前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア歴史復習問題』★「日清戦争後のロシアによる満州強奪」―西欧列強のアジア経営と米国の極東進出、ロシアのチベット問題の謀略

      2016/10/17

 

日中ロシア北朝鮮150年戦争史(45)『日本・ロシア中歴史復習問題』★

(資料紹介)「日清戦争後のロシアによる満州強奪」 

―西欧列強のアジア経営と米国の極東進出、

ロシアのチベット問題の謀略

 

義和団事件から、満州問題が遂に発展して日露の戦争を引起すこととなったが、その間、極東に利害をもつ欧洲列強は、果して如何なる関係に立っていたかというと、

この間、英国は既にボーア戦争が終結したので、その全力を極東に傾注するようになり、ロシアは他の列国よりも、一層、旗職を鮮明にして清国経営に怠りなく、東清鉄道は竣工して、旅順の築港に着手し、更に進んで大連の建市を設計し始めた。

 

ドイツも青島の築港工事を了へて、済南の鉄道を開通し、列国の対清経営は着々と進行して、均しく事実上の実現を見るに至った。

 

当時我国も台湾の統治がほぼ成ったので、徐ろに起って対岸の福建を領有してはと論ずるものもあったが、事は遂に行はれないで止み、唯列強の間に介立して門戸開放を叫ぶのみであったが、

又、他の列強の内こも同じ意見の国もあったので、その勢は二つに分れ、一つは門戸開放に依って、列国の勢力の均等を主張し、ニは利益独占を主として勢力圏の拡張に勉めた。

 

この両者の間は自然と径庭して、大なる隔たりをもつやようになった。英国は北京会議の終ると間もなく、先づ清国の領土保全と門戸開放とを高唱して、英独協商を結び、日本も直ちにこれに賛同し、米国は北清事変以前から、此の説を主張して居ったので、又一つの故障-もなく、同一の議を唱へた。

 

けれどもロシアばかりは、満洲で独壇の地歩を占めて、少しも列国と歩調をともにすることなく、全く開放保全の圏外に立って、東三省の経営に腐心し、幾度も秘密条約を結ぼうとしたが、

 

第一に利害の影響を受ける我国は、黙認することが出来ないので、異議をさしはさみ、逐いには兵火に訴へても、彼の国に自由を与えまいとしたので、ロシアもその野心を一時断念して、その条約は撒回したが、尚を前に得た特権の実に力を尽し、時の至るを秘かにまって居るの有様であった。[中略]

 

米国の満洲に対する態度は、一に公平無私の見地から来たものであって、[中略]露国の満洲独占の形勢を見て、黙認することが出来ず、列国に先だって之を詰問した。当時、露国は之に答へたところによると、列国の利を無視しないと云ふことを以てしたが、その門戸開放に対しては意をかたむけることはなかった。

 

けれども近時、米国の勃興は、ロシアの常に畏怖して居る所であるから米国から詰問に逢ふては少しく顧みないと云ふわけには行かないので、遂ひに巳むなく清国と撤兵の条約を締結し、列国の抗議を避けようと図った。

 

けれども其間に在って、窃かに土匪(馬賊)の惹起を激成して、鉄路沿道に出没させ、之れに乗じて未だ秩序回復が出来ないからとの口実をまうけて、鉄道防衛に名を籍り、却って其兵員を増加し、益々列国の政策と背馳した。[中略]

 

ロシアは満洲に於ける特別の地位を永久的にするため、清国に迫って新条約に調印させようとしたが、日本のストップ

に因って敗れたのであるが、此の事たるや唯だ其の事実上は既に地位を保持して居るのであるから、徐々に奇計を弄して

将来の談判に利益にしようと計画し、

 

新たに三十四年六月頃からは、チベットを近づけこれを占領しやうとする意向を示した。此れは何の為めにしたかといえば、

其の目的とするところは二つであって、

 

第1には清国朝廷に満洲問題の解決を急がせるためであり、第2には日本とイギリスとを分離させやうとする為にした事柄であって、

チベットは新疆に連なり、新疆はロシアの中央アジアから、北清に入る要路であるから、此の地の安定が清国朝廷の安否に関係

することは、満洲よりもはるかに大切なものなのである。[中略]

 

