前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(866)『2018年の世界、日本はどうなる』★『2018年に予防戦争に踏み切ると死者は日韓米で約140万人だが、問題を先送りしてもいずれ「偶発的核戦争」が起こり、5倍の犠牲者がでる、結論は予防戦争に踏み切る』★『一度も民主主義を経験していない中国の先進国化はありえない』

   

 

2018年の世界、日本はどうなるのか。

『英エコノミスト誌』(2018年1月号)の特集「2018年 世界はこうなる」では

➀とりあえず好調な世界経済「経済大国の景気はどこも底を打つ」

②中国に賭けた結果は?「中国は経済で米国を抜けない」

③「北朝鮮の核問題はー戦争か、金正恩政権は崩壊に向かうか

④未開の空~ドローンの商業利用「2018年に注目すべき国は日本だ」⑤「1984年が現実に、ITで監視する中国」などの予測記事が並ぶ。

『東アジアと中東は紛争が起きる可能性が高い』

国際政治評論家のイアン・ブレマー氏は「私利私欲むき出しの世界に」(日経12月15日付)になるとして「トランプ氏は国内の政治に関心があり、東アジアへの関心は低い。このため米中インド日本も巻き込んだ争いが激化する。東アジアと中東は紛争が起きる可能性にある重要な地域だ」と指摘する。

『一度も民主主義を経験していない中国の先進国化はありえない』

「世界的ベストセラーの「銃・病原菌・鉄」の著者ジャレド・ダイアモンド(地理学者)は「人類史から見る通す近未来」(日経11月28日付)で「フォームの終わり中国はさらに強大になるだろう。

だが、米国のような軍事的、経済的、政治的権力を獲得する見込みはない。彼らは歴史上、一度も民主主義を経験していないのが致命的だ。一党独裁による国の意思決定のスピードは速い。だが、民主主義国家のように新しいことを試すことが難しい。総合力で米国に追いつく可能性はない」

という。

『週刊現代』(12月30日付)は「4月、アメリカが北朝鮮を空爆、金正恩はロシアに亡命する」「トランプ大統領『暗殺』に気を付けて」などの物騒な見出しが躍る。

では、実際に米朝戦争勃発の可能性はあるのか。ー

「選択肢は予防戦争しかない」との見方が強い。

米外交専門誌「ナショナル・インタレスト」(電子版)はの「選択肢は予防戦争しかない」のレポート(サンケイ、12月19日付)が目を引いた。

「2018年に予防戦争にふみきった場合の日韓米の死者は約140万人だが、問題を先送りし開戦を回避してもいずれ「偶発的核戦争」が起こり、約770万人の犠牲者がでる」というショッキングな内容である。

このレポートは米シンクタンク「科学国際安全保障研究所」が➀「核抑止戦略」(北の核保有を認めて戦争を防ぐ)と②「予防戦争」(北朝鮮が核攻撃能力を持つ前に、軍事力で無力化する)の二者択一をシュミレーションしたもの。

北朝鮮は現在20キロトンの核弾頭25発を所有、今後毎年4発を製造する。今後数年間で250キロトンの核弾頭を搭載し、米国全土を射程に収めたICBMを実戦配備する。

その前にたたく予防戦争に2018年に踏み切った場合は日本と韓国で140万人の犠牲者が出ると予測する。広島、長崎での原爆死者(23万人)を上回る大惨事となるため日韓、世論は猛反対で、この実現は難しいとみられる。

そのため、やむを得ず➀「核抑止政策」を選択して、危機を先送りして話し合いでの「核抑止の均衡、核の下での恐怖の平和」を選んだ場合でも年間2%の「偶発的核戦争リスク」は残るという。

1962年の米ソのキューバ危機の際も核発射ボタンを握る中佐らの判断ミス、情報の誤認によって2回も全面核戦争の危機一髪から救われたという。

核警報システム、コンピューター、機械の誤作動と核搭載潜水艦、地上ミサイル発射などでの核ボタンを握る指揮官の判断ミスによって年間2%の核戦争危機は避けがたいと計算する。

