前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『英タイムズ』からみた 『日中韓150年戦争史』(52)「浪速(東郷平八郎艦長)の 高陞号撃沈」-J・ウェストレーク教授の投書

      2015/01/01

  

 

『中国紙『申報』,『英タイムズ』からみた

『日中韓150年戦争史』52

 

 

1894(明治27)年8月3日、『英タイムズ』

 

 


日清戦争開戦前―「浪速(東郷平八郎艦長)の

高陞号の撃沈について」-J・ウェストレーク

(ケンブリッジ大学国際法教授)の投書

 

 

「豊島沖海戦」

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%B3%B6%
E6%B2%96%E6%B5%B7%E6%88%A6

 

日本リーダーパワー史(516)日清戦争120高陞号事件で
見せた東郷平八郎の「国際法遵守」が日本勝利を決定した。
http://www.japanesemission.com/detail/2079

 

 

拝啓,

 

 

イギリス国旗を掲げた中国の輸送船・高陞号(こうしょうごう)を沈めた日本の巡洋艦浪速の行為については,まだ明確な意見を述べる段階ではありませんが,事が国旗にかかわる問題であるため,事件はこの国の国民感情を著しく刺激する性質のものです。

したがって.現在どんな問題点が明白であり.今後どの点を調査すべきか.ここで若干の意見を述べることも有益かと思われます。

 

 第1に,高陞号がイギリス船籍の船だったこと,合法的にイギリス国旗を掲げていたことは明らかですが.同船が中国政府に雇われた輸送船だったことも同様に明白です。

 

もしこれに加えて.高陞号の任務が交戦国の任務であると言い得るならば.同船はイギリスの国旗と船籍によっていかなる保護も受けられません。ストーウェル判事は,「軍人の移送のために敵国が雇った船舶は捕獲されるべき輸送船とみなされる」という理由で.敵国(オランダ)の3人の将校を運んでいた中立国(アメリカ)の船舶オロゼンポ号の没収を命じました。

この理論の適用が3人の将校で済むならば,将校を含む1700人の兵士を乗せていた高陞号は言うまでもなく,上記の理論が当てはまります。

 

 第2に,これまた同様に確信できることですが.宣戦が布告されていなくても.日本は高隆号の任務を交戦国の任務とみなしてもよいと私は考えています。宣戦布告なしに戦争を始めるのは悪しき習慣ですが,これは過去何世紀もの間諸国が実践してきた習慣であって,今世紀後半に確立された少数のよき事例によってもまだ否定されているとは思えません。

 

国際法上,事実上の戦争開始はそのような形で戦争を始めた当事国にしか法的効力がありません。

 

中立国は戦争状態が課する特殊な責任を負う.前に,戦争開始を通告される権利を持っています。しかしながら,高陞号は中立国の船舶として封鎖を破るとか.戦時禁制品を運ぶとかしていたわけではありません。同船は中国に雇われた輸送船です。したがって中国が交戦国であるならば.オロゼンポ号が交戦国オランダと同一視されたように,高陞号も交戦国の船舶であるとみなされます。

 

 しかし第3に,日本は高陞号を攻撃することで高陞号を交戦相手とすることはできません。同船を所有する中立国の船主と,乗船している中立国の国民に対して自己の行為を正当化するには,他の地域で行われた交戦行為によって,すでに日中間に事実上の戦争が発生していることを証明するか,あるいは高陞号が属する中国艦隊が.日本にはとうてい黙視できないと思われる任務に従事していたことを証明する必要があります。

 

前者の要件は,朝鮮における日中間の敵対行為や.朝鮮が中国の支援を受けた一連の行動の過程で日朝間に生じた敵対行為によって満たされるでしょう。また後者の要件は,問題の艦隊に乗船中の増援軍が,日本軍が維持する権利があると主張する地域から日本軍を排除する目的で朝鮮に投入される途中であったことを示せば正当化できるでしょう。

 

 しかし第4の問題点として,高陞号を敵国船として処置する権利が日本にあるとわれわれが認めても(われわれがそれを認めざるを得ないとして).それで英日間の問題が解決するわけではありません。高陞号は沈めないで捕獲できたかもしれません。あるいは同船を追跡して,乗船部隊の朝鮮上陸を阻止できたかもしれません。

 

あるいは同船が朝鮮半島のどこかに到達し.そこに乗船部隊を上陸させたとしても.そのために日本軍が被る軍事的損害がきわめて軽微であったかもしれません。事実関係に関してこのように示唆すべき一連の事柄があります。

