前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉟「日本が民情に従い、善隣関係を保つべきを諭ず」

      2015/01/01

  

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

 


1889
(明治22)年526日光緒15年己丑427『申報』

 

 

日本が民情に従い、善隣関係を保つべきを諭ず

【異文化理解の難しさ】

 

 

古来国をよく治めるには,急激な改革を行うよりも旧制を順守すべきであり.厳重な刑罰を行うよりは.広く恩沢を施すべきだ。朝廷の思沢が広く行われれば,人民はその恵みを受け,感激しない者はないのだ。「易経」に言う「説(よろこ)びて以て民に先んずれば,

 民其の労を忘る。説びて以て難を犯せば.民其の死を忘る」とはこのことだ。

 

そうすれば決して上に逆らい反乱を起こす者は出ないだろう。「大学」に言う「好悪人の性にもとにる」ようでは,決して安泰とは言えない。人民とは川のようなものだ。川がふさがり決壊すれば.多くの人が傷っく。政治を行う者は,民情に順い彼らをうまく導かねばならない。こうしてこそ民意を得ることができるのだ。

 

日本は東方海上の雄国である。中国.ロシアという両大国の間にあって毅然として自立し.勢い盛んだ。ヨーロッパ諸国と通商を開いて以来,西洋の学問を尊重し西洋の制度を導入し,次第に国外に名をはせている。

 

しかし,「日本の立法はあまりに煩雑で.その改革はあまりに急激だ」と論じる者もいる。全国民を断髪させ西洋式の服装に倣わせ,また民間において米穀の代わりにパンを食べさせているというが.衣服や飲食のようなきわめて些細なことが.富国強兵となんのかかわりがあるだろうか。国民ににわかにこうしたことを強制するべきではない。また言語や文字などは,民間で代々伝え習い.慣れ親しんだものなのだから.簡単に全廃して他国に倣うことはできない。

 

ヨーロッパでもよく他国の言語に通じる者は,全国民の23割に過ぎないのだ。全国民が他国語に倣うようなことは決してない。自国語を捨てて他国語を用いるようなことでは.どうして国家の体をなすことができようか。

 

考えるに,日本は最も早く中国に通貢した。昔、漢の武帝が朝鮮を滅ぼしたとき.倭人はこれを恐れ,20余国が使者と通訳を通わして漢に通頁したのだ。日本が中国に通貢したのはこれが最初だった。その領域は,「宋史」に至って初めて詳細となった。すなわち僧喬然の伝えるところによれば.畿内・七道・三島より成り.計65国であるという。

 

現在はこれに北海道が加わり,20国が置かれている。さらに琉球を滅ぼして沖縄県とし,辺境でもやや領土を広げた。これが日本の沿革の大略である。そもそも日本は神武天皇が国を開いて以来,国制はおよそ5度かわっている。秀吉が天下を平定して以来,初めて封建制度を行い.徳川氏が興起するや,また諸藩を封じた。諸大名は各国で各々領地を支配していたが,一方朝廷の大権は衰微し,租税徴収も滞っていた。

 

末期に至って.アメリカ人が浦賀に至り,次いで下田に至った。ロシア人も大阪に至り,次いで樺太に至った。さらにイギリス人も函館に至り,次いで長崎に至った。このように外賃船がにわかに出没したために,国を挙げて混乱が広がった。明治帝が政権を執るに及び,日本は島国という条件から,陸よりも海を重視すべきだと考え,藩を廃し,その版籍を奉還させることを決意した。そして336県を設け,それぞれに長官を置き,府県制度を整えたのだ。按ずるに日本の領土は,中国の1省程度でしかない。

 

旧制に因循せず.強国たろうと奮起を始めて以来.汽船は縦横に通じ.使節は諸国に赴き,北は強国ロシアと.西はイギリスやフランスと友好関係を結んだ。またヨーロッパに倣って徴兵制を実施し.重く租税を徴収して軍糧を調達した。また全国に地理局や水路局を設置し.全国の子弟に戦術や地理学を教えている。どこが四通八通の地で,どこが要害か,どこが河川や海洋の要衝で,どこが首都を守るための要地かなどに通暁させ,非常事態に備えようとしているのだ。

 

加えて中国の地理を教え,詳細に考察を加えている。さらには旅行に名を借りて,中国の各海港や内地の地形を測量し,その浅深を記録し,地図を作成して帰国している。ああ.その野心は決して小さくはないのだ。そもそも政治の根本は礼・楽・政・刑の4つにある。

日本国民の風俗は,元来中国と同様だった。

 

その詩書や文字も相通じあい.海外随一の高い文化をもった国と言うことができる。また日本は島国という地理的条件のために,船舶をもって外国と通交している。この点ではイギリスと同様だ。日本がヨーロッパを範としようとするのならば,第1に海軍が重要になる。また鉄砲・機器・戦術・軍政なども順を追って整備すべきだ。

 

さらに国内政策としては,交通や鉄道を整備し,また電報や通信にも力を注ぐべきだろう。また学校を設立して西洋の学問を振興し,いわゆる軍事学校・技術学校・商業学校・外国語学校なども全国に建設すべきだ。これらはその大網であり,一切の細かい点についてはここでは論じない。このような政策を10年行えば.富国強兵の実はたちどころにあがることだろう。

 

