前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(364)「日本の将来は明るい』『救世主は赤ちゃん』『CIA長官が不倫で辞任』『日中経済失速と戦前日本と中国の共通点』

      2015/01/01

速報(364)『日本のメルトダウン』
 
世界は変わる、日本も変わる。なるようになる、心配するな!(一休)
 
●「日本の将来は明るい!そう考えられる根拠とは』
●『救世主は赤ちゃん…借金大国ニッポン、20年後に復活する 』
●「コラム:日中経済失速と戦前日本と中国の不穏な共通点=河野龍太郎氏」
●『CIA長官が不倫で辞任 米軍の「英雄」政権に打撃』
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
●「日本の将来は明るい!そう考えられる根拠とは 』
【第67回】 2012116出口治明 
『救世主は赤ちゃん…借金大国ニッポン、20年後に復活
 日独の金融関係者が大胆“予言”
サンケイ2012.11.11 19:00 
 
 
●『アングル:習近平氏、「試練」経たエリートが中国最高指導者に』
ロイター
2012 11 9 10:29 JST


F国際ビジネスマンのコメント『
常務委員候補者 7人の表情を
 日本の政治家と較べて下さい。

地方、地域の長として実際の現実的な問題と向き合っ
て悪戦苦闘して乗り切ってきた顔と

学生の机上の試験問題を解くのに苦労したが、行政での
苦労は殆どしていない顔
との差がハッキリ出ていると思います。人生の年輪を目一
杯使って成長してきた顔が中国チームだと思います。
 

●「コラム:日中経済失速と戦前日本と中国の不穏な共通点
=河野龍太郎氏」ロイター
2012 11 9 12:56

 
 
 
●『CIA長官が不倫で辞任 米軍の「英雄」政権に打撃』
2012.11.10 09:53
 サンケイhttp://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/121110/amr12111010090004-s.htm


F国際ビジネスマンのコメント

「米国で、今最もホットな話題は、ご承知のようにペトレイアスCIA長官の辞任です。自伝の女性編集者との不倫です。
特にNYTは執拗に追っています。国家諜報の最高責任者が内規に違反して不倫するのは厳罰に値し、辞任は当然であるが、武人らしい潔さもあると言っています。
相変わらずNYTらしいのは、役人のトップとして辞めるのは当然であるというフラットな主張ではなく、イラク、アフガン他で見せた指揮官としての卓抜なリーダーシップ、戦略立案能力は
米国全土を見渡しても余人を以って替え難い、彼を失うことは国家的損失と言わんばかりの論調です。
リビア領事館事件でのスティーブンス大使への追悼記事同様、国民的英雄を表舞台から失うのは実に惜しいと悲しんでいます。
NYTが個人の実像、全体像に迫り、一面的な理解に陥らないようにする熱い誠実さは本当に賞賛に値します。武士の情けを感ずるのは私だけでしょうか?

●『Petraeus Quits; Evidence of Affair Was Found by F.B.I.
 
 
 
●『米景気 アメリカ経済は誰が大統領でも回復する』
ニューズウイーク日本版2012年11月07日(水)14時48分
 
 

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
日本リーダーパワー史(669) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(51)「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50)の急死とインテリジェンス網の崩壊<<もし川上が生きておれば、日露戦争はこれほど惨々たる苦戦もなく、 死者累々の兵力を疲弊させず、 さら戦果を拳げていただろう>

 日本リーダーパワー史(669) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(51)   …

no image
「プラゴミ問題」(プラスチックスープの海)ー今すぐにでも取り組まなければ「海洋国家日本」「魚食民族日本人」の明日はないと危惧する 

  「プラゴミ問題」(日本海はプラスチックスープの海)         …

no image
●「日本の新聞ジャーナリズム発展史(下)-『 昭和戦前期 ・軍ファシズムと新聞の屈伏』★『新聞と戦争「新聞の死んだ日」』★『 昭和戦後期・占領時代の検閲』★『「60 年安保からベトナム戦争まで」』★『「安保で死んだ新聞はトベトナム戦争でよみがえった」』

「日本の新聞ジャーナリズム発展史」(下)   2009/02 …

no image
記事再録/「死に至る日本病」(ガラパゴス・ジャパンシステム)-2014W杯サッカーの完敗と日本の政治、経済、スポーツ、社会全般に蔓延――次から次に出てくる日本の惨状!?『⑤ストラジティー(戦略、戦術)なし。NATO(ノット・アクション、トーク・オンリー)何も決められない決断しない日本)』

  2014/07/04 /日本メルトダウンの脱出法(552) &nb …

no image
速報(119)『日本のメルトダウン』<敗戦の8/15を迎えて>『新たな小粒総裁選びで大同団結して,日本再生は可能なのか』―

速報(119)『日本のメルトダウン』 <敗戦の8/15を迎えて>   …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』(連載70回中、21ー35回分)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』★『「 日本か朝鮮を狙うのは有害無益な ことを論ず」(申報)』●『 西欧列強下の『中国,日本,朝鮮の対立と戦争』(英タイムズ)』●『 長崎事件を語る」 (日本は国力、軍事力で中国には全くかなわない)申報』

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 ㉑「 日本か朝鮮を狙うのは有害 …

no image
 クイズ『坂の上の雲』(資料) 英紙『タイムズ』が報道する『日・中・韓』三国志③<朝鮮統治のむつかしさ>

      クイズ『坂の上の雲』(資料) &nbs …

無題
百歳学入門(150)『 日本最長寿の名僧・天海大僧正(107)の長命の秘訣は『時折ご下風(オナラ)遊ばさるべし』●昭和爆笑屁学入門『『元祖〝ライオン宰相〃浜口雄幸・・国運をかけたONARA一発『ぶー,ブ,ブーブゥー』『屁なりとて、徒(あだ)なるものとおもうなよ、ブツという字は仏なりけり(仙崖和尚)

  百歳学入門(150) 長命はー① 粗食②正直③日湯④陀羅尼⑤時折ご下風遊ばさ …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑦『開戦必至の情勢』(32日前)日英同盟から英国は日本が抹殺されるのを座視しない』『タイムズ』

  『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑦-英国『タイムズ』 米 …

no image
日本リーダーパワー史(928)再録増補版『日本のインテリジェンスの父』川上操六参謀次長が密命して、シベリアに送り込んだ『日本の007、満州馬賊隊長の花田仲之助」』

    2016/02/12 &nbsp …