英国が露国にチベットを占額される事について不安であるのは、若し新疆方面から支那の西北部に露国が入いりフランスが雲南鉄道で支那の西南部に入いり、双方相合する時は、英国はインド、ビルマから支那に入るの路を遮断されるばかりでなく、

他日、ロシアの印度を窺うとするのに対して、重大の便宜を与へる結果となるからであって、この事が一番英国人の、露国が此の連動をして居る事に対して、虚心平気で居られない所以なのである。

 

偶然にも、仏国外相デルカッセが、露国訪問から帰国した後、間もなく、雲南鉄道の契釣を議会に提出した事は、英国の疑心を一層深かくするものであった。

是に於て、英国政府は、寧ろ満洲に対するロシアの行動を左右するよりも、新疆経営に対しては、大に故障を申し込まなければならないという意を、「タイムス」を仲介として示し、露国が清国に要求しやうとする所を英国に開示し、胸襟を開いて利益交換の談判を為すべきであると促がさせた。

 

[中略]英国が清洲に関しては、露国の特別地位をある程度まで是認する意味がある。

 

    (引用文献『現代大日本政治史 2巻』小島憲一郎、帝国教育研究会、1928)

 

[用語]南阿戦争=ブール戦争、ボーア戦争。1899-1902。ケープ植民地イギリスとブール人のトランスヴァール共和国・オレンジ自由国との紛争。1902年5月31日、イギリスの勝利に終り、後の南アフリカ共和国の基盤ともなった。

/新疆 崑崙・アルタイ間一帯。天山北路のジュンガル部と、南路の回部を含む。乾隆時代に清に服属される。

 - 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(856)「国難突破解散」総選挙の結果は23日未明には確定する。」★『朝鮮半島有事と今回の3度目の冒頭国会解散の意味と歴史類似性を検証する』

  日本リーダーパワー史(856)   安倍首相が「国難突破 …

no image
日本メルトダウン脱出法(577)●『香港民主派デモ:天安門以来の難局に直面する中国』(英FT紙)●「香港民主化デモ特集」

 日本メルトダウン脱出法(577) <チャイナリスク再び!> &nbs …

no image
日本リーダーパワー史(322)第3の敗戦を迎えた今、政治家に告ぐー140年前の「岩倉遣米欧使節団」の国家戦略と叡智に学べ

日本リーダーパワー史(322) <「第3の敗戦」を迎えた、政治家に告ぐー『竜馬の …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(75)』『音楽祭に「オザワ」の冠小澤征爾80歳への決意」『佐世保少女、暴走放置した父の世間体」 

     『F国際ビジネスマンのワールド …

no image
速報「日本のメルトダウン」(489) 「福島4号機の燃料棒(1,533体) 取り出し11月8日にも開始,世紀の難事業は東電任せで大丈夫か

 速報「日本のメルトダウン」(489)   ◎「福島第1原発 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075)> ★『第2次朝鮮核戦争の危機は回避できるのか⁉⑤』★『北朝鮮、現在所有するミサイルで米本土を壊滅的打撃 EMP攻撃を検討』★『北朝鮮の「水爆」実験、対米圧力へ王手となるか?』●『EMP攻撃に対する企業・自治体の対策についての考察 アナログ的思考がカギか』★『 北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1075 …

no image
速報(200)『日本のメルトダウン』●『冷温停止宣言のウソを許すなー「ニューヨークタイムズ」の疑問は当然』

速報(200)『日本のメルトダウン』   ●『冷温停止宣言のウソを許す …

no image
日本リーダーパワー史(628)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑「日清戦争は明治天皇は反対だったが、川上操六、陸奥宗光の戦争であった」「 戦争は避けることばかりを考えていてはますます不利になる」(マッキャベリ)

 日本リーダーパワー史(628)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ㉑  『 …

no image
 日本リーダーパワー史(145)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日)昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか③

 日本リーダーパワー史(145)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …

no image
日本メルトダウン脱出法(883)『 コラム:次は意図的な「チェルノブイリ」発生か』●『コラム:気候変動が生む「世紀の投資機会」』●店内で栽培した「採れたて」野菜を売るスーパー』●『三菱自と東芝、名門企業を蝕んだ「日本病」の正体』●『錦織圭を育てたコーチが見た「天才という病」 なぜ有名選手が続々と不祥事を起こすのか』

 日本メルトダウン脱出法(883) コラム:次は意図的な「チェルノブイリ」発生か …