前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(105)本田宗一郎(74歳)が画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

      2019/06/19

百歳学入門(105)

スーパー老人、天才老人になる方法—

本田は74歳の時、フランスの画家シャガールの自宅を初めて訪ねた。

94歳のシャガールは本田から硯、墨、筆をもらい、嬉々としてアトリエに入って、

画業に熱中して出てこなかった」ーその姿に本田は感動した。

「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

「やっぱり好きじゃなければだめです。好きこそものの上手なれというが、

これは未来に続く基本の理念でしょう」(本田の言葉)

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

本田宗一郎【84歳)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%AE%97%E4%B8%80%E9%83%8E

マルク・シャガール【97歳)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

 

「人間が物事に熱中できるということ-」に本田宗一郎は絶対的な人生の価値観を見出していた。「ホンダの経営」はとっくの昔に若手にまかせて、悠々自適し日本画に熱中していた本田は74歳の時の1980年12月、好きなフランスの画家シャガールの自宅を初めて訪ねた。このシャガール邸を訪問した時、20歳も年上ながら94歳のシャガールの若々しく画業に熱中するその姿に強烈なショックを受けた、という。

本田は硯、墨、大小の筆をシャガールへのオミヤゲとして持参した。94歳ののシャガールは思った以上に若々しく。カタシャクとしていた。

シャガール夫妻は、愛想よく本田を応接間に招き入れた。こうした初対面でも本田は生まれつきの「天真爛漫」さで、大声で話し、笑い、泣く「日本人特有の遠慮がち」など態度は全くなかった。欧米人でも少しオーバーに思えるほどの派手なオーバーアクションであいさつした。

そのためか、初対面のシャガールとも、たちまち打ち解けた。通訳の言葉を待つより、本田のアクションジェスチャー、スマイルのほうがシャガールにはストレートに気持ちが伝わったのだろう。

「ムッシュー・ホソダ、私は広重などの浮世絵のラインは素晴らしいものだと思う。広賓は、あなたが私にくれたこういう筆で書いていたのか。これは私にとって、なによりの贈り物だ」

老画家は、本田の贈り物がことのほか気に入った。そうこうしているうちにシャガールは熱心に硯をすりはじめた。やがて嬉々とした足どりで、硯と筆をもって隣接するアトリエに入って行った。

本田は「あんまり喜んでいるので、その場で一枚描いてくれるのか」

と思っていると、シャガール夫人が言った。

「ムッシュー=・ホソダ、ごめんなさい。あの人はアトリエに入るともう出て来ませんよ。いつ出て来るのか、私もわからない。仕事になると食事もなにもないんだから……」

この夫人の言葉に、本田は、はっと我にかえり、すぐに感動がこみ上げてきた。九十四歳となった巨匠が、これほどまでに「仕事に熱中している」生涯現役の姿を目の当たりにみて、ショックを受けたのである。

 

本田はこの時、現役を引退しており、自分は熱中した仕事に対してはいまや過去形でしか話せなかったが、七十四歳の本田よりも二十歳も年長のシャガールは、仕事についてはまざれもなく「現在進行形、生涯現役」だったのである。

「心の底からシャガールをこの時はうらやましいと思ったね。たしかに、シャガールは俺にさよならも言わずにアトリエに消えた。人によっては、本田さん、シャガールはずいぶん失礼な人だね、と言われるが、俺は絶対にそうは思わない。自分も若いときはシャガールと同じだった。

仕事になれば失礼もへったくれもないよ。三旦二晩、一睡もせず、何も食べずに研究していたことが何回もあった。そのときは夢中だ。自分が生きていることすら忘れてしまう。どうやらメドがついて部屋から出て来ると、初めて眠気と食い気に気がついて、なあんだ俺は生きているんだ、と思うんだな。

そんな経験があるから、シャガールの喜びと夢中になってアトリエに入って行った気持ちが理解できるんだ。俺は誰よりもシャガールを理解できたと思った。シャガールの絵のことは専門家の人々にかなわないが、シャガールという人間についての理解は、俺なりに自信を持ったが、そんなことよりもシャガールが本当にうらやましかったな」

 さて、このあとがいかにも本田らしい。

シャガールがアトリエに入ってしまって、本田宗一郎はシャガール夫人と応接間に取り残されてしまったが、そこでシャガール邸を辞する前に、本田らしいサービスをシャガール夫人に披露した。

