前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』(53)「日清戦争宣戦布告2日後―中国連勝の朗報に接し喜んで記す」

      2015/01/01

  


『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』53


 

1894(明治27)年 光緒20年甲午日『申報』

 

日清戦争宣戦布告2日後―中国連勝の朗報に接し喜んで記す

 

 

孟子の言にいわく。「小はもとより以て大に敵す可からず.寡はもとより以て衆に敵す可からず,弱はもとより以て強に敵す可からず」と。今日,日本が中国を軽視し,中国の属邦を奪おうとしてい.るのは.孟子の言に甚だしくもとることだ。

 

論者はこう言う。大小.衆寡.強弱は.地と人のみについて言うのではない,と。中国の国土は日本に10倍し,中国の人口は日本に数十倍するが,中国が甚だ強いとは思えず,日本は甚だ弱いとは思えない。それはなぜか。

 

 

日本はよく西洋のやり方に目を向け.政治.教育,法制ことごとくこれに従い,西洋の方法は従来の沈滞した積習を一変した。これにより,維新以来、徐々に東海に雄をとなえるようになり.西洋諸国は日本がよく自分たちの下風を拝するのを快く思っている。

 

西洋に慈しみ育てられた日本は,暦を改め,服装を変え,従前の将軍の権力をことごとく剥奪した

 

先ごろ台湾に侵入して,ほしいままに振る舞ったが.中国はこの戦いにおいては譲歩した。さらに.琉球を滅ぼしたが.中国は結局これに関しても不問に付した。他の国々は皆,日本は強く,中国は弱いとみなしている。中国が西洋と通商をしている理由は西洋のやり方を倣うことにある。

 

しかし,汽船.銃砲,電信などのはかは中国の学問をすべて捨て去ったとは言えず,しかも中国の学問で最も悪いところは.因循,粉飾にある。海軍は錬磨数十年にわたるが.先きごろの馬江の一戦では,あろうことか戦わずして壊滅したが,いまだ大々的に仇を討ったということを聞かない。

 

今日,日本は不法にもソウルを占拠しようといている。中国人にして心穏やかな者はなく,中国がここにおいて.大々的に討伐の挙に出ないことを,我慢すべきだというなら,我慢できないこととはいったいどんなことだろうか。また,軍艦を出動させようとしないのは.前車の轍を踏むのを恐れるからではないか。それぞれが自分が強いという自信を持てず,また,日本を弱視することもできないと憂えている。

 

私は日本が驕り,中国に恐れる心があれば,何とか一戦を交えることができるといいたい。日本は最近兵を発しいちはやく、朝鮮の首都に侵入し.国王を誘拐し,さらに要害の地に兵を配して中国の援軍の進路を阻み,途中の交通を遮断して攻撃をかけ.ついに中国兵を乗せて朝鮮に赴こうとする

汽船

 

 高陞号は日本に隙をつかれて,軍隊,船ともに沈められてしまった。日本はすべてに先を制し.中国はいたるところで後手に回っているようだ。切歯扼腕、,無念の涙にくれ,鬱々として楽しまずにいるところへ,このところ次々と勝報がもたらされた。

 

済遠が日本船を撃破し,日本船は高々と清の国旗を掲げ,頭を垂れて降伏し.白旗を立てて停戦を求めた。もし2隻の軍艦が来て日本船を援護しなければ,これは 高陞号の恨みを晴らす一大快事となっただろう。

 

済遠もまた損傷を受け,砲術士官を大いに悔しがらせたが,なお自在に航行するを得た。このことから中国には使用に堪える船がないわけではない。また,乗組の兵士も役に立つ者が1人もいないわけではないのだ。

 

牙山の初戦では.日本軍は,わが国の大軍がまさに到着しようとするのを知るや,先を制さんと中国軍の手薄に乗じて突然攻撃をかけてきた。牙山の中国軍の兵力は,以前に外の地へ出したため,残りはわずか2000余,日本軍は初め1600の兵力で攻めてきたが,さらに3200の兵を動員し,二をもって一を制圧せんとした。

 

 

中国の兵はよく勇をふるい,先を争い,闘志を100倍させ,一をもって十に当たり,長時間の激戦を戦い抜いた。日本軍は敗北を喫しこそこそと逃げ去った。残念なのは,葉曙卿【志超】将軍が自ら前線に赴き.身に銃弾を受け,重傷を負ったことだ。

 

昨日もたらされた電報によると,牙山でまたもや日本軍の猛攻撃を受けたが,中国兵は力をふるってこの攻撃を制して,完全な勝利を獲得し,無数の日本軍が死傷したという。

これは望外の喜びだ。 高陞号沈没という不幸なできごと以来鬱々として数日を過ごしているところだったからだ。中国兵は陸戦に長じているが.日本人もまた,かつて明の時代にしばしばわが国を侵犯しており,もともとは陸戦に長じ,その倭刀は向かうところ敵なしと称していた。

