前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(852)-「安倍自民党対小池希望の党」 の戦(いくさ)が始まる。』●「安定は不安定であり、不安定は安定である」★『恐るべし!小池・前原の策略に<策士、策に溺れた安倍自民党>』

   

 日本リーダーパワー史(852)-

 

トランプ対金正恩の『世界スリラー劇場』は第3幕「悪口雑言編」に突入したが、今度これまで比較的安定していた、日本の政治状況が『天災・地震は忘れたころにやってる』とばかり、一挙に流動化/液状化してきた。

『安倍自民党』落城か?とまで、ニュースは大きくなってきている。これはフェイクニュースなのかね。

格言①『自信から、自身が驕った時に突然、地震はやってくる。

次なる、人間の不変の法則は

格言②「安定は不安定であり、不安定は安定である」

 

人間は生活が苦しくなり不安定になれば、安定しようと一生懸命に働き、努力する。企業の場合もしかり。100年安定した大企業も、そこにおごり安住すると東芝、シャープのように一瞬にして倒産し、倒産の危機を免れない。

政治の世界、政党も同じ運命である。安定した、おごった多数党は数の力で野党を無視しがちであり、そこで油断が生じて、一挙に不安定化する。

10月10日から「安倍自民党対小池希望の党」

の戦(いくさ)が始まる。

 

すでに、情報宣伝戦、謀略戦は火花を散らしているが、安倍解散の先制攻撃は小池の電撃党首就任と民主党との合流、合併戦略による軍団布陣に慌てふためいている状況だ。

政治家は最低に日本戦史から学ばなければならない。

見事な小池尼将軍の戦いぶりをみていると織田信長の桶狭間の奇襲戦い、

 

信長の桶狭間「奇襲」を成功させた情報戦

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20151002/biz/00m/010/012000c

と、北条政子の『尼将軍』のスピーチのうまさよ、勝負勘、リーダーシップを感じる。

北条政子を5分で!おもしろエピソードや圧倒的な演説って?

http://r-ijin.com/houjou-masako/

もう1つ余談、予断の一席!

今のエリートは高級官僚か、政治家か、大企業のCEOか、はよくわからないが、明治、大正、昭和でいえば、国家の最高エリートは国家戦略、防衛政策を一手に担った陸軍参謀本部の将校たちであった。結局、この連中の御判断

ミスリードで、日本は敗戦亡国した。

A級戦犯、アジア太平洋戦争当時の東条英機の厳父・東条英教(ひでのり)

は最優秀で陸軍大学校を卒業して、ドイツに留学し、参謀将校になったが、日本の戦史については全く読んでおらず、ほかの参謀本部員もあまり勉強していなかったという。

また、参謀本部から戦場、師団に出されても実践のできない、指揮できない、リーダーシップに欠けて、人心収攬できない落第の指揮官が多かったという。

日本リーダーパワー史(260)『日清、日露戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・川上操六(37)ドイツ参謀総長・モルトケに教えを請う

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2396.html

今の政治家にも、この手の国を治めるリーダーシップや理念、実力のない「学歴エリートの虚人」たちが多いのは、

毎週のように週刊誌のスキャンダルで絶好のえさにされているのを見るとよくわかる。

もう1つ、余話、歴史よた話を続ける・・

絶対絶命に陥ったらどうするか、一目算に逃げ出す、自分1一人が生き延びようと思っても、どうなるものでもない。『あとは天に任す、運に任す』しかない。

織田信長の「金ヶ崎の戦い」がいい見本である

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E3%83%B6%E5%B4%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

