前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『ニューヨーク・タイムズ』「英タイムズ」などは『ペリー米艦隊来航から日本開国をどう報道したか」★『『日本と米合衆国ー通商交渉は武力を 誇示することなく平和的に達成すべし(NYT)』

      2017/12/05

   1852 年(嘉永4)2月24日付

ニューヨーク・タイムズ』

『日本と米合衆国ー通商交渉は武力を

誇示することなく平和的に達成すべし』    

春の初めには出発するはずだった日本への遠征隊(ペリーの黒船)の件はどうなっているのであろうか。蒸気艦を主力とする大艦隊を編成し,その司令長官にはペリー提督がすでに任命されている。

遠征の真の目的は公式には発表されていないが,巷間の噂は正しいように思われる。日米両国間の通商打開がうまくいけば,双方に利益となろう。

われわれはこの目的のために良き手腕を発揮すれば,交渉は武力を誇示することなく平和的に達成できると信ずるものである。

 ペリー提督は現在ワシントンで航海の準備中であり, 数隻の蒸気艦とフリゲート檻1隻およびコルベット檻1,2隻からなる艦隊というものは,とても平和的示威とは見えない。

この艦隊が日本の沿岸に近づいたなら.住民は驚愕して港町から逃げ出してしまい,気持ちが動転してとても誠意をもって交渉にあたることは不可能になるのではないか,と恐れる。

なるほど,日本側は恐怖のあまり,なんらかの条約を結ぶことに応じるかもしれない。しかし彼らは軍艦が立ち去ったとたん,それを反古にしても少しもかまわないと恩うだろう。

 未開の国民と交渉するに際しては,力に訴える前にまず彼らの信頼と好意を得る努力が必要だと思う。

彼らが裏切ることがあるとすれば,それは強引に成約させられた場合であって.抑止力が外れた瞬間裏切りが行われるであろう。しかし日本が国家として裏切るかどうかは分からない。

ただ,以前通商を許されていたポルトガル人からその方法を学んでいるかもしれない。

 日本との国交を確立するという目的のためには.艦隊は東方海上に集まり,交渉の成功,不成功,あるいは相手側の誠意.不誠意に応じて行動する態勢をとるのがよい。

そして必要とあらば,現在検討中の方法よりずっと穏やかな方法でわが武力を誇示し,協定を結ばせることは容易だろう。

わが国の地理的位置,国の大きさ,国の力を彼らによく理解させるべきである。

それに.われわれが日本の産物や製品を求めていること,そして代わりにわれわれが何を提供できるかを理解させなくてはならない。そして最後に,われわれは雅量ある国民であることを彼らに感じとらせるべきである。

そのためには.それにふさわしい行動をとらなくてはならない。このやり方は長期間かかるかもしれない-多分数年を要するだろう-しかし彼我の関係はその方が引き続き安定するだろう。強国が小国に対して高圧的な方策をとろうとする考え方をわれわれは嫌悪する。

 アメリカの難破船の船員が日本から受けた扱いに関しては,彼らにその償いをさせるのにさほど困難はないと思われる。償いをさせるために殺りくや破壊は不要である。

交渉を適切に進めるなら,なんらかの形の賠償は直ちに行われ,十分な満足が得られるであろう。

国際ニュース事典出版委員会『外国新聞に見る日本①」

                毎日コミュニケーションズ 1989年

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

hokusai
百歳学入門(154)『世界ベストの画家に選ばれた葛飾北斎(90歳)『創造力こそが長寿の源泉である』●『北斎こそ世界を席巻する「ジャパンアニメ」 「ジャパンクール」の元祖』

 百歳学入門(154) 世界ベストの画家に選ばれた葛飾北斎(90歳)・ 創造力こ …

no image
 日本リーダーパワー史(145)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日)昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか③

 日本リーダーパワー史(145)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …

no image
速報(178)『日本のメルトダウン』ー『「2号機自発的核分裂」と「JCO事故」の比較』◎『キセノン検出は再臨界の可能性 は多分ない』

速報(178)『日本のメルトダウン』 『「2号機自発的核分裂」と「JCOバケツ臨 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか」①1902(明治35)年2月12日付『英タイムズ』『大英帝国と日本、重要な協約』(日英同盟の締結)

「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」① 1902 …

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載②(11回→20回まで)』

記事再録/日本リーダーパワー史(872)   「英タイムズ」「ニューヨ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(275)★『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』 ロシア革命での情報活動①

    2015/02/23 &nbsp …

no image
野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ②アジア新興勢に惨敗のパナソニック、シャープは、自動車メーカーの将来像?

野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ②   アジア新興勢に惨敗のパ …

no image
日本リーダーパワー史(440)安倍政権発足1年の採点表ー『30点』対『80点」 と評価は真っ二つで、激辛・激論・対談(12/10)

 日本リーダーパワー史(440)   安倍政権発足1年の採点 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』➃<下剋上、末端の暴走、中央の統率力不足>

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳   『来年は太平洋戦争敗戦から7 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉞ 』●「ドイツの脱原発:環境保全と国際競争力のジレンマ」(川口マーン惠美氏)

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉞ 』 &nbs …