この偶発戦争リスクは年ともに高まると同時に、北朝鮮の核能力を向上し戦争となった場合の被害もますます甚大化する。

2020年の戦争勃発では360万人、48年で3420万人が死亡、今後30年間の年平均では750万人の死者につながる、との結果がでた。

ただし、これはあくまで軍事的なシュミレーションであり、国連や中ロの働きかけの外交的変数、経済的、文化的な変数などは含まれておらず、「恐怖の平和」か「戦争勃発」かはどちらに転ぶかわからない。

いずれにしてもトランプ、金正恩の手の上に、米韓日の運命が握られていることだけは間違いない。

ここで、これまで人類数千年の戦争の歴史を振り返る。人間は生存競争ために殺戮と戦争を繰り返してきた動物なのである。人類史に刻まれた100の血なまぐさい殺戮を調べたマシュー・ホワイト著「殺戮の世界史」(早川書房2013年)は驚異の書である。

それによると、戦争による死者数の第一位は第2次世界大戦で6600万人②チンギス・ハン4000、毛沢東4000万人、④英領のインド飢餓2700⑤明王朝滅亡2500⑥太平天国の乱、スターリン2000⑧中東の奴隷貿1850⑪アメリカの北米征服1500、第一次世界大戦1500、㉔べトナム戦争420㉚朝鮮戦争300、北朝鮮の虐殺300万人などとなっている。だろう。

偶発核戦争が避けられたケースとしてキューバ危機を例に

挙げたが、2011年の3・11福島原発事故でも、

類似のケースがあった。

「福島原発4号機の使用済燃料プールに水があった」ため、冷却機能が失なわれず、3号機のような爆発を免れることができる幸運に恵まれた。このため、東京都民を含む関東の5000万人が避難するという「最悪のシナリオ」は避けられた。

菅直人氏のブログによると原子炉側の水がプールゲートを超えて4号機のプールに流れ込んだために、プールが干上がることが防がれた、という。これは偶然の奇跡であった。

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊶『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)1893(明治26)年4月

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

images
日本リーダーパワー史(710)『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「二トレ』!

  日本リーダーパワー史(710) 『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を …

無題
★⑩日本リーダーパワー史(714)伊勢志摩サミットの陰の主人公はこの人注目!(記事再録)「真珠王」だけでなく『世界の生涯現役・長寿王でもあった御木本幸吉(96歳)』「朝食は茶碗3分目、昼は2分目、夜は「旨い物は2箸残す」

  日本リーダーパワー史(714) <記事再録>百歳学入門(69)2013 …

no image
日本メルトダウン脱出法(848)「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ〜あまりにも異常な世界の現実』●『「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!』●『なぜ、東大生の英語は「通じない」のか? 受験英語を極めてはいけない理由』●『習近平の大胆な軍機構改革、表の理由と裏の理由 主要ポストは“横滑り”、結局は妥協人事?』

 日本メルトダウン脱出法(848)   「たった62人」の大富豪が全世 …

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る③  

   <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日&nb …

no image
<裁判員研修ノート⑪><冤罪天国を撃て>『事件記者は冤罪への想像力を持てー四日市青果商殺し冤罪事件』(1979年)

<裁判員研修ノート⑪>     11月30日に福井市の女子中 …

no image
速報(73)『日本のメルトダウン』-『放射能汚染水を海へ捨てるな。早く巨大タンカーを』『送電線解放が原発廃止の近道』

速報(73)『日本のメルトダウン』   『放射能汚染水を海へ捨てるな。 …

no image
日本メルダウン脱出法(663)「日本に来て失望、中国よりも社会主義の国だった」●「韓国の弱い対日「歴史カード」安倍首相訪米で朴大統領の胸中」

 日本メルダウン脱出法(663) 日本に来て失望、中国よりも社会主義の国だったー …

no image
「国難日本史の歴史復習問題」ー「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑦」◎「ロシアの無法に対し開戦準備を始めた陸軍参謀本部の対応』◎『早期開戦論唱えた外務、陸海軍人のグループ『湖月会』はどうしてできたか。』★『山座円次郎の外交力』

 「国難日本史の歴史復習問題」ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』『東芝問題に見る、会社の危機は個人の危機?』●「 東芝「出直し新体制」を操る「最高実力者」の危険な影響力」

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』 『東芝問題に見 …