前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(108)①『放射線、内部被ばくの恐るべき脅威―児玉龍彦東大教授』『②細野豪志・原発事故担当相のステップ1が実現』

   

速報(108)『日本のメルトダウン』
☆☆★★(必見の動画対決)

①『放射線、内部被ばくの恐るべき脅威―
児玉龍彦東大先端科技研センター教授の証言
『②
細野豪志・原発事故担当相のステップ1が実現
 
              
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
☆☆★★(必見の動画)子供、若者を守れ『放射線障碍の恐るべき被害、
内部被ばくの脅威―
東京大学アイソトープ総合センター長の国会での証言」
 
●「2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り児玉龍彦東京大学
先端科学技術研究センター教授(同
大アイソトープ総合センター長)

 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=O9sTLQSZfwo
 

2011727 () 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」参考人説明より
児玉龍彦(参考人東京大学先端科学技術研究センター教授東京大学アイソトープ総合センター長)
コメント「この動画を見て 「管総理は何をしている!!」「マスコミはアホだ!!!」 なんて批判している人は、 管総理やマスコミと対して変わらない。 当事者は「あなた」。国民一人一人だと思う。この動画の児玉さんは、自分に何ができるかを真剣に考えて、 しかも実行に移している。 とりあえず、今自分にできることはこの動画を広めることだと思う­。 長期的には、 国会やマスコミへの呼びかけ、だと思う。 知り合いに国会議員や知事がいるのなら、 この動画の内容について問い詰めてみたい。立ちあがろう、日本。など
 
 
●『児玉龍彦氏、福島原発事故よる政府の対応に渾身の訴え。放射線の影響
 
 
 
 
動画会見(60分)「細野豪志・原発事故担当相の日本記者クラブ
での会見(2011.7.26)」
 
●「細野豪志 原発事故担当相 2011.7.26
<ステップ1が実現、ステップ2へ。原子力災害本部、統合本部に1本化して、国家管理を強める>
 
    環境は飛躍的に良くなっている。
    作業員を称賛すべきだ。
    作業員の環境の改善
    放射線の管理は保安院の仕事。
    原子炉の循環注水冷却装置の設置で良い方向に進んでいる。
    1ミリシーベルト/年にもって行きたい。(通常の原発の周辺環境)
    恒久的な水処理施設をステップ2で行う。
    汚染水の地下水によって海へ流れ出るのを遮断壁で防ぐ。
    建屋のカバーは少し先延ばしした。
    燃料プールの取り出しを急ぎたい
    原子炉の燃料の取り出しは難しい
    4号機のプールの燃料がそのままであったのはわが国にとって幸運なことであった。
    モニタリングと除の重要性は国家プロジェクトである。
    ストレステストについて
 

2011年7月29日
2011年7月28日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
番組内容
2011年7月28日【木】
“大阪大空襲”壮絶な被害の実態
太平洋戦争では大阪でもアメリカ軍による大空襲で多くの人たちが甚大な被害を被りました。空襲被害者の人生はとてもとても苦しいものになったのです。そのような被害を受けた当時の情況は、どのようなものっだったのでしょうか?そこには、とても納得できない情況もありました。被害者らが国を相手に謝罪と賠償を求めた訴訟を取材しているジャーナリストで「新聞うずみ火」代表の矢野宏さんにスタジオに来てもらい話しを聞きます。
京都大学の小出先生にはリスナーの皆さんからの質問を聞きます。切羽詰った関東からの質問もあります。
録音
20110728 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

内容書き起こし
 
千葉「では小出さん。今日もよろしくお願い申し上げます」
小出「よろしくお願いします」
千葉「今日は、毎日新聞論説委員の池田昭さんと一緒にお伺いしてまいります」
池田「はい。よろしくお願いします。どうもー」
小出「よろしくお願いします。」
千葉「えーでは、今日はまずこの質問からお伺いします。」
小出「はい」
千葉「福島第一原発事故の作業に携わる作業員の方の被ばく線量限度についての問題なんですが。えー、今緊急時の特例として250ミリシーベルトと決められていますが。原子力安全保安院は、それでもこのままでは作業員が不足するとして、一生の間に、1シーベルト、つまり1000ミリシーベルトが限界という基準でいいと、これまでの規制等は別枠にするようにと、4月1日に厚生労働省に要請していたということがわかったというニュースが伝わってきております。このことについて小出さんはどう思われますか?」
小出「その決めた人に、まずそれで働いて欲しいです」
 
