前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』『昭和史研究の藤原彰氏』の著作を読み、久し振りに本物に出会い、脳天をカチ割られた気持ちです。

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(128)』

『昭和史研究の藤原彰氏』の著作を読み、久し振りに本物に出会い、脳天をカチ割られた気持ちです。

 

F氏のコメント>

当方、引き続き「藤原彰」4冊目

Wiki藤原彰

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E5%BD%B0

藤原彰著作目録

http://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E5%8E%9F-%E5%BD%B0/e/B001I0J7NM

「昭和天皇の15年戦争」を味読中です。次は「餓死した英霊たち」を読みます。久し振りに本真物に出会い、脳天をカチ割られた気持ちです。
公表されている全著作を読むつもりです。

小生の父親、レイテに向かう輸送船で戦死しましたが、彼の無念を語る言葉はありません。

明治憲法下、「軍部と天皇制」が、明治以降敗戦まで、日本の国政の主導権を 実質的に握って来たことが良く分かりました。明治以降の日本史の基軸を漸く掴む事が出来た思いです。愚かな日本帝国主義オーケストラの主調低音を聞く事が出来ました。

国是としての「富国強兵」路線の転変と末路、悲惨な結末の必然性が分かった様な気がします。霧が晴れた想いです。

筆者は天皇礼賛の歴史修正派からは蛇蝎のごとく嫌われて来たと思いますが、 良く闘い凌いできたもので、この点にも賞賛と驚きです。 筆者の描く末端の兵士の目線、銃後の庶民の目線からの筆致には瞠目します。

単なる学者ではなく、ジャーナリストでもない8年間の陸軍生活、日中戦争の前線、戦闘体験から出る怒りの肺腑の言は異様な説得力です。

軍事行動の描写は、本職でなければ書けない生々しさ、南京大虐殺の光景は、日本人の未熟な未開民族の実態を晒して、正視出来ません。中韓の怨嗟の声は、割引く必要はないと感じました。

繰り返しですが、勝手な私見です。
日本の明治以降の現代史?は「日本軍の軍事行動と政治セクターとしての権力掌握動向」の把握が具体的に出来ていないと、体系的な理解は出来ないのでは? 歴史を動かして来たのは、時々の伸縮はあるにしても、中心軸としての日本軍部であった、という事でしょうか?
著作に一貫して流れる通奏低音は、死者の犬死を悼む読経の声で、晩年の作は大きくコダマしています。

藤原教授は、小生の一橋大学在学中の、社会学部の教授でした。日本史の 永原慶二教授が スカウトしたそうです。細谷千博教授が評議委員会で反対し採用は難航したそうです。小生、バイトばかりせず、ケイガイに接するチャンスを掴むべきでした。

このブログで、折に触れて藤原氏の主張を取り上げさせて頂く積りです。

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(655) 『戦略思考の欠落』(48)日清戦争敗北の原因「中国軍(清国軍)の驚くべき実態ーもらった「売命銭」分しか戦わない➡中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治で「習近平政権」も続いている。

日本リーダーパワー史(655) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(48)   …

no image
日本メルトダウン脱出法(741)「安倍内閣“新3本の矢”はー経済政策失敗の目くらましだ」●「「積極的平和主義」で戦死者を出し、ー安倍首相が窮地に立たされる日」

日本メルトダウン脱出法(741)   安倍内閣“新3本の矢”はー経済政 …

no image
知的巨人の百歳学(149)-失明を克服し世界一の『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした漢学者/諸橋徹次(99歳)

『大漢和辞典』(全13巻)編纂に生涯を尽くした諸橋徹次(99歳) 諸橋轍次(もろ …

ダウンロード
『リーダーシップの日本近現代史』(236)/百歳現役入門― 団塊世代は元気な百歳をめざそう, <健康長寿の秘訣はこれじゃ>『「少くして学べば、則ち壮にして為す有り。壮にして学べば、則ち老ゆとも衰へず。老いて学べば、則ち死すとも朽ちず」(佐藤一斎)』

   2018/02/09 /百歳学入門(198)/記事再録 …

無題
★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …

no image
 日本リーダーパワー欠落史(744) 欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?、再びバラマキ外交で失敗するのか』『歴史復習応用編』-日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、占領支配が日露戦争の原因なのである。★『  安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に』●『日露経済協力の目玉、サハリン・パイプライン プーチン大統領の訪日に何が期待できるのか』●『日露に総額1.5兆円強の共同計画』

 日本リーダーパワー必読史(744) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題 …

no image
★『2018年(明治維新から150年)「日本の死」を避ける道はあるのか④ 『2050年には日本は衰退国ワーストワンなのか!

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』④― < …

no image
速報(248)『4号機・燃料棒取り出し困難さ「空中に釣り上げたら周辺の人達が死んでしまう被曝」小出裕章」3本

速報(248)『日本のメルトダウン』 ◎『「2月20日 4号機・燃料棒 …

no image
日本リーダーパワー史(200)『100年前の日本「ニューヨーク・タイムズ」が報道した大正天皇-立場、その教育、日常生活(下)

  日本リーダーパワー史(200)   『100年前の日本「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(214)/リーダー不在の人材倒産国・日本の悲劇②>『グローバルリーダー論―太平洋戦争の日本のリーダー と世界のリーダーの比較』(下)★『東條英機、嶋田繁太郎、山本五十六、杉山元、ヒットラー、松岡洋右、スターリン 、毛沢東 、ルーズベルト』

  2011/12/31 /日本リーダーパワー史(229)記 …