前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(737)『大丈夫か安倍外交の行方は!?』-プーチン大統領と12/15に山口県で首脳会談開催。長州閥は外交には弱く、伊藤、山県とも『恐露病患者』で日露戦争で外交失敗、『日ソ中立条約」の松岡洋右外相も大失敗の連続①

   

 日本リーダーパワー史(737)

 ★『大丈夫か安倍外交の行方は!?』-

プーチン大統領と12/15に山口県で首脳会談開催。

長州閥は外交には弱く、伊藤、山県とも『恐露病患者』で

日露戦争で外交失敗、松岡洋右外相も大失敗の連続①

 

 

安倍晋三首相とプーチン大統領は12月15日に首相の地元・山口県で首脳会談を開くことで合意した。日露平和条約の行方はどうなるのか,注目されるが不安も大きい。日露外交史は日本の失敗外交の歴史であり、というよりもロシア外交に負けっぱなしの歴史なのである。

太平洋戦争前に日ソ中立条約(1941年)を締結したのは松岡洋右外相であり、安倍首相とは親類関係にある。ソ連は昭和20年の終戦前のは8月8日に突如、ポツダム宣言への参加を表明した上で日本に宣戦布告し事実上、日ソ中立条約を破棄した。9日午前零時から戦闘を開始し南樺太、千島列島、満州国、朝鮮半島北部へ侵攻したのである。。

成果は期待できるのか、日ロ首脳会談?

http://blogos.com/article/144611/

北方領土の色丹と歯舞諸島は1956年の日ソ共同宣言で平和条約締結後、日本に返還するとし、その宣言の有効性は2001年のイルクーツク声明で確認されている。

ところが今では返還するはずの色丹でもインフラ整備が始まっており、ロシア側はクリミアと同様、戦略的地域の返還の余地はまずない。

ところが、ロシアは日本からの資金がノドから手が出るほど欲しく、ロシア流の一計を案じて『島の住民もロシア軍も置いたままの2島返還して、日露で共同管理をする案・・』との奇怪な情報が流れている。

まさかこんな子供だましの案にのるほど安倍日本外交は馬鹿ではあるまいと思っていると、果たして日本側はそうではないというような話が漏れてくるので、魑魅魍魎である。

 

この会談は安倍外交の対中国、北朝鮮外交の行きづまりを何とか打開するために、ロシアに相当の経済協力の姿勢をみせることで平和条約締結に一歩踏み出したいとの狙いからだ。

しかし、日本外交の歴史はいつも、日本側の思い込み、一方的な希望的観測から交渉を始めて、条約、共同声明にこぎつけても、最終的に失敗外交に終わるケースが多い。

今回も安倍首相はプーチン大統領と十数回あったという個人的な親近感から「親密な2人ではないとこの平和条約は解決できない」という一方的な思い込みから発しており、12月に地元山口にプーチンを招待して、さしでの『秘密外交』展開しようとしている。

ここでは日ロ外交失敗の150年の歴史をさかのぼってみたい。

そもそも北方領土は幕末に徳川幕府の外交無知によってロシアに奪い取られたものである。

明治維新以後の薩長藩閥政権では、伊藤博文、山県有朋、井上馨ら長州閥(山口閥)が政治、軍事、外交の主導権を握り、朝鮮をめぐる領土紛争で、日本、清国、朝鮮間で対立、紛争がエスカレートして(現在の中国、北朝鮮との紛争とまるで同じ)、ついに明治27年8月に伊藤博文内閣当時に日清戦争が起こる。

 

これに勝利し、翌28年に下関講和条約が山口県下関で締結されたが、その直後に、ロシア、ドイツ、フランスの武力恫喝外交『三国干渉』によって、泣く泣く手に入れた遼東半島を清国に返還した。

ところが、火事場大泥棒の主犯・ロシアは早速、遼東半島の不凍港の旅順を手に入れるべく、時の清国首相・李鴻章に300万ルーブルの巨額ワイロを送り、『清露密約』を秘密裏にかわして、日本を第一敵国とする同盟を結んだ。日本側は全くこのことに気づかず、手をこまねいている間に、ロシアは傍若無人に旅順、大連を次々に租借地(植民地)にし、満州国内にシベリア鉄道を延長し、旅順、ウラジオストックまで結んで、満州全体を支配した。

さらに、朝鮮の海岸部にまで植民地を拡大しようとして、ついに日本側が堪忍袋の緒を切ったというのが日露戦争の原因なのである。この歴史的な経緯を忘れてはならないし、日露戦争は伊藤、山県、井上の失敗外交のつけである。

 

長州閥は外交には弱く、伊藤、山県とも『恐露病患者』であった。この連載の中で

日中北朝鮮150年戦争史(35)★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/19738.html

 

で一部に書いたが、ロシア皇帝ニコライの戴冠式での『山県・ロマノフ会談』の失敗外交が続いた。

つづく

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

images
日本リーダーパワー史(710)『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を一代で築き上げた「ニトリ」創業者・ 似鳥昭雄氏の『戦略経営』『人生哲学』 10か条に学ぶー「アベノミクス」はこれこそ「二トレ』!

  日本リーダーパワー史(710) 『28年連続で増収増益を続ける超優良企業を …

no image
速報(96)『日本のメルトダウン』●(小出裕章動画情報2本)『菅総理の「脱原発依存」会見』『『食品安全について』

速報(96)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章動画情報2本)『菅 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』『アブーバクル・バグダディの「イスラム国宣言」についてーイスラム国自称カリフーを読み解くー「イスラム主義のグローバル化が進行し、民主主義、世俗主義、国民国家との戦いが これから延々と続く。

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(147)』 「イスラム主義の …

no image
『F国際ビジネスマンのワールドウオッチ⑤』『携帯電話世界トップのノキアがその座をサムスンに明渡した歴史的事件』

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ⑤』 『携帯電話世界トップの座に …

no image
日本リーダーパワー史(208)<日米中興亡の百年の今後は!>―“日本衰退から再生の道はあるのか”

日本リーダーパワー史(208)     <日米中興亡の百年> …

no image
日本風狂人列伝(31) 日本奇人100選②大町桂月、岩元禎、松崎天民、佐々木蒙古王、田淵豊吉、伊藤晴雨・・・・

日本風狂人列伝(31) 日本奇人100選②大町桂月、岩元禎、松崎天民、 佐々木蒙 …

no image
★新連載<片野 勧の戦後史レポート>②「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)②『婦人参政権の獲得 ■『金のかからない理想選挙』『吉沢久子27歳の空襲日記』『戦争ほど人を不幸にするものはない』 (市川房枝、吉沢久子、秋枝蕭子の証言)

「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)② 片野 勧(フリージャーナリスト) …

no image
日本リーダーパワー史(325)「尖閣問題の歴史基礎知識」日中、台湾、沖縄(琉球)の領土紛争の底にある『中華思想』と台湾出兵

日本リーダーパワー史(325)   よくわかる「尖閣問題の歴史基礎知識 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ 1902年4月9日『英タイムズ』/『朝鮮と日英同盟』●『日本は.ロシアが南部朝鮮に海軍基地を得ようとするなら,朝鮮に対する侵略行為となり,それは日英同盟の発動を促すものと決めたのだ。言い換えれば,日英同盟は,ロシアに朝鮮でも満州でも約束を守らせる保障と見なすことができよう。』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑩ …

no image
日本リーダーパワー史(592)『安倍首相への提言(1)ー明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの 台湾統治のリーダーパワーに学べ

日本リーダーパワー史(592)  『安倍首相への提言(1) 明治以来、最高の戦略 …