千葉「あー……。もう一生の間に1シーベルトというのはとてつもなく高い数値ということですよね。」
小出「一生の間にそんなに被曝をするということは実際にはありえないことであって、この事故の収束のためにそこまで働けと言ってるのですね。それを決めた人にその限度で働いて欲しいです」
千葉「とてもそんなことをするとは思えないというような大きな値だということですね」
 
小出「ええ。普通の日本人の方は1年間に1ミリシーベルトが限度だと言っていたわけで、1000年分、被曝をしろと言っているわけですし、私のような人間でも1年間の20ミリシーベルトが限度だと言われてきました。えーそれを1シーベルトというのは、50年間、つまりもう、その労働をする限りずーっとその限度いっぱい働け、というようなことを言ってるのですから、私から見れば、到底ありえない被曝量です。」
千葉「はい。わかりました」
 
池田「あの、小出さんあの。そもそもその東京電力がですね、その、例のあの被曝量50ミリシーベルト超の作業員が1600人という予測をしてましたよね。あの予測ってのはどうなんでしょうか」
この続きは以下のURLで読めます。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65754122.html


2011年7月28日
2011年3月14日、京都三条ラジオカフェに小出裕章氏が出演し、事故直後の状況を解説していました。コメント欄にてWeisse Roseさまより教えていただきました。私も聞いてみましたが、事故直後の混乱の中、風下の住民の避難、そして送り込まれた海水の汚染など現在問題になっているポイントを的確に指摘しています。
録音
2分25秒あたりから13分20秒あたりまで
3/14①【原発事故】小出裕章先生 細川弘明先生にきく

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

『オープン講座/ウクライナ戦争と日露戦争①』★『ロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」がウクライナ軍の対艦ミサイル「ネプチューン」によって撃沈された事件は「日露戦争以来の大衝撃」をプーチン政権に与えた』★『児玉源太郎が指揮した日露戦争勝利の秘訣は軍事力以上に外交力・インテリジェンス・無線通信技術力・デジタルIT技術にあった』

  ウクライナ戦争でロシア侵攻作戦の要であるロシア黒海艦隊の旗艦・ミサ …

no image
マルズキ・ダルスマン氏が『北朝鮮の人権状況』について日本記者クラブで会見発表

  マルズキ・ダルスマン 朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)人権状況に …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑭』ー『最悪のシナリオから考えるー水冷却の代替案は・・』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑭』   『最悪のシナリオから考えるー水冷 …

no image
速報(162)『日本のメルトダウン』ー『日本の温泉の魅力を脅かす中国の温泉ブーム 』『日中民間外交―知るほどに募る互いへの不安』

速報(162)『日本のメルトダウン』   ◎『日本の温泉の魅力を脅かす …

no image
世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』★『5月の日米首脳会談でトランプが日本を切り捨てる可能性』●『 中朝“血の同盟”にトランプ氏激怒 軍事オプションに障害…「核・ミサイル開発」時間稼ぎ許す恐れも』★『コラム:北朝鮮の金正恩氏、「変心」は本物の可能性』

世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』 5月の日米首脳会 …

no image
速報(235)『日本のメルトダウン』「原発事故のメディア責任とは『メディアは何を伝えたか~検証・原発事故報道シンポ

速報(235)『日本のメルトダウン』 ★『「原発事故についてのメディアの責任を問 …

no image
日本リーダーパワー史(619) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑬福島安正のインテリジェンス②明治6年、外務卿副島種臣が支那始まって以来、直接、清国皇帝の拝謁を実現した外交インテリジェンスの秘密

日本リーダーパワー史(619)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑬ 『福島 …

no image
日本メルトダウン脱出法(786)「パリ同時多発テロ事件の裏に隠された悲劇の本質 」●「 実証:日本企業がリードする革新的テクノロジー」●「少しずつよい方向へ動き出した慰安婦問題 日本にとって事態が好転、その5つの根拠とは」

   日本メルトダウン脱出法(786)    「パリ同時多発テロ事件の …

no image
『世界サッカー戦国史』⑧『西野監督引退、次の日本代表/監督は誰になるのか』★『サッカー協会(JFA)は今大会の試合結果を徹底検証し、ワールドクラスの選手育成の長期プログラムを作成し、これまでの監督選びの連続失敗を繰り返してはならない』

『世界サッカー戦国史』⑧ クリンスマン氏、日本代表監督就任の噂をSNSで否定「真 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(900)ー何も決められない「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力 /最速王―「日本人の歩みは遅い」と批判した ハリルホジッチ前監督は解任」★『日本は当たり前のことさえ決めるのに15年はかかる』(キッシンジャー)』

「ジャパンプロブレム」を変革する大谷選手の決定力、 スピード最王―「日本人の歩み …