 

明治になってから,西洋の方式に倣って,刀を廃し.銃を採用するようになり.近来.刀は骨董品と化してしまった。人は皆銃砲に慣れ,陸戦の法が全くわからなくなり,ただ堅牢な軍艦,高性能の火砲を侍んで東海の浜でほしいままに振る舞い,天下無敵と自負している。

 

西欧各国に対しても近年来またすこぶる軽侮の意を抱き.先ごろのイギリス公使に対する侮辱事件はすでに非を認めて謝罪したとはいえ,その軽挙妄動,ヨーロッパ軽視はすでにうかがわれる。ヨーロッパ各国は近年来,これに対して強い不快感を抱いているようだ。

 

ところが日本はそれを悟らず,なおその虚勢をたくましくし,侵犯することにより中国の藩属国朝鮮を奪おうとしている。大いなる懲罰を与えてもよいのだ。牙山の諸軍は.今やこの炎暑の中で鎧をまとい剣をとって強敵を破っている。

 

熱しては東海の汝を浴び,渇しては倭奴の血を飲む。これこそまさに汗血の功労でありその功績は皇帝の旗に記され,鐘鼎(しょうてい)に刻まれるに値するもので,楼蘭人の頭を斬り,升のように大きな金印を博取したようなものだ。頭をあげて東を望み,諸君のために額に手をかざして,慶祝してやまない。

 - 戦争報道 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(21)世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での日清戦争勃発〈1894年)③清国(中国)との交渉は『無底の釣瓶(つるべ) を以て井戸水をくむが如く、いつも その効なく、無益に終わる」(パークス英公使)

 日中北朝鮮150年戦争史(21) 世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での …

no image
世界リーダーパワー史(934)ー『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはついに墜落寸前か!』★『政府高官たちは大統領失格のトランプ氏に対して憲法修正25条の適用を水面下で検討したものの、同条の適用は史上初となるため「憲法上の危機」を招くため、同氏の退任まで政権を正しい方向に導くことで一致した』

世界リーダーパワー史(934) 『迷走中のトランプ大統領のエアフォースワンはつい …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑭』学童疎開から戻ったら一面焼け野原に・・』

   片野勧の衝撃レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11> …

no image
終戦70年・日本敗戦史(121)日清戦争1ヵ月前の新聞報道を読む④「清国流の詐術にひっかかるな」と国民新聞は主張

終戦70年・日本敗戦史(121)                   <世田谷市 …

no image
日中韓外交の教科書―1894(明治27)年11月26日 英国「タイムズ」掲載 日清戦争4ヵ月後―『日本と朝鮮―日清戦争の真実』(上)

日中韓外交の教科書―英国タイムズ報道の「日清戦争4ヵ月後―『日本と朝鮮―日清戦争 …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか➈』-『トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」★『銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙(ひんしゅく)。この男に心はあるのか?』★『米副大統領、平昌五輪で北朝鮮と会談予定だった 北朝鮮がドタキャン』

トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」 前坂 俊之(ジャーナリスト) CNNは1月 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉝『開戦2週間前の「英タイムズ」の報道/★★『ロシアが極東全体を独占したいと思っており、一方、日本は,ロシアの熊をアムール川の向こうの自分のすみかに送り返して,極東における平和と安全を,中国人、朝鮮人,そして日本人のために望んでいるだけだ』

    『日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉝ 『 …

「Z世代のためのウクライナ戦争講座」★「ウクライナ戦争は120年前の日露戦争と全く同じというニュース]④」『開戦32日前の「英タイムズ」―『日英同盟から英国は日本が抹殺されるのを座視しない』●『極東の支配がロシアに奪われるなら、日英同盟から英国は 日本が抹殺されたり,永久に二流国の地位に下げられる のを座視しない』

    2017/01/12  『日本戦 …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(4)<最重要記事再録>日中のパーセプションギャップ、コミュニケーションギャップの深淵』★『(日清戦争開戦1週間前ー「戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず」(申報)』★『120年前の日清戦争で近代科学思想、合理的精神の西欧列強に一歩でも近づこうとした日本と、1000年にわたる封建的、儒教精神の旧弊で風水の迷信に凝り固まった「中華思想」、メンツから一歩も発展していない清国(中国)が戦端を開いてみれば、どんな結果になったか ー新聞『申報』のバックナンバーを読むとよくわかる。』

2014/09/09の記事再録 『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 …

『オンライン講座/日本興亡史の研究』★『末広鉄腸の『インテリジェンス①』★『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか』★『<各国の興亡は第1は金力の競争、第2は兵力の競争、 第3は勉強力の競争、第4は智識(インテリジェンス)の競争であります』

2015/11/23 日本リーダーパワー史(610)記事再録 前坂俊之 …