前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(975)-「メジャーを制したイチロー引退」―『天才とは学習の産物である』★『イチローは「考える人」であり、「自分の努力をボールを打つ感覚で的確に表現できた詩人、肉体を極限まで鍛え上げて野球場でパフォーマンスした創造者でもある』

      2019/04/08

「メジャーを制したイチロー引退」―天才とは学習の産物である。                  

3月21日、大リーグ( MLBマリナーズの東京ドームでのアスレチックスとの開幕2戦目終了後、イチロー外野手(45)は引退を表明、日米通算28年の現役生活にピリオッドを打った。同日深夜の記者会見(1時間20分)はBS日テレで全中継されたが、私はテレビにかじりつき、大リーグの頂点を極めたこの偉大な『チャレンジ精神』に改めて尊敬の念を深くした。

イチローの28年間(日本球界で9年間、その2倍の大リーグでの19年間)にわたって野球とベースボールで前人未踏の領域を切り開き、永くその頂点に君臨した点では、「米国の野球殿堂入り」はもちろん「国際スポーツ平和賞」があれば、それに匹敵するものではないかと思う。

イチローはあの細い体で目標を決めて、計画を立て、練習を重ねて、有言実行で大リーグの頂点までに達した。メジャーリーグがホームラン全盛で、それも筋肉増強剤がまん延していた時代に、イチロー流の『内安打』など『ない安打』にトリッキーとバカにされた時代での挑戦である。大谷選手の2投打流と同じく、メジャーでは通用しない、日本へ帰れと批判と批判された。

ところが、いざふたを開けると、ご覧の通りの大活躍だ。

イチローは肉体を極限まで1日も休まずに、毎日毎日の練習で鍛え上げ不屈の精神と「継続は力なり」の努力によって、大リーグのスピードと力任せに振り回す長打技術を凌駕した。それもヒットを打つこと、アウトになる内野ゴロをその走塁スピードで内安打として、即座に2塁に盗塁し、後続バッターの安打によって1点を得点する「安打製造法(イチローテクニック)」を発明した。イチローの数々の野球技術を発明は発明王『エジソン』にたとえられる。それも18年間続けてベンチャービジネスを世界的ブランドにした「小さな巨人」で世界の人々に勇気と希望を与えた。

天才とは生まれつきの才能ではなく、努力と学習の産物なのである。

イチローは小学生の時からチチローに連れられて365日、バッティングセンターに通って、バッティングテクニックを磨き、以後30年間以上も肉体的、メンタル的トレーニングを続けてきた。その自己改革法、学習法、異文化スポーツ成功法のプログラムを書いた「プログラマ」ともいえる。

天才・イチローもう1つの凄い点は「彼は考える人」であり、「自分の努力をボールを打つ感覚で的確に話せる詩人であり、表現者、芸術家、創造者」である」である。彼の名言、格言、インタビューの言葉を読めば、いま世界で最も必要な「異文化コミュニケーション術」「異文化接触成功法」の学習法、勉強術がオープンソースとなっている。これで学習すると、ごく普通の人でも可能性は大きく広がる。

引退記者会見でのイチロー名言を紹介する。

「(引退で)後悔はあるか」-「今日の球場での(引退を惜しむ大声援)あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」

「大リーグ生活」-「最初は「日本に帰れ」って、しよっちゅう言われましたよ。結果を残した後の敬意というのは、手のひらを返すというか。行動で示す敬意は迫力があるという印象ですよね。認めてもらった後はすごく近くなるという印象で、ガッチリ関係が出来上がる」

「記録について」―『去年の5月以降ゲームに出られない状況で(毎日,黙々、と練習を続けた試練の日々)、それを最後まで成し遂げられなければ、今日のこの日はなかった。あの日々は…ひょっとしたら誰もできないかもしれない。どの記録よりも自分の中では、ほんの少しだけ誇りを持てたと思います。』

 「野球の魅力」―「団体競技なんですけど、個人競技なんですよ。それが面白い。個人としても結果を残さないと、生きていくことはできない。野球は同じ瞬間がない。必ずどの瞬間も違う。これは飽きがこないですよね。本来、野球というのは、頭を使わないとできない競技なんですよ。この20年でMLBが頭を使わなくてもできる野球になりつつあるのが残念です」と語る。

「子どもへのメッセージ」-「自分が夢中になれるモノ、熱中できるモノが見つかれば、目の前に立ちはだかる壁に向かうことができると思います。見つからないと、壁が出てきても立ち向かえない。自分に向くか向かないかよりも、好きなモノを見つけてもらいたい」とすべての人間に通用するメッセージを発した。

私が心に刻んできたイチロー格言は・・・

 

①毎シーズン休まず百五十試合に出場するように心がける。

②グローブその他の道具の手入れを丁寧に毎日欠かさない。

③試合前後の入念な筋肉トレーニング、バッティング練習も三十年欠かさない。

④(打率でなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考える。そうすれば打席に立つのが楽しみになる。

➄小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。

⑥僕は決して「打率4割」とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです。

⑦結果が出ないとき、決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

⑧(3000本安打の達成感について)「小さなことでも満足することははすごく大事なことで、味わえば味わうほど前に進める。

 

                 

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
片野勧の衝撃レポート(66)「戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実」「平和利用原発なくして経済発展なし今なお、解除されていない緊急事態宣言(上)」

片野勧の衝撃レポート(66) 「戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印さ …

no image
月刊誌『公評』7月号 『異文化コミュニケーションの難しさ― 「中華思想」×『恨の文化』⇔『ガマン文化』の対立、ギャップ➃

     月刊誌『公評』7月号―特集『実感』❹ & …

no image
日本リーダーパワー史(77) 『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁に学べー<その気魄と禅語>

日本リーダーパワー史(77) 『超高齢社会日本』のシンボル・107歳平櫛田中翁に …

qqq
「百歳生死学入門(107)まとめ「中江兆民」(日本最初の民主主義者」の奇人・ガン超闘人生「生き急ぎ、死に急げ」

  「百歳生き方、死に方」入門(107)      まとめ「中江兆民伝 …

no image
尖閣問題・(資料)『琉球処分にみる<日中誤解>(パーセプション・ギャップ)<歴史認識>の衝突④『琉球朝貢考』清国新聞『申報』

    尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『琉球処 …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』ー『最悪のシナリオから考えるー被曝予測と海外からの目』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』   『最悪のシナリオから考えるー被曝 …

no image
日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』<まとめ>勝海舟②ー日本史上最大の巨人・西郷隆盛と並び徳川幕府の最期を見事に幕引きした勝海舟はスゴイ!

日本リーダーパワー必読史(743)『歴史復習応用編』 <まとめ>勝海舟ー日本史上 …

no image
日本リーダーパワー史(236)<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①

日本リーダーパワー史(236)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
日本リーダーパワー史(723)『強中国夢』④(中華思想単独覇権主義の夢)をめざす習近平共産党政権の未来は・『日清戦争の原因は中華思想の傲慢な事大主義』、21世紀のグローバル/デジタル時代に 『中国の夢』(中国一国覇権主義)ははかない幻に 終わるだろう。

 日本リーダーパワー史(723) 『強中国夢』④(中華思想単独覇権主義)をめざす …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉝ 』“田中投手神話は終わっている、松坂、ダルビッシュを上回る事はない」(NTYが論評)

 『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉝ 』   ●「 …