ただしいたずらに改変だけをくり返し.朝令暮改のありさまでは,単に国民を苦しめるだけで,なんの意味もないのだ。最近日本では議会を設立し.民意を政府に伝えさせようと計画しており,あたかもヨーロッパの民主国家のようだ。とすれば上下が協力し.官民一体となり.心をあわせて政治に努めるべきだろう。しかしそれなのになぜ刺客が高官を襲撃するような事件が起きるのだろうか。

 

また10余年前には,廷臣が意見の衝突からそろって辞任して下野したこともあった。これでは,信任し得る臣下が君主と艱難・喜憂を共にするという状態とはほど遠いといえよう。聞くところによると,日本国民は忠勇をもって自ら誇り,死をも恐れず,また身命をささげても悔いず,さらに武勇の士や二心なき臣が,皆君主の恩を懐い,国家が安泰で無事であることを願っているために.不達の輩もあえて蠢動しようとしないという。

 

思うに,ヨーロッパに倣って強国たろうとするのは.もとより悪いことではない。ただ改革を性急に進めるあまり民情に背くべきではない。民情に背いて自己の目的をとげようとすることすら難しいのに,民情に背いて外国の風習に従わせることなどできるだろうか。国民を欺いてまでヨーロッパの制度・法律・文字・言語・衣服・飲食・風俗・教化を押しつけようとするのは,甚だしく思慮に欠けたことだ。また陰謀や秘計をもって他国に食指を伸ばしているが.局外にあるヨーロッパ諸国でさえすでにその腹の内を見抜いている。これはいわゆる「司馬昭の心たるや,路人も皆これを知る」のたぐいだ。

 

考えるに.アジアのうち.中国が最も大国であり,日本がそれに次ぐ。日中両国が協調して.相互に助けあってこそ,外国の侮りを防ぎ,遠近の国々を制することができるのだ。遠大な考えもなく.目先の利益に惹かれて分外の野心を抱くべきではない。秦が滅亡したのは.封建制度を廃して郡県制皮を施行したためではなく,詐術をもって諸国を併呑し.天下の恨みを集めたためであることを想起すべきだろう。

 

すなわち,強大な権力や,峻厳な刑法をもってしては,天下国家を久しく治めることはできないのだ。重要なのは,民情に順って善隣関係を保つことだ。民情に順って立国してこそ.強国となることができ,善隣関係を保って統治してこそ,久しく統治することができるのだ。これが大所高所から見て,日本に望まれることなのだ。

 

 

 - 戦争報道 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(355)<日本の最も長い決定的1週間>『わずか1週間でGHQが作った憲法草案②』

日本リーダーパワー史(355)                <日本の …

ダウンロード (1)
日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(2)『ただ堪忍すべし』福沢諭吉(明治28年6月1日 時事新報〕

  日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)  …

thumbnail_image1111
『オンライン/日本の戦争講座④/<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年間の世界戦争史から考える>④『明治維新直後、日本は清国、朝鮮との国交交渉に入るが両国に拒否される』★「中華思想」「華夷序列秩序」(中国)+「小中華」『事大主義』(朝鮮)対「天皇日本主義」の衝突、戦争へ』

    2015/07/22 &nbsp …

no image
★『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』④「1903(明治36)年1月3日 付『英タイムズ』『満州とロシア鉄道』(下)『ロシアが軍事占領した満州の都市建設の全容』★『義和団の乱の報復のため阿什河は満州で最大の被害を被った町だ。』●『満州人は誇り高く,経済観念が乏しく,アへン中毒者が多く反キリスト教で.貧乏だ。』

★『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』④― 「1903(明治36) …

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(58) A級戦犯指定・徳富蘇峰の『なぜ日本は敗れたのか』⑩ 支那事変(日中戦争) で日本が犯した2大失策

  終戦70年・日本敗戦史(58) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『な …

no image
現代史の復習問題『日本の運命を決めた決定的会談』<明治維新から150年 >「ドイツ鉄血宰相・ビスマルクの忠告によって大久保利通は「富国強兵政策」を決めた』★『ビスマルクの忠告とは―西欧列強は万国法(国際法)と武力を使い分けるダブルスタンダード(二重基準)』

記事復刻<2018年は明治維新から150年 >  &nbs …

no image
オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米大統領選挙とサイバー戦争』★『強いものが生き残るのではなく、状況に適応したものが生き残る。『適者生存の原則』(ダーウイーンの法則)を見るまでもなく、米国のオープンソース・オープンシステムには復元力、状況適応力、自由多様性の組み込みソフトが内蔵されているが、3千年の歴史を自尊する中国の旧弊な秘密主義システム(中華思想)にはそれがない』(6月15日)

      米大統領選挙と「サイバー戦争」  前坂 俊之(ジャーナリスト)    …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(111)/記事再録☆日本リーダーパワー史(868)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(下)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州を攻撃する新聞ニュースを教えられ『日本が亡びる』と急きょ、帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起こした』★『ア―ネスト・サトウと共に奔走する』

    2018/01/01 &nbsp …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ、メルトダウン(1047)>『トランプ大統領は弾劾訴追されるのか』◎『FBI長官解任劇:トランプ大統領の「真意」と「波紋」 「ウォーターゲート」を越えるか? ワシントンを巡る混乱』★『はたしてトランプ大統領は弾劾されるのか? 』●『トランプ大統領は、弾劾訴追から逃げ切れるーウォーターゲート事件との決定的違いとは?』★『トランプ問題で麻痺する共和党―危険な袋小路に入り込んだ米国、誰も勇気を出せない悲劇』(英FT紙)』★『  災い招く米国:トランプノミクスが危険な理由 (英エコノミスト誌)』

 ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ、メルトダウン(1047 …