前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(199)ー『先日101歳で逝去され中曽根康弘元首相の戦略とリーダーシップ』★『「戦後総決算」を唱え、国内的には明治以来の歴代内閣でいづれも実現できなかった行財政改革「JR,NTT,JTの民営化」を敢然と実行』★『「ロン・ヤス」の親密な日米関係だけでなく、韓国を電撃訪問し、日韓関係を一挙に改革し、胡耀邦氏と肝胆合い照らす仲となり、日中関係も最高の良好な関係を築いた、口だけではない即実行型の戦後最高の首相だった』』

   

中曽根康弘元首相の戦略とリーダーシップ

   前坂 俊之(ジャーナリスト)

中曽根康弘元首相が11月29日午前、101 歳で逝去した。歳だった。世界第2位の経済大国がピークを迎えていた1982(昭和57)年11月に総理大臣に就任し5年間務めた中曽根氏は「戦後総決算」を唱え、国内的には行政改革「国鉄(JR)、電電公社(NTT)、専売公社(JT)の民営化」を敢然と実行し、対外的にはレーガン米大統領との間で「ロン・ヤス」の親密な日米関係を築き、83年の大韓航空機爆破事件では傍受した防衛機密情報のソ連機パイロットの撃墜の交信記録を勇気をもって国連安保理で公開し、ソ連の非人道的な武力行為を世界にむけて糾弾した。その後の東欧革命(1989)、ベルリンの壁崩壊(同)、ソ連崩壊(1991)へと続く冷戦崩壊のきっかけをつくった。国際平和への日本の貢献とプレゼンスを大いに高めたインテリジェンスあふれる戦略家の大宰相だった。

1946(昭和21)年4月の戦後初の総選挙で田中角栄とともに当選した海軍主計大尉出身の中曽根氏は①憲法改正②首相公選論➂吉田首相の造船疑獄事件では退陣を要求するなど保守本流に対抗する青年将校として頭角をあらわした。東大法学部でカント、西田幾太郎らの哲学を学んだ中曽根氏は日本では数少ない理念型政治家として、小派閥を率いて奮戦した。

一方、実弾(金)が乱れ飛んだといわれる「三角大福中戦争」「自民党戦国時代」には権謀術策を巡らして目白の闇将軍・田中角栄の協力を得て政治家生活38年後にしてついに政権を奪取し「田中曽根内閣」を発足させた。その間の変幻自在ぶり、変わり身の早さから「風見鶏」との悪評をとったが、「風の方向を知らずに政治はできない。日本に一番大事なのは風見鶏だ」(1978年)と全く意に介さず胸をはった。

中曽根氏の陣笠代議士の頃から、毎週、読書会を開いて共に勉強してきたという渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆は「彼ほどの無類の勉強家、読書家は見たことがない」というほど、その戦略、インテリジェンスは傑出していた。中曽根氏は総理になるやいなや、83年1月11日には米国ではなく日本の首相として戦後初めて韓国を電撃訪問し、全斗焼大統領と会談。大統領主催の夕食会では、韓国語でスピーチを行い、韓国歌謡を韓国語で歌って韓国側を感激させ、行詰まっていた日韓関係を一度に改善した。

引き続いて米国を訪問し「日米両国は運命共同体」と述べた部分が「日本列島を不沈空母にする」と通訳によって意訳されたため日本側では野党、マスコミから一斉にたたかれたが、逆にレーガン大統領の信頼を勝ち取り、「ロン・ヤス」とファーストネームで呼び合う仲を築いた。

当時、中曽根氏の総理秘書を務めた柳本卓治参院議員は「中曽根政治の基本は他国の犠牲の上に日本の幸せを築いてはならない」というものだ、と述べている。同じ年に胡耀邦氏は中国共産党中央委員会の総書記に就任し、改革開放路線と自由化路線を打ち出した。ここから日本と中国のトップ同士の交流が始まる。「外交はつまるところ、トップ同士の友好関係である」との信念の中曽根氏は胡耀邦氏と肝胆合い照らす仲となり、家族ぐるみの付き合いを始まった。83年11月、日中間の基本原則として「平和友好、平等互恵、相互信頼、長期安定」 でまとまり、「2000年の歴史で最良の日中関係」と評されるまでになった。

その点では昭和戦後の宰相では最高の『戦略家』であり、外交の名手であったといえよう。その中曽根流のリーダーシップの秘訣とは「目測力」「説得力」「結合力」「人間的魅力」の4つを上げている。

乗客・乗員269人(日本人乗客28人)を乗せたニューヨーク発アンカレッジ経由ソウル行きの大韓航空007便が、ソ連のジェット戦闘機に撃墜されたのは、1983(昭和翌年9月1日未明のことだった。

この航空機撃墜事件は三沢の航空自衛隊基地で傍受したソ連機パイロットと地上指令所との交信記録に撃墜の命令が記録されており、中曽根氏はこの交信記録(50分)を、国連緊急安保理に日米共同で提出し事件の全容を明らかにした。この結果、ソ連も撃墜を認めざるを得なくなった。

 

また、中曽根氏は国内的には1986年(昭和61)に危機管理に対応する安全保障会議を立ち上げ、内閣安全保障室を設け、初代室長には危機管理のプロの佐々淳行氏をあてた。中曽根内閣では官房長官にこわもての後藤田正晴(警察庁長官)が起用してリスク管理に本腰で取り組んだ。

1986(昭和61)年11月21日、、伊豆大島の三原山が大爆発し8千mもの大噴煙を上げ山腹にできた噴火口からマグマ(溶岩流)が役場のある住宅が密集する元町に向かって、流れ出し、数百メートルの地点にまで迫ってきた。この危機に際し、当時災害の担当の国土庁では、この危機に際し対策を打ち出せなかった。

