前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(179)』 『 マツダのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の燃焼室構造が「恩賜発明賞」を受賞 』●『次の「世界経済危機」の震源地は日本か?- 消費税の増税延期は財政破綻のリスクを高める(池田信夫)

      2016/06/14

『F国際ビジネスマンのワールド・ ニュース・ウオッチ(179)』

 

マツダのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の燃焼室構造が「恩賜発明賞」を受賞

http://clicccar.com/2016/06/04/375707/

<F氏のコメント>

このところホンダは、ジェット機の開発成功以外、本業の車では目ぼしい新技術の話題がありません。喧伝されたのはタカタのエアバッグ問題位で、これを拗れさせたのはメインクライアントのホンダと言われます。

技術開発よりも量販に狂奔した前社長の方針が遠因では?  余談ですがNYTの田淵記者は数年前から執拗に本件の調査報道を重ねており、事の重大さを警告していました。情けない事に当時、日本のマスコミは全く、ヒョットしたら意識的に、タカタのエアバッグ問題を報道しておりませんでした。

消費者の命を守る視点に欠け、自動車業界に気を使っていたとしか思えません。 富士重のアイサイトと言い、このマツダの超低燃費ディーゼルと言い、新技術開発の主役がホンダから富士重、マツダへ入れ替わった感じです。 マツダ株価の堅調もこの新ディーゼルの力です。 ご承知の様に新技術の成功には長期の血の滲む努力が必要で、一筋縄ではいきません。

 

企業、製造業の寿命を維持し、成長を約束するのは艱難辛苦から逃げずに、新技術、新市場を創造する事しかありません。 今回のマツダの成功と一連の受賞は、企業発展の王道はこれしかない、事を改めて想起させます。 http://clicccar.com/2016/06/04/375707/

マツダにできて三菱自工にできなかったこと

http://diamond.jp/articles/-/91373

 

次の「世界経済危機」の震源地は日本か

消費税の増税延期は財政破綻のリスクを高める(池田信夫)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47008

 

舛添問題に学ぶ、トップが肝に銘じたい公私混同の境界線

http://diamond.jp/articles/-/92444?utm_source=weekend&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

 

夏までに知っておきたい、トンデモ政治家の見極め方

舛添氏著書を含む3冊~今こそ読むべき政治本

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46980

 

欧州各地で豪雨のため浸水 セーヌ川も警戒http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47013

中国の戦略原潜が太平洋に乗り出す日は近いーむなしく響くオバマ大統領の核廃絶アピール

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46978

 

 - IT・マスコミ論, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1071)>★『北朝鮮の暴発による第2次朝鮮戦争の危機高まる!?』★『「クリスマスまでに…」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機限界点 【特別レポート】電話会談で話された事』◎『「米中が組んで北朝鮮を討つ」そんなシナリオさえ現実味を帯びてきたーー利害は案外一致している』★『あまりに幼稚な左派の「北朝鮮核容認論」これでは日本が滅びる』☆『北朝鮮の暴走が止まらない‥だがそのツケも出始めて』

 ★『 地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(10 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(67)』「ザック退陣後、早くも後任選びに奔走するサーカー協会の無責任」

       『F国際ビジネス …

no image
速報(303)★『福島の明日を考えるためー島田興生・水爆の島マーシャルはいま』(動画)ほか小出裕章情報』

速報(303)『日本のメルトダウン』   ●『核燃サイクル原案:秘密会 …

no image
日本メルトダウン(928)『東京にはもっと集中と成長が必要だ 「保守・革新」というアジェンダ設定は終わった(池田信夫)』●『 “IoTの勝者 ARM”買収でソフトバンクが狙うもの (1/2) 』●『中国が「島ではなく岩」と抗議の沖ノ鳥島に、日本が100億円を注ぐ理由』●『「中国依存度が高い国」ランキング、5位に日本』●『温暖化で仁義なき海に…北極海と日本の戦略』●『高齢者の「貧困率が高い国」1位韓国、日本4位』

 日本メルトダウン(928)   東京にはもっと集中と成長が必要だ 「 …

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(43)★『米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は絶滅? 日中戦争に備えて米国は日本の核武装容認も』●『北朝鮮の核の脅威:悪の総帥 (英エコノミスト誌)』●『北朝鮮国民は心の中で金政権を激しく憎んでいた 米国研究機関が北朝鮮で世論調査を敢行』★『北京の国防省前、元軍人ら1000人がデモ 待遇に不満』●『中国漁船、韓国海警ボートを沈没させるため再衝突も』●『韓国漁民による拿捕にも「全然平気」 中国漁船、西海NLLに300隻出没』

  日中北朝鮮150年戦争史(43) 米国防省が恐怖の分析、中国の核攻撃で日本は …

no image
日本興亡学入門①日本没落の20年、平成不況から世界同時大不況へ転落か!?

                     …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」ー「日英同盟の影響」⑪1902(明治35)年3月8日『『露紙ノーヴォエ・ヴレ一ミャ』★『英国は南アフリカでのボーア戦争に敗れて、露仏独から中国での利権を守るために日本と同盟を結んだ』● 『日英同盟(英日条約)に対抗して仏露同盟が生まれた』

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑪  1902(明治 …

no image
日本リーダーパワー史(857)ー『今回の「北朝鮮有事危機」は真に国難に該当するものなのか』★『「北朝鮮危機」こそが自民党圧勝の最大要因だ 英メディアは日本の総選挙をどう分析したか』★『トランプの強気が招く偶発的核戦争』★『衆院選で明白、政治家のレベルの低さこそ本当の「国難」』

日本リーダーパワー史(857) 日本史における「国難」4戦争と 『朝鮮有事』『朝 …

thumbnail_IMG_1607
『オンライン講座/バイデン氏当選、トランプ大統領往生際の悪さの研究(上)(2020年11月15日までの経過)』★『新型コロナ第3波襲来、バイデン新大統領の勝利確定、トランプ落選決定』★『アメリカ社会の底知れぬ分裂、対立の深淵が浮き彫りになっている』』

 2020年11月15j日書く 前坂 俊之(ジャーナリスト) 2020年11月か …

no image
片野勧の衝撃レポート(36)太平洋戦争とフクシマ⑨原発難民<下>「花だいこんの花咲けど」

     片野勧の衝撃レポート(36) …