 

われわれはまだ答を出すに必要な情報をほとんど入手しておりません。しかしその筈が日本に不利であるとしたら.われわれは告訴する権利を主張すると

きに新しい分野を切り開くことになるでしょう。

 

戦争は.たとえ交戦国の闇であっても,得られる軍事的利益と著しく隔絶した損害を与えてはならない,という原則に基づいて行われなければなりません。これは何人も否定し得ない原則です。

 

したがってこの原則を侵害された交戦国は,相手国に報復手段を行使するか.できれば平時に賠償を要求することになるでしょう。しかヨーロッパ文明を享受する国家間の戦争では,この原則が無視されることがきわめてまれであるため.交戦国の一部とみなされる行為を行った中立国の国民が先の原則を侵害された場合に,この国民に代わって国家が賠償を要求したという先例が1つもありません。

 

しかし原則的には賠償を要求することは可能であり,またそのような中立国の権利を認めることが,現在存在する恐ろしい破壊手段の過度な使用に対して

有効な抑制力となるかもしれません。

 

 第5に.高陞号に乗船していた中国軍が同船の降伏を許さなかったと言われています。しかし高陞号が降伏しない場合,同船の破壊が軍事的に必要であるなら,先の事実は同船を破壊する日本の権利になんの影響も与えません。中国軍を輸送する任務を引き受けたヨーロッパ人は,彼らと運命を共にしなければなりません。

 

                 敬具

          J・ウェストレーク(ケンブリッジ大学の国際法教授

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%
83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%
E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD

 

 チェルシー 82

 - 戦争報道 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(160)記事再録/『世界史の中の日露戦争』㉝『開戦2週間前の「英タイムズ」の報道/★『ロシアが極東全体の侵略を狙っており、一方、日本はロシアの熊をアムール川の向こうの自分のすみかに送り返して,極東の平和と安全を,中国人、朝鮮人,日本人のために望んでいるだけだ』★『1904年1月8日付『ノース・チャイナ・ヘラルド』 『われわれは朝鮮をどうすべきか?日本人からの寄稿』』

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉝2017/01 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)『イランの反政府デモはどうなるのか』★『ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、市民の怒りを抑えられるか?』★『革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか? 目が離せません。』★『見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか!』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)』 …

ダウンロード
 日本リーダーパワー史(822)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェン㊲『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑨』★『『児玉の危機突破力の3番目は開戦論に反対の伊藤博文元老の説得である。』●『『児玉の4番目の戦略は、開戦時から戦争の終結、講和の引き際を考える』

   日本リーダーパワー史(822)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 &nb …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より④』★『服部の目からウロコの中国論』●『科学的知識は皆無で迷信/虚説を盲信して夜郎自大となった清国。一方、西洋人は支那を未開の野蛮国として、暴虐をくわえて義和団の乱、北清事変に爆発した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』  ここにおいて、また例の …

no image
最高に面白い人物史②人気記事再録★勝海舟の最強の外交必勝法②「多くの外交の難局に当ったが、一度も失敗はしなかったヨ」『明治維新から150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある②』

 2014/05/21    &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(218)/日清戦争を外国はどう見ていたのかー『本多静六 (ドイツ留学)、ラクーザお玉(イタリア在住)の証言ー留学生たちは、世界に沙たる大日本帝国の、吹けばとぶような軽さを、じかに肌で感じた。

 2016/01/28 /日本リーダーパワー史(651)記事再録 &n …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

 ★『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8) 「北 …

no image
『オンライン/江戸時代の武士道講座』★『 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・」(旧藩情全文現代訳9回連載一挙公開)』★『 徳川封建時代の超格差社会で下級武士は百姓兼務、貧困化にあえぎ、笠張り、障子はりなどの内職に追われる窮乏生活.その絶対的身分差別/上下関係/経済格差(大名・武士からから商人への富の移転)が明治維新への導火線となった』

『オンライン/武士道講座』『時代考証のないNHK歴史大河ドラマのつまらなさ」 & …

m1111
『日米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々」★『水野広徳年譜●『国大といえども戦いを好む時は必ず滅び、天下安しといえども戦を忘るる時は必ず危うし』』

米戦争に反対した』反戦の海軍大佐・水野広徳の取材ノート/遺品の数々 前坂 俊之( …