中曽根首相、後藤官房長官、佐々室長は内閣法で対応することを決め後藤田長官をトップに据えて各省の局長を入れ、対策本部を設置。中曽根首相の「全責任はオレが取る」の指示に従って自衛艦を含む39隻の救出艦船団を組織し、全島避難の決定を下した。大噴火からわずか13時間40分で島民1万人、観光客3000人、計1万3000人の全島避難を、1人のけが人も出すことな東京へ脱出させた。日本の歴史上稀有ともいうべきみごとな危機管理であり、中曽根首相のリーダーシップと、後藤、佐々の官邸主導メンバーによる指揮が結合した奇跡的な脱出劇であった。

 

中曽根内閣は「田中曾根内閣」とか「直角内閣」とか、田中角栄の手を組んだことでマスコミから徹底して批判された。しかし、マスコミに批判されても中曽根は自らの政治理念を実現させた日本政治史上ベスト3に入る大政治家で、明治以来の内閣で公約に掲げながら一向に出来なかった「行政改革」(第2土光臨調)実現した唯一の宰相といえる。これが実現できたのも田中軍団の協力があったからであり、金権スキャンダルばかりにマスメディアはたった数十万円でもスクープ記事として政治家をその政治力、実行力ではなく、金の面で評価する日本の政治報道の貧困が、国益追及の世界的視野のある政治家が育たない大きな原因でもある。http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/62.html

『リーダーシップの日本近現代史』(175)★『中曽根康元首相(101歳)が11月29日午前、死去した』★『中曽根康弘元首相が100歳の誕生日を迎えた』★『昭和戦後の宰相では最高の『戦略家』であり、<日米中韓外交>でも最高の外交手腕を発揮した。』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/37268.html

 

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(118)/記事再録☆『日本の歴代宰相で最強の総理大臣、外交家は一体誰でしょうか ?!』★『 (答え)英語の達人だった初代総理大臣・伊藤博文です』★『●明治4年12月、岩倉使節団が米国・サンフランシスコを訪問した際、レセプションで31歳の伊藤博文(同団副使)が英語でスピーチを行なった。これが日本人による公式の場での初英語スピーチ。「日の丸演説」と絶賛された』★『「数百年来の封建制度は、一個の弾丸も放たれず、一滴の血も流されず、一年で撤廃されました。このような大改革を、世界の歴史で、いずれの国が戦争なくして成し遂げたでしょうか。』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 伊藤博文 (天保十二年~明治四二年) …

no image
世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネルー『フェイスブックやグーグルが本腰 次の大潮流「ボット」とは何か』●『日本企業は海外の後追いをやめない限り勝機はない』●『 ビットコインは「電子マネー」を超える(池田信夫) ブロックチェーンは革命的イノベーション』●『仮想と重なり合う現実:VR元年の次はMR元年? MR(複合現実)が融合させる仮想と現実』

世界の最先端技術『見える化』『読めるよ』チャンネル フェイスブックやグーグルが本 …

no image
百歳学入門(65)「女性芸術家たちの長寿・晩晴学④」―石井桃子、武原はん、宇野千代、住井すゑ

百歳学入門(65)   「女性芸術家たちの長寿・晩晴学④」 ―石井桃子 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑼」『高杉晋作のインテリジェンスと突破力②』●『上海租界地には「犬と中国人は入るべからず」の看板。ここは植民地である』★『内乱を抑えるために、外国の経済的、軍事的援助を受けることは国を滅ぼす』★『大砲を搭載した蒸気軍艦を藩に無断で7万両で購入幕府軍を倒すことに成功した、倒幕の第一歩!』

  1862年(文久2)5月6日に上海についた高杉一行はほぼ2ヵ月間、上海の植民 …

no image
日本リーダーパワー史(725)-『迷ったときに1粒飲めば、たちまち元気回復、 ヒットが打てる『イチロ―人生名言クスリ』 をどうぞ!

 日本リーダーパワー史(725) 迷ったときに1粒飲めば、たちまち元気回復、 ヒ …

no image
[涙なくして読めない人物史』(12)人気記事再録/「昭和史決定的瞬間/名シーン』-『1941年(昭和16)12月3日の山本五十六連合艦隊司令長官の家族との最後の夕餉(ゆうげ、晩ご飯)』★『家族六人一緒の夕食で山本も家族も何もしゃべらず無言のまま』(日本ニュース『元帥国葬」動画付)

山本五十六の長男が回想する父との最後の夕餉(ゆうげ) 昭和十六年(1941年)1 …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑧』ー『最悪のシナリオから考えるー原子力政策は増大する軍事化の一部(独紙から)』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑧』   『最悪のシナリオから考えるー原子 …

no image
知的巨人の百歳学(103)-長崎原爆に被災地に「平和祈念塔」を創った彫刻家・北村西望(102歳)の『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』★『日々継続、毎日毎日積み重ねていくと、カタツムリのように1年、2年、10年、50年で巨大なものができる』

「わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです」 「いい仕事をするに …

no image
日本リーダーパワー史(354)日本の最も長い決定的1週間>『わずか1週間でGHQが作った憲法草案①』

日本リーダーパワー史(354)                <日本の …

images
知的巨人たちの百歳学(139)植物学者・牧野富太郎 (94)『草を褥(しとね)に木の根を枕 花を恋して五十年』「わしは植物の精だよ」

 知的巨人たちの百歳学(139) 『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボル …