前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(184)ー「六十、七十 はなたれ小僧、はなたれ娘、人間盛りは百から、百から」 平櫛田中(107歳)』★『人間は過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。老人は過去から、未来に生きるスイッチに切り換えなさいとの鈴木大拙師の教え』

      2017/11/28

 百歳学入門(184)

 『六十、七十 はなたれ小僧、はなたれ娘、人間盛りは百から、百から』平櫛田中(107歳)          

若い時から人生毛作を夢見てきた。

大学を出て新聞社に入り50歳で辞めた。以後、大学で若い人と共に学び遊んだ。65歳で定年。あとは林住期に入り散歩老人と化した。

海辺の近くに住み「晴耕雨読」ならぬ、「早朝釣り、その後は読書」,午後は近くの山と森と寺社をぶらり散歩する。

陋屋では薄汚れた古本、雑誌を読み、時より東京の変わりゆく街並みをウオーキングしながら自由気ままに晩年を楽しんできた。

かつて、愛読したルソーの『孤独な散歩者の夢想』(新潮文庫)をまねて、ブログ、SNSに毎日ぶつくさ老人の愚痴を書き飛ばして、自己満足してきた。

老人になるということは、過去形が多く脳裏に点滅してくるということだ。老人とは過去に生きるものなり。

「少年老い易く、学成り難し、一寸の光陰 無駄にすべからず」とは、60年以上前の少学3年生の時に、女の先生が詩吟を歌いながら教えてくれた言葉だ。

これは2500年前の古代中国の孔子の『論語』にある有名な言葉だが、「一体なんのことじゃ?」、子供心にはわからなかった。

これも年齢階段を一段一段登るごとに、周囲の風景がより広範囲に見えてくるように、人生山脈(齢を経るということ)が俯瞰できるようになる。

富士山は下から見上げると、上には雲がかかって見ええない場合があるように、若いうちは老人の気持ちも心理も、体力も、その人生行路も、雲がかかっているのと同じで、なかなか理解することが出来ない。

年齢を重ねるごとに「時間こそ人間に唯一平等に与えられた大切なもの」とだんだんわかってきた。

さらに「われ十有五にして学に志し(立志)、三十にして立ち(自立)、四十にして惑わず(不惑)、五十にして天命知る(知命)、六十にして(耳順)=周りの人の言うことに素直に従い、七十にして心の欲する所に従って、 矩(のり=道理)をこえず」の論語の人生スケジュール。

も年齢を重ねるごとにより深く心に染みてきた。

青春時代には人並みに「人いかに生きるべきか」と自問自答し、ひとり悩んできた。

そして「独立自尊」「好きなことをやる」「自由に生きたい」と心に決めた。「書を捨てて街に出る」と実社会に飛び込んだが荒波に容赦なく翻弄された。

30、40は仕事に明け暮れてあっと言う間に過ぎ去る。

自立にはほど遠く、迷いに迷い悩みに悩み、50、60過ぎても、相変わらず惑いっぱなしの人生。

気がつけばいつの間にか、「人生七十古来稀なり」。今や後期高齢者の仲間入りに慌てふためく。

豈、恐ろしや,時のすぎゆくその速さよ、超速よ。時間よ止まれ!、と恨めしくなる。

「少年,青年、中年益々老いやすく、老年さら老耄しやすく、学いよいよなり難し」を痛感する今日この頃である。

さて、西郷隆盛、佐久間象山も愛読した幕末の儒官・佐藤一斎(1772-1859、86歳)の「言志四録」の『言志後録』は57歳からの10年間、『言志晩録』は67歳からの12年間、「言志耋録」は80歳からの2年間、書き続けたアフォリズムである。

その中に「少にして学べば、壮にして為すこと有り。壮にして学べば老いて衰えず。 老いて学べば死して朽ちず」という有名な一節がある。

これに感動して老生は、わが『晩録』「耋録」を創ろうとして、ブログ、SNSを始めた。

サラリーマンには定年があるが、人生には定年はない。毎日毎日「一日一生」と生涯書き続けて「臨終停年」すればよいではないかと、肚を決めた。

世界一の長寿芸術家の彫刻家・平櫛田中翁(ひらくし でんちゅう、1872―1979、107歳)には裂ぱくの気合いの名言がある。

六十、七十 はなたれ小僧、はなたれ娘、人間盛りは百から、百から。いまやらねばいつできる。わしがやらねば、だれがやる」に感電したようなショックを受けた。

玉川上水のせせらぎが響く遊歩道のそばの平櫛田中記念館(東京都小平市学園西町)。田中翁の終の棲家、工房跡である。中に入ると、正面玄関横に直径二メートルを超えるヒノキがドンと置いてある。

