前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(976)ー『150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス』★『世界に先駆けて『奴隷解放』に取り組んで勝利したマリア・ルス号事件(明治5年7月)を指導した』

      2019/04/08

 

150年前の日本と中国―副島種臣外務卿のインテリジェンス

前回、一八七三年(明治6)3月、副島種臣外務卿(初代外相)が中国始まって以来の前例を破って、直接、清国皇帝の拝謁を賜わった話を書いた。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/33444.html

 

この時の副島の秘策を榎本武揚(後、農商務相、外相,文相)は次のように語る。

李鴻章(直隷総督、北洋通商大臣)について副島は事前に徹底して調べ上げた。李鴻章は学識が極めて高いことを自慢していた。当時、当代きっての漢文通で、書道の大家であった副島は学識が高いといっても恐らく、自分と同じく評判ほどではなかろうと一計を案じた。

「相手の誇り(プライド)をくすぐれ」である。

そこで副島は支那で有名な言葉や比喩、絶句、名訓の数々を、すっかり暗記して、李鴻章に会ったときにぶつけた。

副島は漢書の名文を書いて、「閣下はどれがお好きですか」と尋ねると、李鴻章は副島に「貴方のように学識の高い方は、この清国にも私の外には数える程しかいない」とほめた。実はこの書の中に全く意味のないものを故意に入れて李鴻章の学識をテストしてレベルをチェックしたのだ。

副島は素知らぬ顔で「貴方が清国宮廷から最も信頼を得ているわけはその御人格と学識が高さと信じていましたが、今回お会いできて、その判断の正しいことを確認できた点は、最大の収穫でした」と最大限、持ち上げた。

さらに畳みかけて「日本の高官で清国を訪ねた者は少なく、閣下が清国第一の知識人で清国皇帝から絶大な信頼を得ている事実を見た者がいないのは残念でたまりません。今回の私の訪問の目的は、閣下が皇帝に信頼されている事実をこの目で確認して日本の高官に伝えることであります。是非、皇帝に秦上していただきとうございます」と請願した。

気を良くした李鴻章は早速、皇帝に秦上し、「日本の賢人を皇帝が引見なさることは皇帝の御高徳を一層日本にも普及することになりましょう」と李鴻章の立会のもとに、前代未聞の同治帝との使臣謁見の儀が実現したという。(島貫重節著「福島安正と単騎シベリア横断(上)」原書房、1979年)

以来、清国では各国の外交宮への態度を改め、対等に扱い、各国から副島は感謝された。

しかし、これにより清国宮廷が日本を対等の国として認めたわけではなかった。

翌明治7年、日清修好条約により、柳原前光が駐清国特命公使として北京に赴任したが、清国側は日本を東夷(東の野蛮人)して、日本へ公使を派遣しなかった。国交が回復して四年目の一八七七年末になって、ようやく初代駐日公使が赴任してきた。日本の「同文同種」「親中的態度」に比べて、中国側の『反日的態度』は依然,変わらなかった。

「親中派」の副島の外交力、インテリジェンスは明治5年7月のマリア・ルス号事件でも発揮された。

明治五年六月四日、ペルーの帆船「マリア・ルス号」が清国人苦力二百三十二人を船室に閉じ込めて横浜に修理のために入港した。この清国人たちは、ぺルーに売られていく奴隷で食事も与えられず、虐待で餓死寸前の者も多かった。外務卿・副島種臣はこの非人道的行為を見逃さず、神奈川県参事の大江卓に命じ、同船の差し止めと同船長を告発した。当時、日本とペルーの間では2国間条約は締結されておらず、政府内には国際紛争をペルーとの間で引き起こすと国際関係上不利になるとの反対もあったが、副島は人権尊重と日本の主権独立を主張し、横浜に特設裁判所を開設、大江卓を裁判長に任命した。

独、仏、伊、デンマーク、ポルトガルの五領事は反対し、米、オランダの二領事は中立、英国領事は外務省の意見に賛成した。日本政府の陪審判事3人も不干渉論を唱えたが、副島は裁判長大江卓の意見どおり裁判させ、清国人解放の判決が下りて、苦力全員は無事中国に送還された。清国政府からは日本の友情的行動への謝意を表明された。