敗軍の兵には目もくれず信長はわずかの手兵をつれて、

一目散に逃げた。しんがりは秀吉に任せて。

敗軍間違いない前原『旧民進党』の撤退作戦は見事に成功を収めたと思う。恐るべし!小池・前原の策略に策士・安倍、おごる大自民党軍の敗北である。

前原氏はこれまでの失敗からまなんだのであろう。

「失敗は成功の基、成功のあとには失敗が待っている、大成功は長く続かない、その後には大失敗が待っている」。

野田、菅元首相、枝野氏らは小池側から「選別・排除」された、という。

当たり前である。政治理念のことなる政党が数合わせ、集まってもし

「政権」を取れば、(その可能性は高まっている)同じ内部混乱、バラバラ、不統一の政党の失敗をくりかえすだけではないか。これまで、そんな醜い争いに国民は何度煮え湯をのまされたか。

政治家の劣化、官僚の劣化が著しい。国破れて、政治家、官僚ありの日が近ずいている。

与党も野党も「政治家」を続けて、世襲議員の家業にしようなどという志の低い連中が多すぎる。

「自民党単独で100議席減」と情勢調査 安倍首相退陣が現実味、どうする小池都知事?〈週刊朝日〉https://dot.asahi.com/wa/2017100300016.html

解散総選挙後に予想される「4つのシナリオ」

「北朝鮮リスク」が急速に高まるのは12月か

http://toyokeizai.net/articles/-/191096

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(889)-NHKの『西郷どん』への視点<自国の正しい歴史認識が なければ他国の歴史認識も間違う>●『今、日中韓の相互の歴史認識ギャップが広がる一方だが、明治維新、西郷隆盛、福沢諭吉への日本人の誤認識がそれに一層の拍車をかけている』

日本リーダーパワー史(889)- NHKの『西郷どん』―自国の正しい歴史認識が …

no image
日本メルトダウン脱出法(767)「米英の分断に成功し、英国を絡め取った習近平/人民元の国際化を英国が後押し、日本円はさらに厳しい立場に」●「原発の被害と恩恵、世界の専門家はこう考える ベラルーシで開催された原子力被害の勉強会から」

  日本メルトダウン脱出法(767) 「米英の分断に成功し、英国を絡め取った習近 …

no image
日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉕ 『日英同盟の核心は軍事協定で、そのポイントは諜報の交換』★『日露開戦半年前に英陸軍の提言ー「シベリヤ鉄道の未完に乗じてロシアの極東進出を阻止するために日本は一刻も早く先制攻撃を決意すべき。それが日本防衛の唯一の方法である。』

 日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(216)>『このところ、中国のシリコンバレーとして深圳が注目されているが、改めてその実力を実感した』★『日本を脅かすIT大国・中国の急成長…圧倒的な先進性、ユーザー規模は数億人』

<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・ ウオッチ(216)> <F氏のコ …

no image
『2016 Japan IT Week 春』通販ソリューション展(ビックサイト、5/11)ー★タナックスの『BOX ・ON ・DEMAND』は通販業界の配送ボックスの革命的システム,物流ビジネスを変える(動画10分)

<世界の最先端技術・日本の最先端技術『見える化』チャンネル>   …

no image
日本リーダーパワー史(474)『不況、デフレで経営トップはどう決断したか➁ 』 (本田宗一郎/佐治敬三/小倉昌男)から学ぶ-➁

   日本リーダーパワー史(474)   『不況、 …

no image
日本風狂人伝⑪ 直木三十五-「芸術は短く、貧乏は長し」

日本風狂人伝⑪             2009,6、30   直木三 …

no image
日本天才奇人伝②日本最初の民主主義者・中江兆民―兆民先生は伊藤、大隈ら元老連をコテンパンに罵倒す

日本天才奇人伝②「国会開設、議会主義の理論を紹介した日本最初の民主主義者・中江兆 …

no image
情報から見たユニークな近代史=<情報・通信技術はいかに近代日本をつくったか>

1995年1月28日     『読書人』掲載 の<書評>             …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(51)●『原発事故収束」へ5条件の緊急提言』★『原発再稼動「新安全基準」の危うさ』

 池田龍夫のマスコミ時評(51)   ●『原発事故収束」へ5条件の緊急 …