田中百歳を迎えた際に、600万円出して木彫りの材料となるヒノキを三本も買いこんだ。10年乾燥させないと使えない代物である。つまり、130歳まで仕事を続けるつもりなのだ。

「わしもとうとう満百歳、まだまだ仕事が残ってる、朝から工房、晩めしがうまい、ぶどう酒ぼっちり、粥(かゆ)一椀、とろりとまぶたが重くなる」との手紙を若い友人あてに出した。

この田中翁の気迫と、不屈の闘志を伝えるためにこの大木をそのまま保存しているのである。

この『パワースポット』は『長寿力』の聖地である。

同じく北鎌倉の東慶寺境内にある松ケ岡文庫は鈴木大拙師(96歳)が禅の研究と執筆に没頭された終の棲家である。

93歳の時に健康の秘訣を聞かれると「わしは過去のことは考えんな。いつも未来のことを考えておる。あれをしなくてはならぬ、これをしなくてはならぬとな。今日から明日へ、来年また来年と、将来に希望をかけることが私の健康法だよ』と答えている。

確かに、人間は過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。老人は過去から、未来に生きるスイッチに切り換えなさいとの大拙師の教えである。

今からでも遅くない。気がつけばその日が吉日・スタートである。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/3532.html

 

「たゆまざる あゆみ恐ろし、カタツムリ」(彫刻家・北村西望 102歳) http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/2514.html                   

 - 人物研究, 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル』◎『鎌倉・寒中・鍛錬サーフィンこそ最高だよ、材木座、七里ヶ浜ベストショット!(1月6日)』

『鎌倉サーフィンチャンネル』 ★2013年正月・サーファーズパラダイス・Kama …

no image
<鎌倉釣りバカ、阿呆日記>『鎌倉野生カヤックフィッシングー厳冬の鎌倉 荒海でカワハギを爆釣する』

<鎌倉釣りバカ、阿呆日記>   『鎌倉野生カヤックフィッシングー厳冬の …

no image
日本リーダーパワー史(133)空前絶後の名将・川上操六(22)その急死とインテリジェンス網の崩壊

 日本リーダーパワー史(133) 空前絶後の名将・川上操六(22)その急死とイン …

no image
日本リーダーパワー史(926)-『良心と勇気のジャーナリスト桐生悠々の言論抵抗とは逆のケース』★『毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正/言論屈服事件の真相』

  毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正事件 桐生悠々の「関東防空大演習 …

no image
日本リーダーパワー史(117)辛亥革命100年ー孫文を助けた犬養木堂と頭山満のその後の信頼は・・

日本リーダーパワー史(117)孫文を助けた犬養木堂と頭山満の信頼関係 辛亥革命百 …

no image
『Surfers Paradise Kamakura』台風27,28号が26日関東沖通過か ☆鎌倉七里ヶ浜サーフィン(10/25日)の状況

   『Surfers Paradise …

1111
元国連事務次長・明石康氏が「終戦70年を語る」シリーズで「変貌する国際社会と日本の役割」をテーマに日本記者クラブで講演、記者会見動画(2/3,90分)

●<日本記者クラブ主催の「終戦70年、語る,問うシリーズ」の一環として 元国連事 …

no image
日本リーダーパワー史(65) 辛亥革命百年⑥孫文と中国革命と頭山満の全面支援①

  日本リーダーパワー史(65) 辛亥革命百年⑥孫文と中国革命と頭山満 …

no image
「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「新聞に警鐘を鳴らし続けた」不屈の記者魂をたたえる。

「最後の木鐸記者」毎日新聞・池田龍夫氏(87)を偲ぶ会―晩年に病苦と闘いながら「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(24)-記事再録/日中韓/異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回中1ー20回まで)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』

日中韓異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読 …