奴隷売買が世界的に横行していた時代に、大国に追随せず正義と人権を守り通した判決が出たのは、副島外務卿のヒューマニズムにあふれる決断力で断固として反対派を押さえたためだった。

翌年2月、判決に不服のペルー政府が謝罪と損害賠償を日本政府に要求してきたため、ロシア皇帝アレクサンドル2世による国際仲裁裁判がサンクトぺテルブルグで開催されることになった。この時、日本側の全権大使として出廷したのが榎本武揚である。ロシア皇帝は「日本側の措置は国際法に適合したものである」との判決が下した。

これはわが国最初の国際裁判で勝利したケースであり、まだ多くの国で奴隷売買、奴隷労働が続けられていた時代に、世界に先駆けて敢然と『奴隷解放』に取り組んで勝利した画期的な事件であった。副島外務卿と、榎本、大江の人権派コンビは国際的にも大きな賞賛を浴びた。

翻って、現在の米中貿易戦争、覇権争いで中国の新疆ウイグル自治区で約200万人にものウイグル人を強制キャンプに収容して大規模な洗脳を行っている人権弾圧問題がクローズアップされている。米国務省は「中国政府によるウイグル人弾圧は現在の全世界でも最も大規模で残酷な人権弾圧だ。1930年代のナチス・ドイツのユダヤ人弾圧にも等しい」と非難、中国当局は「内政干渉」と強く反発している。

「中華思想」「漢民族優先のエスノセントリズム」(自民族中心主義、自文化中心主義)は習近平永久国家主席になって「中国の夢」として再び強烈によみがえっている。

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(77)★原発と国家【封印された核の真実】(1981~84)⑬■官房副長官として7人の首相に仕えた 石原信雄氏の証言(下)

片野勧の衝撃レポート(77) ★原発と国家―【封印された核の真実】⑬ (1981 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(8)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑨『日中韓の誤解、対立はなぜ戦争までエスカレートしたか」ー中国・李鴻章の対日強硬戦略が日清戦争の原因に。簡単に勝てると思っていた日清戦争で完敗し、負けると「侵略」されたと歴史を偽造

    2015/11/28 &nbsp …

no image
速報(255)★『日本経済の現状について』-藻谷浩介日本総研主席研究員と『田中均 同国際戦略研理事長会見』

速報(255)『日本のメルトダウン』 ★『日本経済の現状』-藻谷浩介 日本総合研 …

no image
日本リーダーパワー史(617)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑪日中歴史インテリジェンスの復習、5年前の民主党政権下の尖閣諸島問題での外交失敗を振り返る。 リーダーなき日本の迷走と没落、明治のリーダシップとの大違い

日本リーダーパワー史(617) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑪  『日中 …

qqq
『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』⑦終 『ロシア革命影の参謀、レーニンとの関係、ロシアの国情分析』

  『日露インテリジェンス戦争の情報将校・明石元二郎』⑦終 『ロシア革命・影の参 …

no image
<金子堅太郎⑤>『ル大統領は「旅順陥落」に大喜びー黙っていると”Silence is Consent”。どしどし反論せよ』⑤

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑤> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト大統 …

no image
速報(168)『日本のメルトダウン』ー●『中国の現状と明暗―どう対応するのか』ー丹羽中国大使が警告など5本

速報(168)『日本のメルトダウン』   ●『中国の現状と明暗―どう対 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』<まとめ記事>「トランプ大統領丸1年の成績評価はマイナス50点』★『米朝戦争は勃発するのか、6回連載分を一挙に公開』

 『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 ★『2017年は世界大乱、アジア激震の …

no image
日本リーダーパワー史(650) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)『三国干渉』に日清戦争の立役者・川上大本営上席参謀はどう対応したか①『余の眼晴(がんせい)が黒いうちは、臥薪嘗胆10年じゃ』と

  日本リーダーパワー史(650) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(43)  …

no image
高杉晋吾レポート⑫「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ーー元、淀川水系流域委員長 宮本博司氏インタビュー(中)

高杉晋吾レポート⑫   ダム推進バリバリの元国交省エリート、宮本博司が …