前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉞ 『自立』したのは『中国』か、小国「日本」か」<1889(明治22)4月>

      2015/01/01

  

 

 


『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

 

日本は東洋の一小国で.その大きさは中国の省の1っか2つ分にしか過ぎない。その小国が明治維新以後、過去の政府の腐敗を正し.西洋と通商するとともに.西洋の制度を尊んで衣服から制度に至るまですべてを西洋化してしまった。この日本のやり方を,笑う者はいても気にかける者はいなかった。しかし、ここ数年来.日本は軍隊を強化し.軍艦の数も増やし.そのために国内の財力はやや衰えたものの,結局自立し得る力を持てたと言えるのではなかろうか。

 


1889
(明治2246日光緒15年己丑37日『申報』

 

『自立』したのは『中国』か、小国「日本」か

 

 

自立とは.非常に難しいことだ。孔子は「三十にして立っ」といい,顔回は「立っ所有るが如し」といった。この人の世において人にぬきんでて立っことを望まない者がいるだろうか。無為に人の後につき従い、他人の力で成功を得た者でも.大部分はしかたなくその境遇に甘んじているのだ。

 

真の自立を得るにはあらゆる雑念をなくさねばならず、たとえば班超は筆を捨てて従軍し,その勲名は当時において光り輝き.その評判は後世にも伝えられている。これだからこそ.自立の2字にふさわしいと言えるのだ。

つまり,富貴に心を動かされることなく,高位高給を得ても志を失わず,あるいは名山で書物を著したり,あるいは隠退して悠々自適の生活を送ったりする。

1000年後にも人々に称賛される身であり.とうに没しているといえども,名の彰されることは,聖賢の徒とほとんど変わらないのだ。どのようなことであっても,芸に秀で,他人のまねをすることなく独創性を保ち,一家言を持っていたり何か1つのことをなしとげたのであれば.これは自立と称することができよう。最も避けたいのは,盲人のように人に頼って道を進んだり,足の不自由な人のように支えがないとすぐに倒れてしまうことで,これはまことに笑止千万だ。また,他人が自立しているのを見て.中傷したりねたんだりするのもいけないことだ。自己を高めたいと望む者は,まず自立の精神を持ち.その後に家庭や国家を治め,天下を安定させることま

で自らを押し広げるべきだろう。(中略)

 

大国の中でも相互に牽制しつつ競いあっている。その中には自立できる国とできない国とがある。その外見は強力でも.内側のもろくなっているものは言うまでもなく.本当に強力な勢いを有する国でも,ときに自国を守るのに確かでなく,人を用いても当を得ない場合には.ややもすれば侵略の口実を与えてしまう。

 

十分に自立し得る国を例にとってみよう。プロシアとフランスの戦争によって,プロシアは自立する力を得,フランスは一敗地にまみれた。

しかしフランスはこの失敗の後,君主制を改めて共和制とし,発奮して国力を強化した結果,ついにだれにも侮られることのない強国となった。したがってフランスは,自立し得る国であると言うことができよう。

 

これに対しトルコは,列強の間にあってイギリス,オーストリア.ドイツの援助に頼っている。なんと大きな違いだろうか。ワシントンは合衆国建国のためにイギリスと戦ったが.幾度かの敗戦にもくじけることなく.ついにイギリスからの独立をかちとった。

 

そして大統領制を敷き.4年に1度改選を行うという方法で.国民が心を一にして協力しあい,反対意見も出なかった。

これもまた,自立と呼ぶにふさわしい。しかし,かつて中国から労働者を集め.荒地の開墾をさせておきながら.今になって中国人労働者を排斥したのは,多分現地人の悪口でも聞いたからだろうが,黒白もはっきりさせずに他国に罪を着せる行為は,将来自立者としての地位をも脅かすに違いない。

 

日本は東洋の一小国で.その大きさは中国の省の1っか2つ分にしか過ぎない。

日本ではもともと国を動かす権力は国王の手中ではなく大将軍の手に握られていたが.維新以後になって.国王が自ら執政して過去の政府の腐敗を正し.西洋と通商するとともに.西洋の制度を尊んで衣服から制度に至るまですべてを西洋化してしまった。

 

この日本のやり方を,笑う者はいても気にかける者はいなかった。しかしここ数年来.日本は軍隊を強化し.軍艦の数も増やし.そのために国内の財力はやや衰えたものの,結局自立し得る力を持てたと言えるのではなかろうか。

 