本田はいきなり、ソファから立ち上がると、シャガールが筆と硯を手に持って喜んでアトリエに入って行くさまを真似してみせた。あまりにもおどけた本田の姿にシャガール夫人は笑い転げた、という。この物まねジェスチャーは正し言語コミュニケーションをこえた「ボディラングエッジ」(肉体言語)で二人の間には、言葉以上の心が通じ合ったという。

九十四歳のシャガールの姿に本田はよほど感動したのである。

「熱中できるものには二種類ある。趣味でやるのと、なんらかの使命感を持ってやるのとだ。たしかに趣味も熱中できるが、使命感のある仕事の熱中には及ばない」とも語っている。

「策では絶対大きくならん。やっぱり好きこそものの上手なれです。好きなものに情熱を燃やし、仮に燃え尽き灰になったところで、いっこうに後悔しない」

「やっぱり好きじゃなければだめです。好きこそものの上手なれというが、これは未来に続く基本の理念じゃないでしょうか。どこの国に行っても、好きなものでないかぎり絶対だめだと思う。策では絶対大きくならんです。いっペんはふくらむだろうが、絶対ではない。あくまでも中のほうは空気で、炭酸入れてふくらませたようなものです。好きこそものの上手なれ。これはどこにも通用する真理だと思うな。命令されて働くのと、自主的に働くのではまったく違うんです。」

「経営とは何か」と質問されると、本田「俺はハソコさえ押したことがないんだよ、俺に経営なんかわからんよ」と、はにかんで答えたという。

「好きなものに情熱を燃やし、それを持続させる。具体的には子供のころから好きだった〃機械いじり〃を終生しつづけたい、そのためには会社をつくり、大きくして、新しいものへ次々と挑戦していかざるを得ない環境をつくる」 ー 本田にとっては、会社づくり、経営は〃好きなものをやる〃手段だったのである。好きなことに熱中し努力し、精進した結果がたまたま〝成功〃という二文字を手中にしたということなのだ。

<参考、引用 梶原一明著「本田宗一郎 男の幸福論」(PHP研究所.1982年刊)>

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード (1)
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊺★『世界史を変えた男・明石元二郎』-『日露戦争勃発。児玉から「至急、ストックホルムに行き、ロシア反体制革命家を扇動して、ポーランド人と一体となって武力闘争を起こせ」との秘密命令を受けた』★『ロシアの植民地なった周辺各民族の革命家を一堂に集めて組織、資金提供、武器援助をしてロシア革命に火をつけた奇跡の男』★『「明石一人で20万人の兵に相当する」とドイツ皇帝は驚嘆した』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
日本リーダーパワー史(253)川上操六(32)外伝・軍閥内反主流派―鳥尾・三浦・谷・曽我の4将軍―国際平和主義の主張

日本リーダーパワー史(253)  空前絶後の参謀総長・川上操六(32) 外伝・軍 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊸★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、 ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』

日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、す …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(334)-『新型コロナウイルス/パンデミックの研究①-日本でのインフルエンザの流行の最初はいつか』★『鎖国日本に異国船が近づいてきた18世紀後半から19世紀前半(天明から天保)の江戸時代後期に持ち込まれた(立川昭二「病と人間の文化史」(新潮選書)』

  2020年4月22日                     前坂 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(104)再録<ネット時代の社説論説『本質に迫るための検証報道ーメディアは速報性のワナにはまるな①」

  終戦70年・日本敗戦史(104) 再録 <ネット時代の社説論説『本 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉓『大日本帝国最後の日⑦阿南陸相の徹底抗戦とその日の陸軍省、参謀本部』

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉓   『大日本帝国最後の …

no image
小倉志郎の原発レポート(3)「原発は事故を起さなくても危険きわまりない」(10/05)

 小倉志郎の原発レポート(3)   「原発は事故を起さなくて …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(151)再録★-『名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」「瞑門」へ」●『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語に学べ』★『日本老舗企業にとって明日はわが身の教訓、戒語です』

       2017/02/ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(255)記事再録/ 『歴史有名人の長寿と食事①天海、御木本幸吉、鈴木大拙、西園寺公望、富岡鉄斎、大隈重信』

    2011/07/19百歳学入門(30)/記 …

no image
百歳学入門(⑭)<日本超高齢社会>の過去④・・<日本の天才長寿脳はだれなのか・・>・

百歳学入門(14)  <日本超高齢社会>の過去とは④・・・ &nbsp …