか、部下が何者であるか、敵が何者であるか、味方が何者であるか。それ等の点には、一切無頓着であった。

こんな人間をかき集めて、彼等に軍国の大事を托したる、日本国こそ不幸なるもので、遂に今日の状態まで、我れ自から我れを引きずり落として来た。今更ら誰をか怨むべき。今更ら誰を咎むべき。我等はいわゆる亡国の種を播いて、亡国の巣を収穫したる事の現在を見、今更らながら、因果応報の恐るべき鉄則に、戦慄する者である。

官学のみを咎めるたが、日本の私学も、明治の中期頃までは、やや特殊の気風を持っていたが、明治の末から大正昭和になっては、私学は全く官学に似て非なるものとなった。私学はただ田舎娘が、都会の女を学ぶように、官学を模倣して、一歩でもそれに近かづく事を祈願としていた。

例えば政党などというものも、従来は特色ある人物が輩出したが、やがてはその総裁幹部には、官僚の古手、即ち官学出身の人間を迎え、彼等の手によって、支配される事となり、政党その物も、また一種の官僚的雰囲気の中に、棲息する事となった。新聞なども、また殆どその通りと言うさしつかえあるまい。

 

(昭和22年1月30日午前、晩晴草堂にて)

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(627)日本の安保法制―現在と150年前の「富国強兵」政策とを比較するー「憲法で国は守れるのか」×「軍事、経済両面で実力を培わねば国は守れない」(ビスマルクの忠告)

   日本リーダーパワー史(627) 日本の安保法制―現在と150年前の「富国強 …

no image
速報(277)『世界危機”不安は喉元を過ぎて忘れられたのか」●『橋下徹氏とテレビ」「日本の家電はガラパゴスへの道』

速報(277)『日本のメルトダウン』  ◎『世界危機”不安 …

no image
片野勧の衝撃レポート(60)戦後70年-原発と国家<1952~53> 封印された核の真実ー原爆報道が一気に噴出①

片野勧の衝撃レポート(60)  戦後70年-原発と国家<1952~53> 封印さ …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉒「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑦『前代未聞の退位と即位』

  「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「 …

no image
日本メルダウン脱出法(670)「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ」●「トヨタ、「意志ある踊り場」の先に何を見る?」など7本

  日本メルダウン脱出法(670) 「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ …

no image
 世界も日本もメルトダウン(962)★『ポピュリズム跋扈の中、日露急接近で世界史は動く 米国が最も恐れる対米独自外交路線に安倍は踏み切れるか』●『コラム:北方領土問題で急接近するロシアと日本』●『 パックンのちょっとマジメな話 盛り土は気になるけど、北方領土もね』●『米国には「二重投票」する有権者が百万人! 大統領選のインチキ暴く』●『  未来の電子社会に影を落とす過去の冷戦、 米大統領選の電子投票システムもハッキングされる? (英FT紙)』●『ノルウェーの巨大ファンド:国富を使わない方法 (英エコノミスト誌)』●『ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し』

 世界も日本もメルトダウン(962)★   ポピュリズム跋扈の中、日露 …

no image
日本リーダーパワー史(360)『エピソード憲法史』【ペニシリンから生まれた憲法】白洲次郎の『ジープ・ウェー・レター』など

日本リーダーパワー史(360)             <『わずか1週 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年ー『孫文の辛亥革命を日本の新聞はどう報道したのか』①

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した今後の日中 …

no image
速報(78)『日本のメルトダウン』●(小出裕章情報『次の事故は違うシナリオで起きる』『もんじゅは事故が起きれば福島の比ではない』

速報(78)『日本のメルトダウン』 ●(小出裕章情報『6月23日 次の事故は違う …

no image
日本リーダーパワー史(442)「北朝鮮の激震内幕」深層解説ー前田康博氏から張成沢処刑の背景を聞く(動画40分/12/19)

 日本リーダーパワー史(442)   ◎「北朝鮮の激震内幕」 …