しかし,自立とは他人のまねをしないことだ。日本のように西洋のまねばかりしている国が.どうして自立していると言えるのだろうか。日本はさまざまな面で西洋に学んではいるが.実は枝葉を捨てて精髄を取っているのだ。

たとえば関税の制度などは.本来西洋の法律ではあるが.日本では上は税務の長から下は一般の税務役人に至るまで,すべて日本人

を用い,1人として西洋人を使っていない。これは自立の1つの証だ。機械の製造も西洋をまねてはいるが,日本の工場で働く工員はすべて日本人で.作り出される製品は西洋をしのぐとまではいかないものの,西洋の製品と比べても優劣のつけがたい水準に達している。

 

その上、一部の製品に至るや、逆にヨーロッパに輸出さえしているのだから,これもまた自立の証と言うことができよう。警察制度もまた本来は西洋のものだが,各国の警察では現地の人間を用い,外国人を使わないのが普通だ。

 

日本の警察も西洋に学び,全国各地に警察署が置かれているが,上は長官から下は探偵・巡査に至るまで,すべて日本人を用い,西洋人は1人もいない。このように「われをもって人を制」し,「人をしてわれを制しむる」のではない上.法律を順守して租界を設けても,外国人には租界内の政務に干渉させていないのも.また自立の証の1つなのだ。

 

日本の軍艦に乗っている士官や水兵も,商船の船長も皆日本人だ。日本と西洋との交流は中国よりも遅いにもかかわらず.これほどの成果をあげているのは.まことに不思議と言わざるを得ない。中には.日本では秦の始皇帝が焚書坑儒をしたように古い書物を捨て去っていると言う者もいるが,これは言い過ぎだろう。他のことはさ

ておき,日本が西洋に学びつつも西洋にコントロールされていない点は.まさに自立であり.称賛に値する。世界はかくも広く,国家はかくも多いが,その中で自立していると言える国がこれらのように数えるほどしかないというのは,実に嘆かわしいことだ。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(834)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑥』★『シベリア鉄道のおどろくべき秘密』●『ドイツ皇帝からの親書を金子が読む、大統領は親友だから見せないが、話すよ』●『日本海海戦勝利にル大統領 は大喜びして、熊皮を明治天皇に プレゼントした』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑥> ―「坂の上の雲の真実」ー 『日本海海戦勝利に …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
よくわかる日中韓150年戦争史ー「約120年前の日清戦争の原因の1つとなった東学党の乱についての現地レポート』(イザベラ・バード著「朝鮮紀行」より)

まとめ「東学党の乱について」各新聞の報道 イザベラ・バード著、時岡敬子訳「朝鮮紀 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える④」ー『反骨のジャーナリスト』桐生悠々の遺言「言いたいことではなく、言わなければならぬことをいう」

  桐生悠々の遺言 「言わなければならぬことをいう」   「 …

no image
イラク戦争研究②-イラク戦争とアラブ衛星放送の影響―アルジャジーラを中心にー②

イラク戦争とアラブ衛星放送―アルジャジーラを中心にー②              …

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップと先見性、国難突破力』 ①『(1945年敗戦)「この敗戦必ずしも悪からず」と勇気と今後の戦略を提示したその国難突破力』★『 (外交の鉄則)「およそ列国間の関係に百年の友なく 又、百年の敵なし、 今日の敵を転じて明日の友となすこと必ずしも 難(むつかし)からず』

2016年2月10日/日本リーダーパワー史(665) 『昭和の大宰相・吉田茂のリ …

no image
日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(62)『世界史の中の『日露戦争』<まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(683) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
日本リーダーパワー史(653) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(46)日清戦争開戦での中国側の対日観『日本の謀略がすでに久しいことを論ず』(申報)➡『中華思想、事大主義」から最後まで脱皮できない中国、この 日中異文化理解ギャップを知らないと何度でも誤る。

  日本リーダーパワー史(653) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059)>トランプ大統領半年間のお笑い暴走暴言運転の支離滅裂。「ロシアゲート事件」「パリ協定離脱」で世界から見捨てられ空中分解、 墜落過程に入った。

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059) …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える➀」再録増補版『太平洋戦争までの新聞メディア―60年目の検証➀』★『国家総動員法によって新聞統合が進み、1県1紙体制へ。情報局の下で国家宣伝機関紙化』★『日本新聞年鑑(昭和15年版)にみる新統制下の新聞の惨状』

 再録 2015/06/27   終戦7 …