前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『ニューヨーク・タイムズ』「英タイムズ」などは『ペリー米艦隊来航から日本開国をどう報道したか」★『『日本と米合衆国ー通商交渉は武力を 誇示することなく平和的に達成すべし(NYT)』

      2017/12/05

   1852 年(嘉永4)2月24日付

ニューヨーク・タイムズ』

『日本と米合衆国ー通商交渉は武力を

誇示することなく平和的に達成すべし』    

春の初めには出発するはずだった日本への遠征隊(ペリーの黒船)の件はどうなっているのであろうか。蒸気艦を主力とする大艦隊を編成し,その司令長官にはペリー提督がすでに任命されている。

遠征の真の目的は公式には発表されていないが,巷間の噂は正しいように思われる。日米両国間の通商打開がうまくいけば,双方に利益となろう。

われわれはこの目的のために良き手腕を発揮すれば,交渉は武力を誇示することなく平和的に達成できると信ずるものである。

 ペリー提督は現在ワシントンで航海の準備中であり, 数隻の蒸気艦とフリゲート檻1隻およびコルベット檻1,2隻からなる艦隊というものは,とても平和的示威とは見えない。

この艦隊が日本の沿岸に近づいたなら.住民は驚愕して港町から逃げ出してしまい,気持ちが動転してとても誠意をもって交渉にあたることは不可能になるのではないか,と恐れる。

なるほど,日本側は恐怖のあまり,なんらかの条約を結ぶことに応じるかもしれない。しかし彼らは軍艦が立ち去ったとたん,それを反古にしても少しもかまわないと恩うだろう。

 未開の国民と交渉するに際しては,力に訴える前にまず彼らの信頼と好意を得る努力が必要だと思う。

彼らが裏切ることがあるとすれば,それは強引に成約させられた場合であって.抑止力が外れた瞬間裏切りが行われるであろう。しかし日本が国家として裏切るかどうかは分からない。

ただ,以前通商を許されていたポルトガル人からその方法を学んでいるかもしれない。

 日本との国交を確立するという目的のためには.艦隊は東方海上に集まり,交渉の成功,不成功,あるいは相手側の誠意.不誠意に応じて行動する態勢をとるのがよい。

そして必要とあらば,現在検討中の方法よりずっと穏やかな方法でわが武力を誇示し,協定を結ばせることは容易だろう。

わが国の地理的位置,国の大きさ,国の力を彼らによく理解させるべきである。

それに.われわれが日本の産物や製品を求めていること,そして代わりにわれわれが何を提供できるかを理解させなくてはならない。そして最後に,われわれは雅量ある国民であることを彼らに感じとらせるべきである。

そのためには.それにふさわしい行動をとらなくてはならない。このやり方は長期間かかるかもしれない-多分数年を要するだろう-しかし彼我の関係はその方が引き続き安定するだろう。強国が小国に対して高圧的な方策をとろうとする考え方をわれわれは嫌悪する。

 アメリカの難破船の船員が日本から受けた扱いに関しては,彼らにその償いをさせるのにさほど困難はないと思われる。償いをさせるために殺りくや破壊は不要である。

交渉を適切に進めるなら,なんらかの形の賠償は直ちに行われ,十分な満足が得られるであろう。

国際ニュース事典出版委員会『外国新聞に見る日本①」

                毎日コミュニケーションズ 1989年

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

スキャン画像(1)
百歳学入門(243)-『60、70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』講演禄(2018/3/23)-『60、70は洟垂れ小僧、洟たれ娘じゃ、男盛り、女ざかりは百から100から。百歳わしもこれから、これから(平櫛田中107歳)』

百歳学入門(243)― 『60、70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』講演禄(20 …

no image
片野勧の衝撃レポート(65)戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実「平和利用で世論を変えよ」(下)

片野勧の衝撃レポート(65) 戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印され …

no image
『世界が尊敬した日本人⑧地球を彫ったイサムノグチ(08,05)

地球を彫ったイサム・ノグチ 前坂 俊之                      …

no image
日本リーダーパワー史(183)『大アジア時代の先駆者・犬養木堂③』亡命イスラム教徒を全面的に支援した政治家

 日本リーダーパワー史(183)   <百年前にアジア諸民族の師父と尊 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(120)●「米議会「辺野古移設」を巡る沖縄知事選を厳しく分析」(10・6)

      池田龍夫のマスコミ …

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(900)『安倍首相の退陣すべきを論じる①」「消費増税再延期」<君、国をつぶすことなかれ、子供たちに借金を残すことなかれ>

   日本メルトダウン・カウントダウンへ(900) 『安倍首相の退陣す …

no image
日本リーダーパワー史(375)名将・川上操六(47)北朝鮮の恫喝外交を見ながら日清戦争の政府、軍当局の対応を比較する

 日本リーダーパワー史(375)   空前絶後の名将・川上操六(47) 北朝鮮の …

no image
片野勧の衝撃レポート(36)太平洋戦争とフクシマ⑨原発難民<下>「花だいこんの花咲けど」

     片野勧の衝撃レポート(36) …

no image
「明治維新史を見に行くー革命家・吉田松陰と1番弟子・久坂玄瑞の生誕地「萩」を訪れた」

「明治維新史を見に行くー革命家・吉田松陰と1番弟子・久坂玄瑞の生誕地「萩」を訪れ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』余りにスローモーで、真実にたいする不誠実な態度こそ「死に至る日本病」

   『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』 …